FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

サリーズカップケーキ

今回の宿泊プラン最後のサービスは、ファクトリー内のスイーツショップのケーキを一人一個サービスです。
昨年はパンケーキ6868でしたが、今回はカップケーキです。

開店時間は10時なので、チェックアウトはのんびりでした。

img2019-12-18-20.jpg

10時過ぎ、ホテルを出て駐車場に荷物を置きに向かいます。

天気予報とは違って、曇っていた空から太陽が時々顔をのぞかせていました。
昨日目を付けていた服を買い、最後にカップケーキの店に寄る算段でした。

img2019-12-18-21.jpg

ファクトリーの中心部はクリスマスムード一杯で、2階から3階への階段は赤と緑のアーチで飾り付けられていました。
振り返ると・・・。


img2019-12-18-22.jpg

深紅のじゅうたんの向こうに大きなツリーがありました。
前回は準備中だった、あのクリスマスツリーです。

3階から全体を見ると・・・。

img2019-12-18-23.jpg

それにしても、平日とはいえ人が少ないですね。
開店してそれほど時間が経っていないせいもあるのかもしれません。

SALLY'S CUPCAKE(サリーズカップケーキ)は、3階の家具屋さんの横にありました。
お店に無料サービス券を渡すと、10種類ほどの中から自由に選べるそうです。

img2019-12-18-24.jpg

こちらが選んだケーキです。
何だかよく見えませんね。
冷蔵庫に入れると硬くなってしまうので、常温保存をしてくださいとのことでした。

img2019-12-18-25.jpg

見た目は可愛くて美味しそうです。
食べてみると、やや硬めでスポンジ部分は生ケーキのものとは全く違い、柔らかいクッキーという印象です。
クリーム部分は生クリームを意識して食べると美味しくはありませんが、こんなものかと思って食べるとギャップは少なくなります。


帰りがけ、砂川の「ほんだ」に寄ってアップルパイを購入しました。
やはり味もボリューム的にも、ここのが一番好きですね。









スポンサーサイト



 
 

イル・モメント

クラビーサッポロのビュッフェ朝食は、トリップアドバイザーが選んだ第4位にランクインされるほど美味しいと評判です。
以前から美味しいことはわかっていましたが、全国で第4位とは驚きです。

しかしこの日の朝は、いつもとは違う和食レストランを予約していました。

img2019-12-18-01.jpg

1階のイル・モメントです。
一日限定10食なので、とても静かで空いています。

img2019-12-18-02.jpg

席に案内されましたが、まだ何も並んでいません。

奥を見ると、会席膳の他にも自分で選ぶサラダやヨーグルトや飲物などがあります。

img2019-12-18-03.jpg

サラダを軽く盛り、牛乳やジュースを好きな分量運びます。

Kさんの和朝食お膳~すずらん~が運ばれてきました。

img2019-12-18-04.jpg

バイキングもいいですが、あなたの分はこれ!的なお膳も好きです。

img2019-12-18-05.jpg

大皿を見ると、中心には大ぶりのホタテ貝柱です。
他にも少しづつたくさんの種類を、目でも楽しめます。

img2019-12-18-06.jpg

お刺身はボタンエビとイクラです。
ご飯はおぼろづきで、えぞあわびも小さいですが美味しいです。

食後のフルーツも色鮮やかで美味しいです。

img2019-12-18-07.jpg

手作りのプリンと3種の果物です。

私の方は和食お膳~らいらっく~です。

img2019-12-18-08.jpg

エビの味噌汁は鍋で温められています。
しかも、エビの頭は5本分も入っていました。
厚焼き玉子の黄色が食欲を増進させてくれました。

img2019-12-18-09.jpg

いくらは絶妙な味付けで、ご飯にかけて食べました。
奥は白菜のおひたしで上品な味付けです。

この日の焼魚は氷下魚です。

img2019-12-18-10.jpg

コマイは滅多に食べませんが、お馴染みの味ですね。

img2019-12-18-11.jpg

漬物は夕張メロンです。
きゅうりと同じウリ科なので、漬物には合いますね。

フルーツは、器が違うだけでKさんと同じですね。

img2019-12-18-12.jpg

白いゴマ入りの果物は、たぶんドラゴンフルーツだと思います。
甘さと酸味があるキィウィのよう味です。

食後には、デロンギのマグニフィカで入れた濃いめのコーヒーをいただきます。

img2019-12-18-13.jpg

帰りがけには、紙コップにコーヒーを持ち帰ることもできます。
特別美味しい豆ではありませんが、濃いコーヒーが好きな人にはいいでしょう。





 
 

ミュンヘンクリスマス市2019

外は雨がパラパラ降っていましたが濡れるほどではなく、予想していた雨なので防水のジャケットを着ていました。

大通に着くと、テレビ塔迄の長いイルミネーションが煌めいていました。

img2019-12-17-50.jpg

昨年はみぞれが降っていたので傘が必要でしたが、今年はカメラもスマホなので安心です。
雨なので気温も低くはなく、ほろ酔い気分で歩くことができました。

img2019-12-17-51.jpg

これは噴水の跡ですね。
数年前に見た有料の名古屋のイルミネーションとは比べものにはなりませんが、シンプルで北海道らしさを感じます。

img2019-12-17-52.jpg

この先に記念写真のスポットがあります。

img2019-12-17-53.jpg

もう少し右に、記念写真用のプロが写してくれる有料の台も用意されていました。
写真は一枚1300円で、撮影しても気に入らなければ購入の必要はありません。

この先にミュンヘンクリスマス市の会場がありました。

img2019-12-17-54.jpg

今年の総来場者数は150万人だったそうで、これまでで最高の入りだったようです。
雪が少なかった天候などの影響が大きいのでしょう。

img2019-12-17-55.jpg

ドイツの民芸品やお土産物など、見ているだけで楽しいですね。

img2019-12-17-56.jpg

ロシアのマトリョーシカもたくさん並んでいます。
小さいものでも結構な価格でした。
手作りで手間がかかっていますからね。

img2019-12-17-57.jpg

出店とテレビ塔がマッチしていて、気分が高まります。

市の中央にはモニュメントがあり、ここも記念写真のスポットです。

img2019-12-17-58.jpg

この周りには飲食店が各種並び、ミュンヘン気分を存分に味わうことができます。
しかし、居酒屋でたっぷり食べて飲んだ後だったので、ホットワインすら飲めませんでした。

img2019-12-17-59.jpg

まだまだ出店は続きます。

軽食の一角で、ついつい試食してしまいます。

img2019-12-17-60.jpg

様々な味のシロップが掛けられたアーモンドです。

img2019-12-17-61.jpg

色々な味を食べてしまったので、心優しい私は購入を決意しました。
このカップ1個で2千円でした。
ま、美味しかったからいいでしょう。

img2019-12-17-62.jpg

ここでミュンヘンクリスマス市は終了です。

帰りはいつものようにコンビニでお酒やつまみを購入しましたが、結局早くに寝てしまいました。






 
<-   01 2020  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS