FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

パッとしないアキアジ釣り

11月に入りタイヤ交換も済ませて、いつ雪が降っても大丈夫です。
寒い日が続いていましたが、釣行日は若干ですが気温が上がる予定でした。


しかし、明るくなり始めているのに雨はまだ降っていました。
天気予報でも、この時間帯は晴れになっているのに・・・。

明るくなったので車から出てみると、雨は降っていませんでした。
しかし、海はまだ波が高く、予報を見ても風の状態からして収まるには時間がかかリそうでした。

img2018-11-02-03.jpg

風は前回ほど強くはなく、気温も高かったので釣りには全く影響はありません。

しかし、誰にも釣れません・・・。
その後、遠くのブッコミ釣りに動きがあったので、少しだけ希望が持てました。

そして、やや離れたポイントで一本釣れたようです。
しかし、それだけでした。

img2018-11-02-01.jpg

仕方がないので、一休みして温かい朝食を食べます。
おにぎりは鮭のハラスです。

車に戻って休憩したり、なかなか集中できません。

img2018-11-02-00.jpg

天気は、雲は多いものの晴れそうな空模様に変わってきていました。

それから少しして、アキアジらしいノックのようなアタリからヒットしました。

img2018-11-02-02.jpg

きちんと撮れていなかったので、クーラーに入れてからの一枚となりました。
口が曲がったオスでしたが、思ったよりもハラスの厚い身でした。
最近得意の粕味噌漬けが好評なので漬けたり、もう一品は鮭ザンギで食べました。
鮭ザンギはとても美味しくて、これは定番メニューになります。

海の方から牛の鳴き声が聞こえてきたので、変だなあと見ていたところ、海を見ている釣り人が指さす彼方にオットセイを発見します。
寒くなってくると、アザラシなどの害獣がアキアジ釣りの邪魔をします。

その後は2時間以上も、全く釣れなくなってしまったので納竿しました。
釣り場全体の釣果は、見える範囲で6本でした。

img2018-11-02-04.jpg

駐車場で片づけを済ませた頃、釣り仲間のUさん夫婦に会いました。
これから釣り場に向かうとのことで、その後どうなったか気になるところではあります。


すっかり青空が広がるいい天気になって、ハンドルを握ると眠くなりそうなポカポカ陽気でした。







スポンサーサイト



 
 

まだ10月なのにアキアジがいない

前回は海水の濁りが酷くて釣れる気がしないばかりか、誰にも釣れないという壊滅的な状況でした。
海が荒れたせいにして、まだまだアキアジはいるはずと、いつもの10月に回復していることを願って現地へ向かいました。


前回ほど寒くはなかったのですが、ひどい西風で砕け散った飛沫が飛び散っていました。
幸い選んだポイントは背中からの風ということと、壁があるので風の影響が全くない場所に荷物を置くことができました。

釣り人は30人ほどでしょうか、朝マズメのいい時間帯なのに誰にも釣れません・・・。
今回もダメかなと思っていたところ、Kさんに何かがヒットした様子です。
軽そうだったので、まさかこの時期にカラフトマスはないだろうと思いました。

img2018-10-26-01.jpg

ネットインしたのは、何とも小さな60cmちょっとのアキアジのメスでした。
しかも、すでにイクラがポロポロこぼれ始めていました。
すぐにリリースしてみると、なんとか無事に帰っていったようです。

昨夜は満月ということでしたが、正面からの太陽ばかり気にしていました。

img2018-10-26-02.jpg

振り返ると、まだ高い位置に月が輝いていました。
でもこの日は、大潮ではなく中潮になっていました。

この時間帯の潮周りもダラダラしていて、動きはよくありません。
そしてやっぱり、釣り場全体誰にも釣れていません。

そんなところに、左斜め前方でアキアジが跳ねました。
一回だけでも跳ねが見られたことでやる気が出ます。

そして、幸運は私にやってきました。
アキアジからのコンタクトを感じましたが、寒くなってくると早合わせをするとバラシが増えるのでタイミングを計ります。
なんとかヒットしましたが、やや軽めです。

img2018-10-26-03.jpg

痩せた、67cmのロスケアキアジのオスでした。

隣りの地元の釣り人の会話が聞こえてきました。
近くの漁港は釣り人は多いが、たった一匹真っ黒なアキアジが釣れていたとか、人気の漁港では立入禁止のポイントでも釣れていないとのことでした。

img2018-10-26-04.jpg

そんな中でも朝日は上ります。
この日は雲の動きが太陽にまとわりついて、朝マズメが終わってからは隠れることが多かったですね。

そしてこの日の朝マズメは、私たちの2本のみという悲惨な釣り場でした。

img2018-10-26-05.jpg

潮が動き出すのは9時頃なので、朝ごはんにします。
セコマオリジナルの、山わさび塩ラーメンです。
山わさびの香りがつんと鼻を突き、この香りが食欲を増幅させます。

今回はガスの充てんをしたてだったのですが、満タンにし過ぎてしまいしばらくは赤い炎が立ってしまいました。
はじめのうちは霧状のガスが出るし着火しないしで、火に弱い私にとっては恐怖でした。

風は次第に弱まり幾分穏やかになりましたが、アキアジは全く釣れていません。

img2018-10-26-06.jpg

海の水の透明度は前回とは全く違って、底までよく見えます。
しかし皆さん帰りませんね。

私たちは10時過ぎには納竿しました。
この時間までに釣れたのは、私たち以外には見える範囲ですが2本だけでした。
翌日は荒れて雨の予報なので、この分だとアキアジの数の期待もできないですね。


帰りに、またまたタンチョウがいました。

img2018-10-26-07.jpg

前回とは全く違う場所ですが、同じ3羽の親子連れでした。
車を横付けしても、車から降りない限りは無反応です。


アキアジ釣りも終盤です。
もう少しだけ釣りたいので、そのためには通い続けなければいけません。








 
 

釣り場全体がボウズ

天気は晴れだったので出かけてみましたが、駐車場に着いた時から波の音がやけに大きかったのでした。
それでも釣りはできそうなので、準備をして明るくなるのを待ちました。


明るくなる前から波の高い事が判断でき、こんな波予報だったかなと思いました。

img2018-10-19-01.jpg

波は2m以上はあったでしょう。

外海は諦めて、波のない側に望みを託します。
さらに明るくなって、愕然としました。

img2018-10-19-02.jpg

ひどく濁っていました。
近所の仕事前釣りの人たちは、すぐに諦めて帰ってしまいます。

それでも周りの様子を見ながら続けましたが、9時を過ぎても誰一人釣れないので納竿を決めました。
遠くから遠征している釣り人はその後も続けていたようですが、好転することはなかったようです。


漁師の網に入るアキアジは少なくなっているし、アキアジ釣りは終盤を迎えました。









 
 

台風前の激混みアキアジ

3連休は、今期最後のブリ釣りを予定していました。
毎年のことですが、10月のブリ釣りは出港したことはありません。
今年こそはと期待しつつも直前に台風が発生してしまい、ショックリーダーを新しくした努力もむなしく終わりました。

しかし、アキアジ釣りなら台風がまだまだ近づいていなかったので、急きょ行くことにしました。


まだ真っ暗な釣り場の駐車場に着きましたが、すごい車の数です。
みなさん、台風前にと考えてのことなのでしょう。
好きなポイントにも入ることはできず、真っ暗なのにルミカがネオンのように光っていいる浅ましい光景は、そうです、あの今年から釣り規制が変わった止別のようでした。

前日に釣れていたらしいポイントは当然入釣できず、この日は初めてのポイントでした。

img2018-10-06-01.jpg

ルミカがヒュンヒュン飛び交う未明の釣り場でしたが、誰も釣れませんでした。
まあ、釣れてもよく見えない釣りは楽しくないので私はしません。

この日は明るくなるのも時間がかかりました。
何とか見えるようになりキャスト開始です。

しばらくして、近くで数本のアキアジが釣れました。
ヒット位置から、アキアジの遊泳位置を考えてリーリングしていると・・・。
来ました来ました、ヒット!
軽くて、よく暴れるのでメスかなと考えます。

img2018-10-06-02.jpg

やはりメスでした。
時間は5時20分でした。

始まったかなと期待しますが、大勢の釣り人の割には釣れていません。
朝食の時間までで、僅か10本程度でした。

img2018-10-06-03.jpg

水平線の雲を通過して、ようやく眩しい正面からの太陽が昇りました。
ウキが見えにくいと他の人のウキに注意が必要ですが、隣の人は私のウキを絡めとっておきながら挨拶もしない人間でした。
たぶんですが、アキアジ釣りしかしない人なんだろうなと、勝手に判断してしまいます。

釣れないので朝食タイムです。

img2018-10-06-04.jpg

太陽が出ているとはいえ冷え込んでいるので、温かい食べ物はうれしいですね。
この日は風も吹いていたので、おにぎりも温められて美味しかったです。

潮どまりが7時過ぎで、8時頃から少しだけ釣れるようになってきました。
ただし、釣れる場所が毎回同じような場所です。

img2018-10-06-05.jpg

次第に雲が多くなってきました。
ウロコ雲です。

何だか釣れる気がしなくなってきて、ぼーっと釣っていると時々周囲でパタパタと釣れます。
それでも根気よく無心でリーリングしていた時、私とアキアジとの綱引きになっていました。
合わせを入れても、根掛かりのように重いです。
やはりオスはトルクがあって、走り出すと止まらず面白いです。

img2018-10-06-06.jpg

やや鼻曲がりですが、身は脂があっていいオスでした。
今回は粕漬けを作ってみました。
丁度漬物用品の季節に入っていて、酒粕が大量に販売されています。

それから2時間ほど続けましたが、足場が悪くて疲れたので終了しました。

img2018-10-06-07.jpg

粘れば釣れる可能性もありますが、十分満足しました。


アキアジ釣りを楽しんできましが、畑では収穫の真っ最中です。

img2018-10-06-08.jpg

この人たちの中には、朝早くから頑張って夕方めがけてアキアジ釣りをする人もいるそうです。


しばらくは釣りには行けそうにないので、道具の手入れでもしましょうか。









 
 

河口に群れる鮭と釣り人

増毛の市街地から、ほんの少し離れたところに暑寒別川の河口があります。
この少し上流にはオートキャンプ場があり、以前このキャンプ場に泊まった時にこの川を遡上するアキアジが見られることを知りました。

前回は橋の上から見ると、川の中にたくさんのアキアジが見えました。

img2018-09-mashike-30.jpg

今回も、アキアジが見られることを期待してきました。

さっそく川を見ると・・・。

img2018-09-mashike-31.jpg

カモメやカラスが騒いでいるので、食料となるアキアジがいるようです。

と思う間もなく、川ではドボン!ザブーン!豪快な水しぶきを立ててアキアジが跳ねていました。

img2018-09-mashike-32.jpg

それも、一匹二匹ではなくあちらこちらででした。
逆光で見えませんでしたが、かなりの数のアキアジがいるようです。
釣りをする人ならわかると思いますが、アキアジのもじりが半端なく見えていますね。

しかし、毎回そうですが、悲しい光景もあります。

img2018-09-mashike-33.jpg

子孫を残すことなく、力尽きたアキアジたちが海底に沈んでいます。
それでも、この死んだアキアジ達も他の生物の役に立って消えていきます。


留萌方面への帰り道、人気釣り場である箸別川河口にはまだたくさんの釣り人がいました。

img2018-09-mashike-33a.jpg

建物の陰で見えませんが、釣り人が河口付近で海に向かって一列に並んでいました。
後から知った情報では、この日は全体でも二桁は釣れていなかったそうです。

見たところ駐車場は離れていそうだし、早い時間から河口に立って場所取りをしなければならなさそうです。


さらに進むと、今度はブッコミ竿が林立していました。

img2018-09-mashike-34.jpg

遠くから撮っているので、竿の密度と数が凄いことになっているように見えます。


水曜日のBSこころ旅ではこの増毛町が目的地で、たぶんですがこのブッコミ釣りをしている釣り人との絡みがあって、なかなか面白かったです。
釣れた直後に火野正平さんが現れたらしく、残念ながらアキアジを見ることはできなかったようです。






 
<-   10 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS