FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

銀波露本店

前日は、函館から室蘭、そして苫小牧へと移動しました。
早朝に移動して千歳の道の駅にも寄り道しますが、開館時間を待ちきれずに江別へ向かいました。

江別の蔦屋書店は、テレビなどで何度も紹介されている北海道では有名な複合型書店です。
正しくは、生活提案型大型複合書店というセールスらしく、丸一日いても飽きないそうなのです。

ややわかりにくい場所ではありましたが、広い駐車場なので楽に駐車できました。
ジュンク堂ほどではありませんが、書籍の種類や量も多いです。
リラックスして本を楽しめるようにゆったりしたイスが用意されていますが、満席になっていて確保は難しそうです。

書店の左右には衣食住に関わるおしゃれなショップが入っていて、一通り見ましたが次回ゆっくりと楽しみたいと思いました。
今回は旅の最終日の為、早く帰りたいという理由があったのでした。


お昼が近くなってきたので、ここに行こうと決めていたラーメン店をナビします。

img2019-05-25-01.jpg

混雑していましたが、何とか駐車スペースを確保しました。
隣りがパン屋さんなのですが、共有駐車場らしく割と広いですね。

店内に入ると待っている客も多く、待つための席に案内されました。

img2019-05-25-02.jpg

こちらはカウンター席で、この周りにテーブル席がありました。
奥に調理場があります。

待って居る客は多いように見えましたが、すぐに奥のテーブル席に案内されました。

img2019-05-25-03.jpg

中央が正面入口で、左が調理場です。
6人掛けのテーブル席で、広々としていました。

この店、接客がとても明るくてにこやかで気持ちがいいですね。
誰かのブログでも、高評価コメントをみかけました。

img2019-05-25-04.jpg

程なくして運ばれてきたのが味噌ラーメンです。
数種類の味噌がブレンドされているらしく、豚骨スープとうまく交じり合っています。
人気に違わぬ美味しさでした。
こってりしていますが、くどくないので飽きが来ません。
これは豚骨と野菜をじっくり煮込んでいるからだそうです。

そして一番人気の醤油ラーメンです。

img2019-05-25-05.jpg

こちらもあっさりしていて、チャーシューのうまみがスープに溶け出しています。
チャーシューは適度に柔らかく、肉の臭みは全くありませんでした。


そう言えば、このラーメン店も豚骨スープでしたが、店内は臭くなかったですね。
帰る時にも、店の駐車場は混雑していました。






2019年 GW後の道南の旅 完結


スポンサーサイト
 
 

そば処福住ウトナイ店

柄鞆(えとも)岬から室蘭市内の自動車専用道路を走り、ここからものんびりと国道を走りました。

登別マリンパークニクスを右手に見下ろし、虎杖浜温泉は入ったことがないなあなどと話しながら白老のパルプ工場を左に見ながら直進します。

アルテン苫小牧の看板が見えるところまで来ると、間もなく苫小牧市内に入ります。
市内で寄り道をしてから、薄暗くなってきたので出発しました。

夕食は何処と特に決めていなかったので、看板が目に入ったそば屋にしました。

img2019-05-24-40.jpg

そば処福住ウトナイ店です。
食べ終わって出てきてからの写真なのですっかり真っ暗でした。

店内は2割程度の入りで、とても静かでした。

img2019-05-24-41.jpg

朝食と昼食が重めでやや負担がかかっていたので、お腹に優しそうなそばにしたのです。

この店の斜め向かいには道の駅ウトナイ湖があります。
札幌と苫小牧方面を結ぶ国道上なので、夜でも混雑しているのかと思いましたが意外にそうでもありませんでした。

img2019-05-24-42.jpg

納豆そばです。
食べ進めているうちに思い出しました・・福住って麺の量が多いんだった。
結構な量でしたね。

こちらは、ややくどいかもしれません。

img2019-05-24-43.jpg

鴨せいろです。
まあ、どちらもKさんの好みなのですが・・・。
鴨せいろは出汁が出ていて美味しいです。






 
 

白鳥大橋~柄鞆岬

ひろやでの昼食は、予定よりも1時間ほど遅れての出発でした。

これから白鳥大橋を渡りますが、片側交互通行と案内が出ていました。
あの高い橋には中央分離帯があって、その間を移動できるのだろうかと考えていました。

久しぶりに走ると、白鳥大橋までの進路にこれでいいのかと不安になります。

img2019-05-24-20.jpg

橋に入ってすぐに停車となりました。
確かに工事中のようです。

しばらく停車していると、対向車がこちらの車線を走ってきて、直前で右車線に移動しました。
結構な数の車がすれ違ってから、ようやく前の車が動き出しました。

img2019-05-24-21.jpg

なるほど、確かに中央部分は平らで、段差もほとんどなく移動できました。

天気がいいので見晴らしがよく、あまりよそ見はできませんがあっという間に対岸です。
ループをクルクル回って高度を下げて、道の駅方面へ向かいました。

img2019-05-24-22.jpg

道の駅みたら室蘭に着きました。
前回は、到着が遅かったため売店などの施設は閉じていました。

民間の手が入っていないイメージの売店を見てから、2階の展望スペースに向かいました。

img2019-05-24-23.jpg

2階なので期待はしていませんでしたが、意外に白鳥大橋全体がよく見えました。
前のグリーンはパークゴルフ場です。

左に目を移すと海です。

img2019-05-24-24.jpg

中央の島は大黒島と言うそうです。
ここからは見えませんが、左奥に室蘭水族館があります。

白鳥大橋の左の山を見ていると、その遥か奥に雪渓の残る山が見えました。

img2019-05-24-25.jpg

羊蹄山ですね。
迫力があります。

予定では地球岬でしたが、何度も見ているので別な岬にしました。
道の駅から車で5分かからない、住宅街を抜けた先にありました。

img2019-05-24-26.jpg

柄鞆岬といいます。
聞いたこともない岬でしたが、案内標識もあり観光地ではあるようです。

他に3台の車がありましたが展望台には二人だけでした。

img2019-05-24-27.jpg

右斜め後方には白鳥大橋が見えています。

海に向かって左の景色です。

img2019-05-24-28.jpg

この先に地球岬があると思います。
海は穏やかでした。

正面は何もないので、斜め右の景色です。

img2019-05-24-29.jpg

大黒島が見えていて、大黒島は防波堤で繋がっています。
と見えましたが、自宅に戻って地図を見ると繋がってはいないようでした。
更にその防波堤の根元に水族館があるのかと思っていましたが、ややずれているようでした。

大黒島のその向こうには、羊蹄山が見えました。

img2019-05-24-30.jpg

天気さえ良ければかなり遠くからでも羊蹄山が見えるので、北海道の富士と言われるのが良くわかります。
景観的には地球岬よりも色々見られていいですね。







 
<-   06 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS