Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

相変わらず少ないアキアジ

アキアジシーズンは、早くも終盤ですね。
今シーズンは長いこと「釣れない」「いない」しか聞えてこない印象でした。
昨年は僅か一度きりのアキアジ釣行だったので、今シーズンは今回で3回目と多く感じます。
前回は雨降る中の厳しい釣行だったので、今回は晴れの予報にホッとしていました。


夜明けは日々遅くなってきてはいましたが、土曜日なので早い時間からポイントに向かいます。
やや波がありますが、釣りに影響はなさそうです。
しかし、干潮だったのでタモ入れは難しそうです。

次第に釣り人が増えはじめ、早くからルミカを付けて頑張っている人たちもいました。

img2017-10-14-01.jpg

水平線と雲の間が赤くなりはじめ、ウキがはっきり見えるようになってからキャスト開始です。

すると、いきなりアタリが出ました。
エサ取りだとわかっていたので合わせずにリーリングしますが、手応えからして針掛かりしてしまったようです。
根魚かと思いましたが、見えた魚は氷下魚でした。
サイズは20cmくらいで、コマイは食べないのでリリースです。

Kさんにもエサ取りが釣れたようですが、ロッドの曲がり方が違っていました。
アキアジではないようですが、結構強く引いています。

img2017-10-14-02.jpg

カジカでした。
これもリリースですね。

その後、先ほどよりもいくらかサイズアップした氷下魚が釣れて外道のアタリは消えました。
この日も、前回同様朝はほとんど釣れておらず、僅か数本レベルでした。

釣れないので朝ごはんを食べていると、隣の方にヒットしました。
お隣さんはタモ入れ時に外側に針が引っ掛かってしまい、何と!素手でアキアジを鷲掴みという豪快な取り込みを見せてくれました。
隣で一本釣れたので、やや期待していた7時半過ぎでした。
いきなりだらっと重くなるという、面白みのないアタリでのヒットでした。

img2017-10-14-03.jpg

危惧していたタモ入れは意外にすんなり成功しました。
血の写っている写真なので、白黒にしました。
縦縞が現れたオスでした。

この日は釣れたほとんどが型の小さいものばかりで、アキアジ釣りも終盤なのだと判断できます。
釣り人の数が多いせいもありますが、前回よりも釣れている印象です。

img2017-10-14-04.jpg

しかし、天気はいいのですが、向かい風が強くなり波を被り始めます。
潮が満ちてくるので、この状態は悪化するばかりでした。

風裏に空きができたので移動しましたが、アタリが一度あっただけでした。
粘っていれば釣れる可能性もありましたが、一本で満足してお昼には納竿としました。

img2017-10-14-05.jpg

このくらいの波なら、ブッコミはいけそうですね。
竿は、ずらりと遠くまで並んでいました。

青空が広がる最高の天気ではありましたが、内陸でも風は強くなる一方でした。

img2017-10-14-06.jpg

農業は収穫時期の繁忙期ではありますが、釣り場にも繁忙期の農家の方がいらしていました。
みなさん、なかなかハードな毎日を過ごしているようですが、無理せず御安全に。


幸運にも、今回も辛うじて一本のアキアジを手にすることができました。
アキアジはもう少し通ってみましょうか。

ブリは紋別沖・能取沖ともに終了したようです。









スポンサーサイト
 
 

ブリは終わりです

昨年よりも早く始まったオフショアジギングですが、今年は少しだけ早く終わりました。
数は釣れないが型がいいというシーズン通しての印象でしたが、人間の欲はキリがなく数も欲しいと考えてしまいます。


今回は前日の釣果も思わしくなく、船全体で一本釣れるか釣れないかというものでした。

img2017-10-08-01.jpg

天気は最高ですが、幾分波がありました。
それでも、ここ最近は船酔いする気がしないので何の心配もしていませんでした。

沖に出てみると波はほとんどなく、潮の流れも適度にあるので期待してジグを振りますが、反応はフグばかり・・・。
フグも、大きくなると時々首を振るような引きをします。

img2017-10-08-02.jpg

ほとんどは皮に引っ掛かってくるのですが、口にフッキングしているのは驚きですね。
しかも、小さい口で顎にしっかり掛かっています。

7時過ぎ、友人にブリがヒットして、この日の最初で最後の一本が釣れました。

img2017-10-08-03.jpg

8.6Kgの丸々とした美味しそうなブリです。
お腹の中をみると、胃が空っぽでした。
脂が目いっぱいのると、捕食しなくなるというのは本当なんですね。


この後は、太陽が隠れることなく暑いくらいのいい天気の下、ただひたすらにジグを振り続け、時々フグを釣りました。
そうそう、外道としては素敵な型の好いホッケが一本だけ釣れていました。


ということで、残念ながらボウズで終了です。

img2017-10-08-04.jpg

帰りは波が高くなり始めたので、大急ぎで帰港しました。
思ったよりは波をかぶることなく帰ってこられたので楽でした。


それにしても、アキアジは釣れていませんね。
紋別の港内にはサンマが入ったという話も聞きましたが、型がまだ大きくはないそうです。

どうしましょうか?







 
 

最後に釣り神降臨!

釣行日の天気予報は雨…何度見ても雨でした。
以前なら、多少の雨や風など全く気にしませんでしたが、今はそうではありません。
雨の中での釣りは車内まで濡れるし、後片付けだって大変です。
結局、雨は朝のうちに止む予報になったので出発です。


雨は深夜から降り出したらしく、車の屋根に打ちつける雨の音が聞こえていました。
それでも、雨脚は弱いらしく、予報通り傘が必要なほどではないようです。

前回は出遅れていいポイントに入ることができなかったので、今回は少し早く出かけます。

img2017-09-28-01.jpg

(写真はイメージです。)
駐車場に着くと・・・何と!まだ6台ほどでした。
まだ雨が降っていたので、車内で合羽を着るなどの準備を済ませていざ!

良さそうなポイントに入ろうとしますが、干潮でタモ入れが厳しそうです。
ほとんど誰も入っていないので選び放題ですが、どこがポイントなのかもよくわかりません。
なので、タモ入れがしやすそうな釣り座に決定しました。

明るくなる前にルミカを付けてキャストしている人もいますが、私たちはウキが見えるようになってからにします。
薄暗い中でヒットしたとしても、楽しさが少しばかり失われるようで・・・。

明るくなって期待してキャストしますが、全く釣れません・・・・・。
いつの間にか結構な釣り人で、その後もポツポツと釣り人はやってきました。

img2017-09-28-02.jpg

6時以降も雨は降り続け、正面の雲が明るくなりますが止みませんでした。
釣果はというと、全体で2本しか釣れていません。
私たちはアタリすら感じられず、本当にこのポイントで良かったのか?疑心暗鬼に陥ります。

その後、あとからやってきた女性が数投で竿を曲げていたり、同じ人にばかりヒットしている姿が見えたりとうらやましい限りでした。
先週、幸運な一本だっただけに、今回はそんなにうまい話はないだろうとボウズを覚悟し始めました。

ブリ釣りをするようになって購入したバケットマウスですが、こんな雨の日にも重宝しました。

img2017-09-28-03.jpg

中に入れておけば濡れることはなく、椅子の代わりにもなるし何でも詰め込んでおくだけで壊れることはありません。
テーブルの代わりにもなりますし、竿立てとして使ったり、この日は傘立てにもなりました。

9時頃でしょうか、隣に入った方がいきなり私の目の前でヒット!
しかし、この一本がここでもアキアジは釣れるという自信を持たせてくれました。

11時になったらやめようと、Kさんと話をしていたその僅か後でした。
目の前の何度か小魚がアタックしてくるポイントで、小魚とは少し違ったアタリを感じました。
そうしているうちに、私なりの合わせるべきタイミングがやってきました。
ヒット!です。
すぐにKさんがタモの準備をしてくれます。
ところが急に左へダッシュ!8mほど離れた隣の釣り人の目の前まで一息に走りました。
その後何とか自分の前まで寄せましたが、残念ながら寸前でフックが外れてしまいました。

img2017-09-28-06.jpg

隣の方が、でかくてピカピカだったと教えてくれました。
朝から全く反応すらなく貴重な一本だっただけに、もうこれが最後で釣れないだろうと思いました。

それでも釣れる場所が分かったので、集中して同じコースを流していきます。
すると再びアタリがあって・・・ヒットします。
ヒットした瞬間から海面で暴れるのはメスに多く見られ、その予想通り大きなメスでした。
目の前右に障害物があり、その障害物の右に左にと抵抗するので、ラインが擦れはしないかとハラハラしましたが、無事にネットインしました。

img2017-09-28-04.jpg

状態も良くて、型の好い銀ピカメスでした。
今年は、特に貴重な大きい筋子が入っていました。

前回のアキアジは、それなりのファイトでしたが、今回は久しぶりに強い引きを堪能できました。
PEラインの糸撚りが緩んでいたのが気になっていましたが、さすがはウィプラッシュです。

釣った感激の余韻を楽しみつつアキアジの処理をして、先ほどのヒットから15分しか経過していなかったのですが、同じコースで再びアタリを感じました。
最初は小魚のアタリかと思いましたが、次の瞬間にはっきりとアキアジを確信します。
しかしまだ早い・・・もちろん自分のウキは見ていません。
ウキを見ると早まった合わせをしてしまうので、いつしか見なくなってしまったのです。
先ほどよりも小さいのか、さほど走られることなくネットに入りました。

img2017-09-28-05.jpg

雄ですね。
身を食すには、こちらの方がいいです。

バラした後は完全に覚悟したボウズでしたが、これはもう奇蹟としか言いようがないですね。
釣り神様、ありがとうございます。です。


この日はこの後納竿しましたが、結局見える範囲で全体11本という未だに厳しい状況でした。
4日前は、朝だけで30本も釣れていたというのに・・・。

img2017-09-28-07.jpg

いつになったら、釣れたねと言えるような釣果に恵まれるのでしょうか?
今シーズンは、ブリが早く終わってしまいそうなので、アキアジ楽しめるかもしれません。







 
<-   10 2017  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・アキアジ(鮭)・ワカサギ・カレイ・チカ釣りの他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS