FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

道の駅ウトナイ湖

ボンベイブルーを出発し、目的地の苫小牧方面へ走ります。

最近は高規格道路が延伸しているので、長沼町から千歳へ抜ける道を走ることが多くなりました。

img2019-08-19-10.jpg

交通量は少なく、自動車専用道路なので安心です。

千歳市内に入って、いつもはレラに寄っていましたが、最近はレラに魅力を感じなくなってきたので通過します。
そのまま走っていると、自動的に36号線に合流です。

新千歳空港の真横を走るのが好きで、今回も後方からのジェット音が聞こえたので横を見ると、すぐ横に旅客機が迫っていました。

苫小牧市に入って、前回はじっくり見ることができなかった道の駅ウトナイ湖に寄りました。

img2019-08-19-11.jpg

太陽がすっかり顔を出していて、外にいると暑いくらいでした。

トイレの奥に、ウトナイ湖に通じる道がありました。

img2019-08-19-12.jpg

緑色の消毒マットを踏んでから先へ進みます。

img2019-08-19-13.jpg

右に見えるのは展望台です。
もちろん無料で利用できます。

中に入ると、右手に階段があり中央にはエレベーターがありました。

展望台からの眺めです。

img2019-08-19-14.jpg

こちらは駐車場側です。
右の木陰奥にも駐車場があるので、静かに休みたい人はいいかもしれません。

そして左側です。

img2019-08-19-15.jpg

平行しているのは国道で、垂直に交わっているのが信号のある交差点です。
反対側にはローソンや三星があります。

ウトナイ湖側はと言うと・・・。

img2019-08-19-16.jpg

湖が広がっていました。
さすがはラムサール条約のウトナイ湖ですね。
よくよく見てみると、白鳥がいました。

千歳空港が近いので、ひっきりなしに旅客機が上空を通過します。

img2019-08-19-17.jpg

空港から飛び立ち、各空港へ飛んでいきます。
僅かな時間しかいませんでしたが、5機は飛んで行きました。

次に湖岸に向かいました。

img2019-08-19-18.jpg

やはり白鳥です。
人が近づいても逃げないようです。

img2019-08-19-19.jpg

一応、病気などが怖いのでズームで撮影します。
怪我でもしているのでしょうか?

ウトナイ湖は、我が国4番目のラムサール条約による国際的な保護湿地です。
約250種類の野鳥の聖域であり、3900種もの昆虫の生息が確認されているそうです。

img2019-08-19-20.jpg

展望台は3段になっていて、おすすめは一番上です。
でも、寒い時期はガラス窓がいいですね。

道の駅の中にも入ってみました。

img2019-08-19-21.jpg

天井が高いので解放感があります。

のんびりしてしまったので、市内でキャンプの食材調達をします。





                                   2019-08-19


スポンサーサイト



 
 

中頓別鍾乳洞

浜頓別から内陸に入り、気温はさらに上昇していました。
国道275号線は交通量は少なく、山の中の一本道でした。

何もないなあと走っていたところ、鍾乳洞の看板を発見!
一旦は通過しましたが引き返して、鍾乳洞への2kmほどの道を恐る恐る走りました。

img2019-07-19-40.jpg

整備された山の中に、ふれあい公園と名付けられた建物がありました。
「入園無料」とも書かれています。
私はむしろ、有料にして管理がしっかりしていた方がうれしいので、やや不安も感じていました。

管理棟を抜けると、鍾乳洞周辺の案内図がありました。

img2019-07-19-41.jpg

案内図を見てもはっきりしませんが、取り敢えず第一窟を目指すことにしました。

ここから階段を下りて先へと進みました。

img2019-07-19-42.jpg

左の階段は別の穴に向かう道のようです。
坂の途中に、公園の整備をしている女性がいましたが、距離があったので話は聞けません。

池のような水辺が見えてきました。

img2019-07-19-43.jpg

池を覗くと、サンショウウオのような生き物が泳いでいました。
陽が射してきていたので汗ばんできました。

第1窟までは450mほどだったと記憶していますが、随分と長く感じました。

img2019-07-19-44.jpg

うっそうとした森の中だし、獣の気配もしそうなので大きな声で話をしながら進みました。
道は上り中心で、階段も時々現れました。

そしてようやく、入口付近までたどり着くことができました。

img2019-07-19-45.jpg

当然ですが、洞内には照明もあるようですね。

img2019-07-19-46.jpg

左には第2・3窟への道がありました。
もちろん行くことはありませんでした。
というのも、この2窟は入ることはできないそうです。

ということで第1窟へ向かいます。

img2019-07-19-47.jpg

2・3窟への道と違って、うっそうとしていて勇気が必要でした。
それでも、整備されているはずの鍾乳洞なので、思い切って先へ進みます。

img2019-07-19-48.jpg

一層薄暗くなり、写真もややボケ気味でした。
この岩の雰囲気が、これから向かう鍾乳洞の探検気分を増幅させてくれました。

img2019-07-19-49.jpg

取り敢えず懐中電灯だけ貸していただきます。
頭上は充分目視で注意します。

中に入るとヒヤリと空気が変わり、気温はいきなり一桁になりました。
実際の気温は、温度計もあり一桁ではなかったと思いますが忘れました。

img2019-07-19-50.jpg

中に入ると狭く、僅かな照明が部分的にある程度です。
懐中電灯は絶対に必要です。
ただ、この懐中電灯はかなり光量が少なくて、自分で用意できるのであれば持参をお勧めします。

img2019-07-19-51.jpg

このように、石灰岩が水によって溶かされ洞窟を広げていった溶食痕を観察できます。
この鍾乳洞の歴史は意外に浅く、1917年の冬に吹雪で避難した洞窟の入口がこの第1窟だったそうです。
しかし、その後1933年になってから地元の青年7人で洞窟探検を思い立って、この中頓別鍾乳洞の発見に至ったそうです。

img2019-07-19-52.jpg

見学通路で鍾乳石は見ることができませんが、池や化石をみることができました。
ただし、内部は急な階段や狭い部分が多く、体が大きい人には大変かもしれません。
上り切った先に突然に終点があり、意外とあっけなく探検は終焉を迎えました。

img2019-07-19-53.jpg

帰りは下りなので、湿気が多くて滑りやすいので注意が必要です。
外の光が見えるとホッとしました。

img2019-07-19-54.jpg

慎重に歩いたので、頭はぶつけずに済みました。

img2019-07-19-55.jpg

洞内は涼しくて気持ち良かったのですが、結構な上りと狭さに体力を消耗することになりました。

北海道に鍾乳洞は2カ所しかなく、もう一カ所は当麻町ですね。
当麻町は鍾乳石が見られて洞内も広くて歩きやすいです。
探検気分を味わうなら、中頓別がおすすめかもしれません。

来た道を引き返しますが、気温は更に上がったような気がしました。

img2019-07-19-56.jpg

帰りは下りなので早く、あっという間に池まで帰ってきました。
池から見上げると鍾乳洞内部で見えた岩が見られます。

img2019-07-19-57.jpg

この石灰岩が鍾乳洞を形づくっているんですね。

img2019-07-19-58.jpg

池から管理棟への広場です。
この右に石灰岩の斜面があります。

再び管理等に戻って中で休憩していると、こんなものが置いてありました。

img2019-07-19-59.jpg

クマ避けの鈴です。
やはりそうだったのかと思いました。
もっと目立つところに置いておいてください!


来た道を引き返して、道の駅ピンネシリ到着です。

img2019-07-19-60.jpg

すでに30℃近い気温迄上昇していました。
昨日までの涼しさは何処に行ってしまったのでしょうか。

img2019-07-19-61.jpg

中は少しだけ涼しくていいですが、すぐに冷房の利いた車内に戻りました。

ピンネシリキャンプ場には一度だけ泊ったことがありましたが、すでに記憶は薄らいでいます。

そして、道の駅おといねっぷに着きました。

img2019-07-19-62.jpg

ここに寄った目的は、音威子府そばを販売している場所を聞くことでした。
受付の横に音威子府の数少ない名産品が置かれていましたが、そこに何と!・・・・・ありました。
音威子府そばゲットしまして、さらにここ以外の販売所も教えていただくことができたのです。

温泉でも入って帰ろうかと考えましたが、あまりにも暑くてやめました。
この後、美深町の少し前から土砂降りと落雷が発生して、久しぶりにバケツをひっくり返したという表現の雨を体験しました。


涼を求めてのキャンプは、目的通り楽しむことができました。






 
 

宗谷岬


目覚めた時は、まだ夜が明けたばかりでした。
薄明るくなった外を見ると、スクリーンテントは無事でした。

img2019-07-19-02.jpg

安心して2度寝をして、次に起きた時はすっかり明るくなっていました。

最低気温は18℃ほどだったので、寒くも暑くもない快適な就寝をすることができました。

img2019-07-19-01.jpg

このサイトは本州からの旅行者が多く、10泊以上も滞在している人たちもいました。
この時期は夏休みの繁忙期なので、2名で4500円とキャンプとしては少々割高となりますが、本州の方にはこれでも激安らしいですね。

爽やかに目覚めたので、さっそく朝食を準備します。
昨日購入したホテルブレッドを使います。

img2019-07-19-03.jpg

野菜サラダと果物中心の朝食です。
残っていた菓子パンもあるので、カロリー的には多すぎるくらいでした。

朝食が済んでくつろいでいると、埼玉から毎年北海道に長期滞在すると言うご夫婦が話しかけてきました。
大型のキャンピングカーで、ほとんど何もせずに過ごしているとのことでした。
スクリーンタープや小型のテントも立ててありました。
数年は各地を観光して回ったそうですが、最近は夏を快適に過ごすためだけに来ているとのことでした。

立てるのは大変でしたが、撤収は早く完了です。

img2019-07-19-04.jpg

9時には、ご近所さんに挨拶を済ませて出発しました。
カードキーは返却不要で、自動のゲートを出るとチェックアウト完了でした。

天気は曇りでしたが、雲が薄くなっている部分もあるので晴れ間も見られそうです。
これから宗谷岬に向かいますが、本州ナンバーの車やバイクばかりです。

のんびりと、25分ほど走ると宗谷岬が見えてきました。

img2019-07-19-05.jpg

観光バスや道外からの観光客がここを目指しています。

img2019-07-19-06.jpg

最先端には記念碑があり、その手前に見えているのは間宮林蔵の銅像です。
最北端の地と言うだけあって、皆さん思い思いに写真を撮ったり説明文を呼んだりと、やや強風気味でしたが楽しんでいるようです。

img2019-07-19-07.jpg

ここに来ると、どこからともなくあの歌が聞こえてきます。
その曲は右に10mほどのところにあります。

img2019-07-19-08.jpg

ダ・カーポの宗谷岬です。
「流氷融けて 春風吹いて・・・」というあの曲です。
ずいぶん昔からここにあったと記憶していますが、意外と古さを感じませんでした。

この最北端の海岸は遠浅になっていて、深くなるところまでは100m以上はありそうです。

img2019-07-19-09.jpg

海中には小魚が泳いでいて、底は岩のようです。
25cmほどのウグイ?が群れていました。

宗谷岬最北端の碑に一番近い土産品店に入ってみました。

img2019-07-19-10.jpg

入ってみると、何処にでもありそうな店内でしたが、その奥には無料の流氷体験館がありました。
流氷体験館のことは全く知らず、トイレを探していて偶然見つけました。

この日は気温も上がってきていたので、寒さには強いので入ってみました。

img2019-07-19-11a.jpg

中の気温はマイナス12℃程度でしたが、気温差によって実際よりも寒く感じました。
道外の人なら悲鳴を上げるかもしれません。

img2019-07-19-12.jpg

内部は動物の剥製が置かれていて、紋別市のオホーツク流氷科学センターや上川町のアイスパビリオンとは比べものになりませんが、一回りしただけで涼しくなりました。
大きな施設ではないので、冬着の用意もありませんでした。
写真右に入口、左が出口で、中央の小窓で中の様子が確認できるようになっていました。

外に出てみると公衆トイレは観光バスに占領されているようなので、国道の向かいにある宗谷岬展望台の麓のトイレは空いていました。
用を済ませてから、展望館はガラス越しなのですぐに出て、階段で展望台に上りました。

img2019-07-19-13.jpg

広い芝生に整備されていて気持ちがいいのですが、太陽が顔を出して暑いです。

振り返って海側を見ると、要塞のような建物がありました。

img2019-07-19-14.jpg

旧海軍望楼という旧日本海軍が建てた建物です。
ロシアと緊張状態にあった明治時代、ロシアのバルチック艦隊を監視する目的で建設されました。
稚内市内では数少ない明治時代の遺構です。
建物の上には、上空を飛んでいたドローンを操作している人がいました。

img2019-07-19-15.jpg

観光客の半分は海外からの旅行者のようでした。


昨日までの曇り空とは打って変わって、青空になっていました。
これから気温が高くなりそうな気配です。






 
 

万華の足湯&ぜるぶの丘

カレーを味わった後、ベストム中富良野店に寄りました。
ベストムは道内にあるホームセンターのなかでも、特にプロの仕事人にも人気の道具類が魅力です。

大手チェーンと違って雑然とはしていますが、他にはない商品も多く見られます。
そんな店内を見て回ってから、隣にある富良野ラテール・万華の湯の前に露天風呂があることを知りました。

img2019-07-12-10.jpg

入口から離れているので、これまで何度も通っているのに気が付かなかったのかもしれません。

この時は少しだけ雨が降っていたので、そのせいか誰もいませんでした。

img2019-07-12-11.jpg

入ってみると湯温はぬるく、35℃程度でした。
湯花なのか、底から沈殿物が舞い上がってくるのであまり動けませんでした。

その後、他の観光客も入ってきて、それぞれに足湯を楽しんでいました。



帰りがけに、美瑛の中心を過ぎて現れるぜるぶの丘がきれいだったのでより道をしました。

img2019-07-12-12.jpg

午前中とは違って、駐車場の空きは半分程度でした。
雨は降っていなかったので、花畑を楽しむことにしました。

観光客の多くは外国人で、中国語やその他の聞きなれない言葉が飛び交っていました。

img2019-07-12-13.jpg

中富良野に向かう途中にあるかんのファームはあまり花が咲いていなかったのですが、ここは奇麗に咲いていました。

img2019-07-12-14.jpg

坂を上っていくと丘全体が花畑に整備されています。
目の前の道は観光用のバギーの道です。

日本人も外国人もスマホで撮影しているのは同じですが、日本人は自撮り棒を使っている人は少ないようです。
また、タブレットで写真を撮っているのも外国人らしいですね。

img2019-07-12-16.jpg

雨が降らなければ富良野方面へ向かうつもりでしたが、富良野方向から雨雲が迫って来ていたので、この日の観光はここまでで終了となりました。

img2019-07-12-17.jpg

ラベンダーは今が見頃かもしれません。

ただし、週末は必ず渋滞するので、抜け道を調べておくといいでしょう。
抜け道から再び国道に入ろうとすると、入れてもらえない可能性もありますね(笑)。







 
 

白鳥大橋~柄鞆岬

■5月24日の2

ひろやでの昼食は、予定よりも1時間ほど遅れての出発でした。

これから白鳥大橋を渡りますが、片側交互通行と案内が出ていました。
あの高い橋には中央分離帯があって、その間を移動できるのだろうかと考えていました。

久しぶりに走ると、白鳥大橋までの進路にこれでいいのかと不安になります。

img2019-05-24-20.jpg

橋に入ってすぐに停車となりました。
確かに工事中のようです。

しばらく停車していると、対向車がこちらの車線を走ってきて、直前で右車線に移動しました。
結構な数の車がすれ違ってから、ようやく前の車が動き出しました。

img2019-05-24-21.jpg

なるほど、確かに中央部分は平らで、段差もほとんどなく移動できました。

天気がいいので見晴らしがよく、あまりよそ見はできませんがあっという間に対岸です。
ループをクルクル回って高度を下げて、道の駅方面へ向かいました。

img2019-05-24-22.jpg

道の駅みたら室蘭に着きました。
前回は、到着が遅かったため売店などの施設は閉じていました。

民間の手が入っていないイメージの売店を見てから、2階の展望スペースに向かいました。

img2019-05-24-23.jpg

2階なので期待はしていませんでしたが、意外に白鳥大橋全体がよく見えました。
前のグリーンはパークゴルフ場です。

左に目を移すと海です。

img2019-05-24-24.jpg

中央の島は大黒島と言うそうです。
ここからは見えませんが、左奥に室蘭水族館があります。

白鳥大橋の左の山を見ていると、その遥か奥に雪渓の残る山が見えました。

img2019-05-24-25.jpg

羊蹄山ですね。
迫力があります。

予定では地球岬でしたが、何度も見ているので別な岬にしました。
道の駅から車で5分かからない、住宅街を抜けた先にありました。

img2019-05-24-26.jpg

柄鞆岬といいます。
聞いたこともない岬でしたが、案内標識もあり観光地ではあるようです。

他に3台の車がありましたが展望台には二人だけでした。

img2019-05-24-27.jpg

右斜め後方には白鳥大橋が見えています。

海に向かって左の景色です。

img2019-05-24-28.jpg

この先に地球岬があると思います。
海は穏やかでした。

正面は何もないので、斜め右の景色です。

img2019-05-24-29.jpg

大黒島が見えていて、大黒島は防波堤で繋がっています。
と見えましたが、自宅に戻って地図を見ると繋がってはいないようでした。
更にその防波堤の根元に水族館があるのかと思っていましたが、ややずれているようでした。

大黒島のその向こうには、羊蹄山が見えました。

img2019-05-24-30.jpg

天気さえ良ければかなり遠くからでも羊蹄山が見えるので、北海道の富士と言われるのが良くわかります。
景観的には地球岬よりも色々見られていいですね。







 
<-   10 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS