Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

奥芝商店 旭川亭

急に予定が消滅したときは、時間をたっぷり使ってゆとりのある行動を考えます。
いつもはマイナーな海外系のカレーばかり食べていたので、先週の「木多郎」をきっかけにして道内に本店のあるカレーも食べてみたくなったのです。
これまであまり足が向かなかった理由はナンがなかったためで、他は知りませんが旭川の「ガンガ」しかナンを出す店を知りません。
ガンガとて、ナンの完成度は50点程度で、やはり本格的なナンとはずいぶん違いますね。


ということで、旭川市内では人気ナンバーワンの噂がある「奥芝商店」へ行ってみることにしました。
土日であれば数時間待ちという話を聞いたので、平日の11時半頃に向かいます。
奥芝商店前の道路が舗装工事中だったので、工事現場の誘導員の方に回り道を教えていただきました。
ところが、誘導員の方がおっしゃるには、すでに駐車場は満車とのことです。

満車の駐車場に丁度一台出て行く車があって、すんなり停めることができました。
ここから歩いて、100mほど先にお店があります。

住宅街の中にあり、看板がなければ気付かない一軒家でした。

img2017-08-Okushiba01.jpg

玄関の外にも待っている客がいます。
この時間でこの混雑?
少しイヤーな予感がしましたが、すぐにスタッフが受付に現れます。
今からですと・・70分待ちになります。・・・・・絶句です。
しかし、この日は時間に余裕があったので、電話番号を伝えて一旦車に戻りました。

車中でスマホを弄りながら時間を潰している間にも、パラパラと客がやってきたリ、食事を終えたのか帰って行ったりします。
待ち時間が合わない家族連れもいて、すぐに帰ってしまう人たちもいました。

45分ほど経って再訪して聞くと、間もなく案内できるとのことでした。
玄関が少し広くなっていて、ここで靴を脱いでスリッパに履き替えベンチや丸椅子で待ちます。
すぐに呼ばれ、やや踏み幅の狭い階段で2階へ案内されました。
70分待ちと案内されましたが、50分ほどで済みました。

img2017-08-Okushiba02.jpg

古い一軒家なので趣があり、部屋の印象は昭和の丁度いま放送中の朝ドラマのひよっこの頃でしょうか。
意外といっては失礼かもしれませんが、冷房が効いていました。

椅子は昔のソファで、テーブルがやや高いので女性や子供には食べにくいかもしれません。

img2017-08-Okushiba03.jpg

左を見ると、何とレトロな!昔のブラウン管テレビがありました。
その奥の壁にかけてあるのは山口百恵、近藤真彦、西城秀樹などのシングルレコードです。

隣の席は完全に仕切られてはおらず、同じようなゆったりした席です。

img2017-08-Okushiba04.jpg

空席はすぐには埋めず、しばらくしてからゆったりと案内されていました。
待つことすら楽しむ演出なのでしょうか?

案内通り、料理は時間がかかりました。
ほぼ30分くらい待ったところでカレーがやってきました。

img2017-08-Okushiba05.jpg

やわらかチキンと旬の野菜カリーです。
一番人気というのは後から知りました。
スープはチキンとエビから選べますが、もちろんチキンスープです。
トッピングが一品サービスで、レンコンを選択します。
鶏足は適度に柔らかいですが、味は浸み込んではいないタイプです。
たっぷりの野菜はどれもおいしくて、スープは万人向けする味と言えばいいのかまあ美味しいですね。
辛さは2番の中辛ですが、それでも少しヒリヒリします。

もう一品は、自家製ベーコンと丸ごとトマトのカリーです。

img2017-08-Okushiba06.jpg

辛さと味は同じで、トッピングにはオクラを選びました。
こちらのスープの方が、幾分マイルドに感じました。
自家製ベーコンが程よい燻製加減でいいですね。
燻製の香りがカリーの香りを壊すと書かれている人もいますが、燻香とスパイス香が混ざり合ってしまうことはないので私の舌には問題はないと思います。

昭和レトロな部屋で、ゆったりとした時の流れを感じるのもいいかもしれません。

img2017-08-Okushiba07.jpg

次は3番でもいいかなと考えつつ、メニューをもう一度開いてみました。

1階に下りてみると、玄関にはまだ待っている客がいます。

img2017-08-Okushiba08.jpg

さすがに外まではいませんでしたが・・・。

駐車場に戻る途中、来店時に案内してくれた道路工事の警備員さんが「何分くらい居ました?」と聞いてきたので「2時間くらいですね。」そう答えました。
お互いに顔を合わせて笑いましたが、どう感じられたのかは不明です。







スポンサーサイト
 
 

小樽回転寿司 和楽

念願のブルーベリー狩りが済んで、一路小樽へ向かいます。
昼食は人気のすし屋が営む海鮮丼を考えていましたが、観光客相手の価格と駐車場が少ないという理由でやめました。

そこで、北海道は回転寿司王国なので、小樽の人気店に行ってみようと思いました。

駐車場に誘導員が在中の、回転寿司とは思えない店構えですね。

img2017-08-05Niki14.jpg

時間はまだ11時半前でしたが、駐車場は半分以上埋まっていました。

回転寿司和楽小樽店です。

img2017-08-05Niki15.jpg

門をくぐった右には庭があります。
高級回転寿司みたいですね。

店内に入ると、待合所には数組の客がいます。
タッチパネルで受付を済ませて、待合所で座って待ちます。

img2017-08-05Niki16.jpg

店内はよくある回転寿司らしい雰囲気ですね。

早めの来店が好かったのでしょう。
待ったのは5分間くらいでしょうか?

小樽という場所のせいか、価格はやや高めでした。
しかし、ネタは新鮮店員の対応もいいですね。

img2017-08-05Niki17.jpg

一枚だけ撮った炙り3貫盛りです。
青皿なので安いですが、なかなか美味しかった一皿でした。

以前伊達で食べた「和さび」のような高級感のある回転寿司でしたが、和さびに比べるとネタは小さ目ですね。
10皿ほど食べて3342円は、やはり高い方ですね。
そういえば、隣に座っていた中国語の若いカップルは、寿司が届くたびに「ありがとうございます」と言ってましたね。
注文用紙に書いた字が理解できなかったのか、聞き返されていたりして、自分たちが海外のレストランで味わった苦労を思い出しました。
それでも、食べ終わった皿が私たちの倍はありました。


食後に小樽市内を走行中、目の前にスーパーカーが現れました。

img2017-08-05Niki18.jpg

ランボルギーニ・カウンタックでしょうか?
今時の車には聞こえてこないカムシャフトの音が、エンジン音とともに大迫力でした。

しかし、せっかくのスーパーカーがゾロ目ナンバーとは、趣味の悪さでぶち壊しですね。
ナンバーのせいで、おバカに見えてしまっています。

意外に車幅が広いんですね。
高速道路を歩く人から始まって、カウンタックにも会うことができました。







 
 

くだもの公園・山田園

雨は降り止まず、明るくなってからも降っていました。

天気予報では、6時台には晴れマークになっていたので、むしろその晴れによる気温上昇が心配でした。

img2017-08-05Niki01.jpg

予報的中!見事に青空が現れました。

朝食は海がいいと、昨日訪れた旧下ヨイチ運上屋前の公園にしました。

img2017-08-05Niki02.jpg

晴れていても、まだ気温は上がっておらず快適でした。
近くでドローンを飛ばすカップルがいたり、隣の海水浴場からトイレにやってくる人がいたり、港では釣り糸を垂らす家族連れもいます。

食後に、朝ドラマを観てから出発しました。
隣町といっても僅か5分ほどの近さです。

img2017-08-05Niki03.jpg

昨年も訪れたくだもの公園・山田園です。
開園の8時半を少し過ぎたばかりです。

さっそく受付をします。

img2017-08-05Niki04.jpg

ブルーベリーは食べ放題でも500円です。
買うと高いブルーベリーですが、何故か食べ放題は安いのです。
店で販売されているブルーベーリーパックを見ると300gで500円で、あっという間に食べてしまえる量です。

収穫籠を持って、さっそくブルーベリーの生っている場所への坂道を下ります。

img2017-08-05Niki05.jpg

この木はサクランボですが、すでに実は完熟してしぼんでいました。

50mほどでしょうか?
すぐにブルーベリーの木が植えられている場所に着きました。

img2017-08-05Niki06.jpg

この木すべてがブル-ベリーです。
大きさは木によって様々で、熟していない木もあります。
朝まで降っていた雨がまだ乾いていないので、木の中までは入って行けませんが、それでも熟した実はいくらでもあります。

img2017-08-05Niki07.jpg

味見をして、気に入った味の木のブルーベリーを食べつつ籠に入れていきます。
クモが嫌いな私ではありますが、当然ブルーベリーの木にもクモの巣が張られクモがいます。
しかし、お尻の小さな1cmにも満たないクモなので平気なのです。

気温は23℃程度の予報だったのに、朝からの太陽の陽射しが強くてたまりません。
日陰に入って涼みながらの収穫となりました。

img2017-08-05Niki08.jpg

後半は汗だくの農作業状態です。
籠二つを重くなる状態にして、更に食べ放題ですからどれだけ食べたかわかりません。
賎しくも食べまくりました。

img2017-08-05Niki08a.jpg

広いブルーベリー畑は、たった一人の収穫作業をしている女性だけで誰もおらず、貸し切りでした。

約1時間半楽しませていただきました。
籠は一つ2kgにもなっていたので、ずっしりと重く、最後は腕がだるくなっていました。

img2017-08-05Niki09.jpg

計量してわかりましたが、幾らかおまけしていただいて4.5kgほどありました。
価格は想像にお任せするとして、結構な料金となってしまいました。

最後はもう力尽きた状態で、水分が欲しい・・・。

img2017-08-05Niki10.jpg

坂道の前の日陰で一休みしてから上ります。

坂道の最後には、まだ真っ赤に生っているサクランボが見えました。

img2017-08-05Niki11.jpg

ブルーベリーをお腹一杯食べているので食べたいとは思いませんが、サクランボは食べ放題1000円ですね。

受付に戻り、計量と支払いを済ませます。

img2017-08-05Niki12.jpg

ログハウス内は休憩所になっていて、風が通って涼しいです。
身障者が使えるトイレ設備もあり、快適に利用できます。

img2017-08-05Niki13.jpg

無料の冷たい飲み物も用意されていて、これを飲んで息を吹き返しました。

もちろん、びしょ濡れになった服は着替えました。
収穫したブルーベリーは、500gごとに冷凍保存バックに冷凍します。
これで好きな時にジャムを作ることができます。






 
<-   08 2017  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・アキアジ(鮭)・ワカサギ・カレイ・チカ釣りの他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS