fc2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

10kgブリは旨いか?

釣ったそばから、正直半分は食べることしか考えていなかったかもしれません。
美味しい魚を食べたくてブリ釣りをしているの?と聞かれたらその通りかもしれません。
私は、マグロなら赤身よりも、脂ギトギト大トロの刺身が食べたい派なのです。

解体の段階で、クーラーの中で尾びれを曲げて入っていたブリを見て、釣った時の興奮がよみがえってきます。
しかし、これからさばいた身がどうなっているのかに興味は移っていました。

前回ブリをさばいたときに、念のためにと出刃包丁は研いでありました。
牛刀もいいらしいですが、私は出刃包丁が使い慣れています。

img2017-08-Monburei-20.jpg

輪切りですが、ハラスが大トロ状態です。
グロテスクな部分はモザイク処理しています。
包丁は、すでに脂でねっとりしていました。

背の身も脂で光っていました。

img2017-08-Monburei-23.jpg

背の身をシンプルな塩焼きで食べてみると、本州物の脂ののったブリと同じ味でしたが、買ったものと柔らかさが違っていました。
身がふわっと柔らかくて、これまでに食べたことがない美味しいブリの塩焼きでした。
皮と身の間に上質な魚特有のいい脂が、箸の圧力でジワッと溢れます。
刺身で食べると、適度な脂がブリの刺身に旨味を加えるのでしょう、寿司ネタにすると最高だと思います。

一番気になっていた腹身はどうでしょう?

img2017-08-Monburei-21.jpg

見ての通り、大トロでした。
ただ、マグロと違って歯ごたえがあります。
シコシコした歯ごたえは、噛むほどに良質な脂が口の中に広がります。
いくらでも食べられると思っていましたが、数切れ食べるとくどくて飽きてしまいました。
やはり、中心部が一番食べやすいかもしれないですね。

大型青物と言えばカマですね。

img2017-08-Monburei-22.jpg

もったいないので、カマを取った後はスプーンでほじって刺身と一緒に食べました。
カマは、5kgクラスなら片側が3人前という量なのですが、今回のブリは倍くらいありました。
まだ食べていませんが、旨いに決まっていますね。


結果、10kgオーバーのブリは、別物の美味しさでした。
サクラマスやアキアジも、超大型は美味しいと思っていましたが、ブリにもそれは当たるということですね。








 
 

10kg超のブリGet!

季節は秋、と言っても過言ではないくらい朝晩の冷え込みにメリハリがついてきています。
しかしブリのジギングは、型はいいけれど数が出ないとオホーツク各地の情報です。
乗船者全員がゲットできることが珍しいという、厳しい釣果とのことです。


天気は晴れですが、前日からの風が強かったのが唯一の気がかりでした。
船長さんが言うには、西風だからたぶん行けるだろうとのことでした。

夜が明けて、昨夜までの雨はすっかり上がり雲が少ない空に変わっていました。

img2017-08-Monburei-01.jpg

船着き場で準備中に、前日はゼロだったという話を聞いて愕然としますが、希望は捨てずに前向きに準備を進めました。
この日は、私たち夫婦以外に一人だけでした。

予定の5時少し前に出港しました。

img2017-08-Monburei-02.jpg

思っていたよりも冷え込んでいて、ジャケットの中にフリースを着ていたほどでした。
更には、港を離れると風が強くなりはじめ、少しだけ不安がよぎります。

img2017-08-Monburei-03.jpg

船の進行方向に朝日が見えましたが美しい朝日ではなく、ぼんやりと登場して気が付いた時には全体が見えていました。

船長さんの話では、沖へ向かうほどに風が強くなって波も高くなるとのことです。
左前方にはホタテ漁船団が作業をしていて、そこからさらに奥へと走ります。

20分くらいでしょうか、速度が落ちてポイント付近に着いたようです。

img2017-08-Monburei-04.jpg

確かに波は高くなっていて、船は大きく左右に揺れます。

合図があって、さっそくジグを投入しました。
揺れるので、足を広げてしっかり踏ん張っていなければなりません。
船長さんには、道すがらボウズ覚悟でねと諭されていましたが、朝一の期待は高まります。
しかしフグが釣れはじめ、魚探に映った魚の正体は判明します。
水深は50mほどですが、フグかヒットすると無駄に体力を消耗します。

それから15分ほど経過して、10mほど巻き上げたところでフワッと軽くなり、次にズシンと衝撃が伝わりました。
すぐに大きく強く合わせを2回ほど入れてから、アクションカメラのスイッチを入れます。
巻き始めると、いきなりドラグが利きはじめました。

img2017-08-Monburei-05.jpg

ドラグの鳴り方が、これまでには感じたことがないほど長くてパワフルでした。
使っていたロッドがキャタリナの90-210gなので、対応ジグの割には硬いロッドですがバットから曲げられてしまいます。
リーダーの結束部は大丈夫だろうか?ラインに傷はないだろうか?
いつもは右手でリールを挟むようにロッドを持ちますが、この時はグリップの上の部分を持たなければ腕が耐えられません。

img2017-08-Monburei-06.jpg

船長さんがタモを構えて待ちますが、巻いた分だけラインが出されるような海底からの力に興奮と不安が交錯して息が荒くなっていました。
魚は左右に走ることはなく、直下の海中定位置で抵抗していました。

ヒットから2分ほどすると幾分軽くなってきて、意外に小さい?そんな手ごたえになり巻き上げられるようになりました。
しかし再び抵抗する力が強くなり、残り数メートルになると力尽きたのかギラリと海底から姿を現します。
船長さんが「デカイゾこれは・・・」。
そして最後は、意外にすんなりとネットに入りました。

img2017-08-Monburei-07.jpg

重くて上がらないと言うので、私も網の片方を持ち上げて取り込みました。
足元に釣れたブリを見て、その大きさや太さに驚きました。

img2017-08-Monburei-08.jpg

体長が96cm、重さが10.5kg、念願の10キロオーバーのブリゲットです。
マグロのような丸々とした美味しそうな魚体ですね。

しばらくの間、写真撮影などにブリを持ち上げ続けますが、10kgといえば片手でバーベルを水平に支えるのがやっとの重さです。
ブリが動くので、さらに重量感は増しました。
さすがに、しばらくは休憩をしなければ動けませんでした。
動けなかったというよりも、息を整えつつ余韻に浸っていたのかもしれません。

この後は厳しい状況が続きました。
アタリも全くなく、いろいろ工夫をしますがフグしか釣れません。
船長さんのお仲間の船は早々に帰港してしまったそうです。

img2017-08-Monburei-09.jpg

天気は青空が見える気持ちの好い快適な気温ですが、風がまだ少し強いです。
予報では次第に波も風も収まるとのことでした。

それにしても釣れません・・・。
フグは釣ろうとすればいくらでも釣れるでしょうが、フグが釣れないように底を切ったら素早くフグ層を抜けるようにしました。

img2017-08-Monburei-10.jpg

それでも釣れてしまうんですが・・・。

体に優しいジャークをしていた船長さんを何気なく見た時、ヒットする場面を見てしまいました。
しかし、きれいな弧を描いた次の瞬間ラインブレイクです。
惜しかったですね・・・・・調べてみると、ショックリーダーが擦れていたらしくそこから切れていました。

ここからは船長さんの名誉挽回で、再度結束をやり直して釣りはじめ、ついに再ヒットしました。

img2017-08-Monburei-10a.jpg

ドラグを鳴らして逃げる魚と、必死で巻き上げる戦いは見ていて楽しいシーンでした。
息を切らせて見えた魚に「何だ、小さいぞ!」そんなことを言いながら船上は和やかな空気に包まれました。
最後は、私がタモ入れをして船上に上げました。
それでも4kg以上はあったでしょう、丸々と太っていました。

この後はフグすら釣れなくなり、ポイントをあちこち移動してみましたが反応はありません。

img2017-08-Monburei-11.jpg

風も波もすっかり収まり、こんな時に釣れるのが最高なんですが、なかなかうまくはいきません。
朝方の波の状態は、以前の私なら軽く船酔いしていたのですが、今回の私を見て船長さんから合格を頂きました。

結局、無反応は最後のポイントでも何も起こらず帰港となりました。

img2017-08-Monburei-12.jpg

内径85cmのクーラーから、尾びれがはみ出していました。
鮭袋のLLに入れると、長さは1mなので閉じられず、幅が30cmもあるにもかかわらず無理やり詰め込んで入れたほどでした。
ということは、太さは60cm以上ということになりますね。


9月にもブリのジギングを予定していますが、この状態が続いて釣れなくなってしまうのか、はたまた戻ってきてくれるのか、どうも前者のような気がして心配です。








 
 

能取沖ジギング

8月に予定していた紋別沖のブリ狙いは、台風の接近に悩まされた揚げ句に中止となりました。
昨年と違って、8月の爆釣は聞かれなかったのが唯一の救いだったとしても、やはり沖に出てみたい気持ちは強いです。


ということで迎えた、いつもの釣り仲間主催のチャータージギングであります。
今回は、数日前から天気の心配がなく、安心して前日の出発に至りました。

土曜日の、それも夏休み最終日前日のせいもあってか、国道は混雑していました。
暴走する車が多く、そんなに急いでも変わらないよと言っていたところ・・・。

img2017-08-20-01.jpg

私を抜かして行った暴走車が、見事に信号待ちしていました。
だから言ったのに・・・そんなに変わらないよって・・。

太陽は出ていませんが、ところどころに青空が見えるいい天気です。

img2017-08-20-02.jpg

予定よりも早めに着きそうなので、美幌の釣具店に寄ってみました。
ここはジギングの品揃えも好く、見ていても楽しいですね。
危なく無駄遣いをしそうになるのを我慢して、目の保養だけで店を出ました。

img2017-08-20-03.jpg

女満別を過ぎると、空の雲が少なくなりました。
いい天気で、翌日の天気を占っているかのようでした。

いつもの温泉は、意外に入浴客が少なめでした。
のんびりと温泉を楽しみ、友人と約束のスーパーで買い物をして、車中泊の場所で久しぶりに一杯やりました。
楽しい時間を過ごして、少々飲みすぎではありましたが寝ることにします。




5時間ほど寝たでしょうか、3時起きです。
この時間に起きても余裕があるので、ゆっくりと準備をします。


港に着いてみると、まだ薄暗くてライトが必要です。
間もなく、全員が揃っていざ出港です。

img2017-08-20-06.jpg

それでも、東の空が明るくなってきていました。
いつものように、安全運転の船長はゆったりと走ります。

港を出ると風が強く波もあり、予想外の状況に驚きました。

img2017-08-20-07.jpg

たぶんこの船に乗って、これまでで一番揺れたと思います。
と言っても波は1mもないとは思いますが・・。
いつもべた凪ばかりだったのです。

しかし、しばらく沖へ進むと波も風も収まってきました。
あの揺れが続いた場合、船酔いになってしまう可能性もあったので一安心でした。

ポイントに着いて張り切ってジグを操りますが、この日はなかなかアタリが来ませんでした。

img2017-08-20-07a.jpg

釣れない時間が続き、場所も移動して、ようやく仲間にヒットしたのが6時20分過ぎのことでした。

仲間に釣れたので期待しますが、次々にとはいかずポツポツと釣れる程度でした。
そんな状況のなか、私より先に抜けだしたのがKさんでした。

img2017-08-20-08.jpg

強力な引きに耐えながら、ファイティングパッドに竿尻を挿し込んでいました。
格闘2分ほどで、船長が絶妙なタイミングで掬います。

img2017-08-20-09.jpg

長さはそうでもありませんが、腹がパンパンに太っています。
美味しそうなブリです。
6時54分のヒットでした。

それじゃあ次は私にと思っていたところに、またしても仲間にヒット!
うらやましく眺めていると、反応がありました・・すかさず合わせを入れますが、なんだか軽すぎます。
すぐに根魚だと確信しました。

img2017-08-20-10.jpg

毎度おなじみになったシマゾイでした。
このシマゾイは、プリプリで脂ものっていて美味しかったですね。

少しづつ仲間にもヒットが続き、アタリを待ちますがなかなか私には来ません。
ヒットが続く仲間のファイトをアクションカメラで撮影中に、私にもアタリが・・・すかさず合わせ・・ヒットです。

img2017-08-20-11.jpg

アクションカメラには、一連のイメージ通りの映像が撮れていました。
この日の魚は巻き上げる後半に極端なファイトをするのが多く、結構楽しませていただきました。

船長にタモ入れしていただき、ようやく釣ったのが7時20分でした。
さっそく新兵器の使用感を・・。

img2017-08-20-12.jpg

針に曲がった先を引っかけて、ジグを持って下に引きつつフックを持ち上げると、魚自身の重さで簡単に針が外れます。
ペンチを使っての針外しよりも、安全確実なのでおすすめです。

img2017-08-20-13.jpg

5kgジャストで、これもハラスのあら汁は鯛と同じくらい美味しかったです。

気が付くと、周囲には釣り船が点々と集まっていて、潮の流れは良くはありませんでしたが釣れている様子も見えていました。

img2017-08-20-13a.jpg

天気予報とは違ってなかなか太陽が顔を出さず、どんよりとした空でした。
晴れているよりは暑くなくて結構なことですが・・。

8時16分、私に待望の2本目がヒットします。
しかし、半分ほど巻き上げたところでふっと軽くなりました。
思うに、アクションカメラのスイッチを入れる方に気が回っていて、柔らかめのロッドと言うこともあり合わせが甘かったのが原因と思われます。

20分後、Kさんにヒット!

img2017-08-20-13b.jpg

アクションカメラに海水が付いて汚れていたので、ぼかしたような映像が残念でした。
ワラサでしたが、元気な青物らしいファイトでした。

この日のKさんは、初のパワーギヤのスピニングリールによるジギングを練習しようと用意してきていました。
電動の合間に、何度か試し釣りをして楽しんでいました。

先ほどのヒットから僅か10分後のことです。
電動リールからスピニングリールに交換して、二度目にジグを落したときにヒットしてしまいました。

img-2017-08-20-14.jpg

本人としては予想外だったらしく、底の方でのヒットだったので大変です。
電動リールならロッドを支えているだけですが、巻き上げは女性には重労働でした。

それでも、青物とのやりとりは50本近くを経験しているので、うまくやり過ごしていました。

img2017-08-20-15.jpg

最後にジャンプした後にネットインです。
Kさん、かなり疲れてしまいましたが、いい経験になったことでしょう。

9時を過ぎて、同じポイントに釣り船が集結し始めました。

img2017-08-20-15a.jpg

こちらは、以前乗船したことのあるつれたか丸ですね。
釣れる場所が限定されてきたようです。
船の間隔が狭く、この間を船が通り抜けることもありました。

いつの間にか青空が広がっていて、気温が低いので暑くはないのが幸いでした。

img2017-08-20-16.jpg

私たちの船は、いつも仲間が同じような釣果に恵まれるのですが、この日は違って大きく差が出ていました。
私はまだ1本なのでもう一本位釣りたいと思っていましたが、釣れるのは同じ仲間ばかりです。

それでも、12時を過ぎた頃、ようやく私にヒットしました。

img2017-08-20-17.jpg

5kgまではないワラサでしたが、ようやくの複数本ゲットに安堵の記念写真でした。
この日の魚は一番小さいのが4.5kgで、小さいのが少なくて太っていました。
一番釣った仲間は、7kg超えのブリを2本といういい釣果でした。

img2017-08-20-18.jpg

天気がいいので、遠く能取岬がよく見えました。

この後、一回だけ流しましたが反応なく納竿となりました。

img2017-08-20-19.jpg

雲はすでに高く、秋の空でしたね。
帰りは横になっているうちに眠ってしまい、夢を見ていました。
横で寝ていた友人も夢を見ていたと言っていました。
同じく寝ていたKさんも夢を見ていたそうですが、船代を払っていなくてどうしようか困っていた夢だったそうです(笑)。


期待した今回の青物は思った釣果は得られず、型はいいけど数が・・・上手くいかないものです。







 
 

能取沖ブリジギング

静かな漁港の近くに車中泊して、目覚ましよりも早く目が覚めてしまいました。
曇り空だったので、車外に出てもまだ暗くてどんよりしていました。
夏とはいえ、網走の朝は涼しく17℃程でした。

準備を済ませて、釣り船のある港へ向かって出発します。

img2017-07-Noto10.jpg

信号で停止中に網走駅が見えました。
この駅に乗客の姿が見られるまでは、まだまだ時間がありますね。

雲がなければもっと明るくなっているのでしょうが、天気予報は9時頃まで曇りでした。

img2017-07-Noto11.jpg

港に着いて空を見ると、雲はばらけて青空が広がっていました。
早い時間帯から太陽が顔を出しそうです。

img2017-07-Noto12.jpg

今回は、この大きな船に4人です。
かなり広々としています。

メンバーが揃ったので、すぐに出港です。

img2017-07-Noto13.jpg

常に安全運転の船なので、ポイントまでは気長に準備をしたりおしゃべりをして過ごします。
時々、プレジャーボートが猛スピードで追い抜いていきます。

湖口が近づくと、陽が昇ってきました。

img2017-07-Noto14.jpg

釣り人の姿も見えます。
この時期、サケマスには早いのでショアジギングでしょうか?
網走沖の定置網には、まだマスは数えるほどしか入っていませんが、ワラサは結構な数が入っているそうですね。

img2017-07-Noto15.jpg

オホーツク海に出ました。
朝陽に大漁を願いますが、ここ数日の釣り船の釣果は貧果のようでした。
どの船も一桁しか釣れていません。
もちろんボウズの釣り人もいるようです。

ポイントに着いて、期待してジグを振りますが、誰にもアタリはありません・・・。

ポイントを変えて5時半過ぎのこと、Kさんにヒットするも・・すぐにフックオフ。

img2017-07-Noto16.jpg

しかし数秒後には隣の仲間やその奥の仲間、更には船長にもヒットしました。
この最高のタイミングに、私はカレイ竿でスロージグを振っていました。
慌てて回収してジグを下ろしても、すでに群れは通過した後でした。

仲間のヒットジグを聞いて交換中、今度はKさんに再びヒット!

img2017-07-Noto17.jpg

またしてもタイミングが合わず、群れは去って、Kさんが強烈な引きを楽しんでいました。
ネットインしたブリは、計測すると意外に軽くて6kgでした。
しかし、腹が太くて美味しそう!
実際に食してみると、ハラスのあら汁はタイによく似た味の美味しい出汁が出ていましたし、刺身も醤油にさっと脂が浮きました。
ようやく美味しくなり始めた、といったところですね。

ここからしばらくアタリが消えます。

img2017-07-Noto17a.jpg

海は波もなく雲がすっかり消えて、太陽が燦々と照り付けています。
もう少しすると、暑くなりそうな予感がしました。
しかし、私だけまだ釣れていません・・・。

私にアタリがあったのは、皆に遅れること1時間後でした。

img2017-07-Noto18.jpg

ズシンとした重さの後、ただ重いだけかと思っていると強烈にドラグを鳴らして引き込まれます。
昨年の6kgを超えたスレ掛かりのブリは別として、これまでで一番ファイトしたブリだと思います。
バレないことを願いつつ、慎重にかつ素早く巻き上げ、結構私自身も応えましたが無事ネットインしました。

img2017-07-Noto19.jpg

計測すると、強烈な引きの割には6kgにも満たないブリでした。
帰ってから動画を確認すると、2分ちょっとしかファイトしていませんでした。
3分くらい掛かっていた印象だったのですが・・・。

2本目は僅か7分後でした。

img2017-07-Noto19a.jpg

この時期の青物は引きが強いですね。
5kgにあと少しのワラサでしたが、丸々として美味しそうです。

今回は血抜きの後、鰓と内臓も抜いてみました。

img2017-07-Noto20.jpg

この2本は、初めて青物をさばいたという人に差し上げましたが、内臓がなかったのでとても楽に調理することができたそうです。
次からも、面倒くさがらずに処理しましょう。
胃の内容物を見ると、カジカの子供やオオナゴのような小魚が入っているだけで、あまり一杯にはなっていません。
ベイトが少ないのでしょうか?それにしては食いが悪いですね。

陽が高くなると、麦わら帽子にして暑さ対策をします。

img2017-07-Noto21.jpg

海面に自分の影が映っています。
海の奥深くまで影が沈みこんでいますね。

しかし、ブリのアタリが遠のいていました。
途中、根のある場所でタイラバで根魚を狙いましたが、途中でバラしてしまいます。
しかも、潮の流れが速すぎて底が取れなくなってしまいました。
仲間はシマゾイを釣っていました。

そのうち、釣り船仲間の情報でナブラが立っているとの情報で網走沖に移動します。
安全運転の船なので結構な時間の移動でしたが、着いたときにはすでにナブラは消えていました。

img2017-07-Noto22.jpg

しばらく粘りますが、諦めて初めの場所に戻ります。

戻って間もなく、仲間に久しぶりのヒットで盛り上がります。

その1時間後、Kさんにヒットしました。

img2017-07-Noto23.jpg

これで全員が複数本の釣果となりました。

喜んでいた僅か10分後に、再びKさんのロッドが曲がっています。
連続ゲットすると、暑さとファイトでKさんがうれしいグロッキー状態でした。

img2017-07-Noto24.jpg

早くも丸々としています。
どちらも5kgを超えていて、今期は本当にいいサイズばかりですね。

最後のひと流しのつもりがもう一回となり、これで仲間が最後のヒットと続きました。
船長がもう一回流すと言ってくれましたが、時間も時間だったので丁重にお断りして納竿です。

img2017-07-Noto25.jpg

数は出ませんでしたが、4人で11本は充分でした。

今回は左手でロッドを持ち、右手でリールを巻くことができたら、疲れを分散できるのではと考え代用のタックルを持ってきましたが、結果ダメでした。
かえって疲れてしまいました。

img2017-07-Noto26.jpg

港が近づくと、心地よい風が陸から吹いてきて生き返るようでした。
船が着いて陸に上がると、気温が高くてムッとする暑さでした。

時間も時間だったので、コンビニで軽めの昼食を購入します。

img2017-07-Noto27.jpg

畑の緑と小麦色が美しいですね。

アクセルを踏む右足が、長く運転していると攣りそうになるので、水分を多くとって休憩しながら帰ってきました。








 
 

ジギングとディンギー

今回は、釣り仲間主催のオフショアジギングです。
貸し切りの船なので、全員が知り合いです。
前日までの釣果は、ナブラが多数発生するほどですがなかなか釣れないという状況らしいです。


それでも、前日とは全く違う釣果になることはよくあることなので、期待半分で出発しました。

img2017-07-DB01.jpg

途中にある畑は、麦でしょうか?
黄色や小麦色に色づいた畑は、パッチワークのように美しいものです。

友人の家に届け物をしてから、この日ジギング船に乗ったというまーまーさんの車を探します。
もちろん釣果情報を聞くためでもありますが、他の人のタックルやジグなどを見せていただくのも勉強になります。

ショッピングセンターの駐車場にその車を発見し(どんな車なのか知りませんでしたが、一目見て確信しました♪)、近づいてみるとお休み中だったようです。
窓は解放されていたので声を掛けますが、応答はありません・・・。
軽くノックしますが反応がないので、お疲れのようだからとその場を去ろうとしたところ・・・目を覚まされたようです。
小一時間ほど、色々楽しいおしゃべりをさせていただきました。
仮眠中だったにもかかわらず、色々教えていただき感謝しております。
仕事を終えたメガオさんも加わって、気が付いたときには18時近くなっていました。



翌朝、4時出港の船を目指して港へ向かいました。
船には見慣れない車が集まっていて変だなあと思ったら、主催の釣り仲間からDBの話を聞きました。
私たちのジギングは来週とのことで、楽しみは一週間後となりました。

img2017-07-DB02.jpg

何艘かあった釣り船が出港して静かな港です。
キッシーさんとは久しぶりだったので、しばらくはおしゃべりをしていました。

奥の方にある、プレジャーボートの船降ろし場を見に行きました。
見ていると、次々に船が海に降ろされて沖へ向かっていました。

img2017-07-DB03.jpg

中には、8人も乗ったプレジャーボートが出て行くシーンもあり、少し心配になってしまいます。
自分なら、あっという間に船酔いしそうですね。

2時間くらい港で時間を潰し、キッシーさんと別れて朝食をとることにします。

img2017-07-DB04.jpg

霧が濃くなってきて、視界は300mほどでした。

まだ朝の6時過ぎだったので、コンビニで朝食を用意しました。

img2017-07-DB05.jpg

海を見ながら朝食をとやってきたのは、BSプレミアムで21日に春の部の最終回の出発地となった常呂海水浴場です。
気温は15℃しかないので、当然海水浴客はいません。
しかし、駐車場は半分以上埋まっていました。

いったい何があるのだろうと見に行くと・・・。

img2017-07-DB06.jpg

この日は、小型ヨットの大会があったのです。

ヨットはあとで見ることにして、取り敢えず朝食を食べて、仮眠をとりました。



目覚めた時は、9時半過ぎでした。

ヨットはどうなったかなと、様子を見に行きます。

img2017-07-DB07.jpg

これがディンギーというヨットです。
ディンギーとは、キャビンを持たないヨットのことで、通常一人から二人乗りが多いそうです。

img2017-07-DB08.jpg

とてもシンプルな構造です。

img2017-07-DB09.jpg

会場にはテントが張られて大会本部が設置されていました。
話を伺うと、詳しく親切にディンギーについて教えていただけました。

海を見ると・・・。

img2017-07-DB10.jpg

浮かんでいます。
正確には、浮かんでいるというより個々に動いていて、それぞれが全く違った動きをしていました。
本部の方が、見ていると急にコケる船が見えますよと教えてくれました。

この大会は20年以上も開かれているとのことで、まだまだ知らないことがあるものだと感心しました。
ちなみに、ヨットの所有者は結構な年配の方が多く見られました。


ここから近い、こころ旅の目的地であるサロマ湖に行き、レンタルサイクルでも借りようかと思いましたが、結局はまた今度にします。






 
<-   02 2024  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS