fc2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

オホーツクのマガレイ

オホーツク海にも、ようやくカレイ釣りの季節がやってきました。
しかし、釣果は例年ほどではないらしく、予約時に船長さんからも過度な期待はせぬようにと・・。

控えめな私は、それならばとエサの量も減らして用意します。

釣り当日の天気予報は晴れでしたが、海へ向かう途中は急な雨に打たれました。

img2015-06-Karei01.jpg

大粒の雨がバシバシとフロントガラスにぶつかってきます。
しかし、行く先は明るくなっているので心配はしていませんでした。



一夜が明けました。
目覚ましをかけ間違って、目覚めたのは3時でしたが・・。

船着き場に行くと、霧で遠くは見えません。

img2015-06-Karei02.jpg

このぶんだと、釣り場まで時間がかかるかなと予想しました。

船長に昨夜聞いた時は6人だったはず・・・。

img2015-06-Karei03.jpg

10人くらいいそうだなあ?

船長が到着して、他の釣り客がなかなか乗船しないので変だなあと思っていました。
結局、他の釣り船の人たちが混ざっていただけでした。

img2015-06-Karei04.jpg

霧の中、いざ出航です。

この霧なので、慎重な船長はいつもより速度を落として進みます。
港内を出る前に警笛を鳴らしたので何だろうと思ったら、前方に小型のボートが釣りをしていました。
危ないですねえ。

外海に出ても霧は濃いままですが、いくぶん加速して波のない海を進みます。

img2015-06-Karei05.jpg

img2015-06-Karei06.jpg

ぼんやりと太陽が見えますが、この状況はずうっと続きます。

ようやく釣り場に着いて仕掛けを下ろしますが、どういう訳かカジカしか釣れません。
釣り人の中にはカレイばかり釣っている人もいて、仕掛けやエサを見る限り大きな違いはなさそうでした。
やっとマガレイが釣れてもリリースサイズという地獄はしばらく続きました。
もちろん仕掛けを交換したり、いろいろ努力はしましたが、船長さんもわからんとのこと・・。

べた凪で潮の流れがないので船は不自然な揺れをします。
これが釣れない悪循環で胃がムカムカしてきますが、冷汗まで出た危ない一歩手前で回復します。

それでも、状況は変化します。
私たちに、大きくていいマガレイが釣れる時間もやってきます。
こうなると船酔いはどこかへ吹っ飛び、予定していた固定しての動画撮影を試みます。

img2015-06-Karei010.jpg

不思議なことに、カメラを回すと全体が釣れなくなってしまいました。

さらには、私だけに型の好いマガレイが釣れてきたのでした。
20分間の間、キープしたカレイは私だけという不思議な時間でした。
他のみなさん、声援ありがとうございました。

カレイは狭い領域に限って釣れるらしく、移動は何度となく繰り返します。

img2015-06-Karei07.jpg

カジカ以外の外道は、スナガレイ・カワガレイ・ソウハチでした。

ほとんど陸が見えない霧は最後まで続きましたが、次第に気温は暖かくなります。
途中、一度だけTシャツになりましたが、他のみなさんは防寒着のままでしたね。
まあ、それが当たり前なんですが・・・。

エサをいつもより減らしたのは失敗で、最後は足りないくらいでした。

img2015-06-Karei08.jpg

思ったよりも釣果はあり、30Lくらいのマガレイを持ち帰ることができました。

陸地から聞こえる正午のサイレンが合図で、後半は短く感じた釣りが終了です。

img2015-06-Karei09.jpg

帰ってきた港は、朝と何ら変わらない濃い霧に包まれていました。


久しぶりの釣り船だったせいか、かなり疲れていました。
食欲だけは変わりませんでしたが・・・。




 
 

紋別沖のマガレイ釣り

久しぶりの釣行です。
先週予定していましたが生憎の低気圧に阻まれて、ようやく久しぶりの釣りとなりました。

前夜からの車中泊も久しぶりです。


img2014-6-monbe01.jpg

弁当を肴に軽く一杯やって、早めに就寝。


天気予報通り曇りの朝で、どんよりしています。
それでも波は高くないらしく、船酔いしやすい私には少し安心です。

今回は乗船客が5名です。
どこでも自由に釣り場を選ぶことができました。

img2014-6-monbe1.jpg

期待を胸にいざ出航!


最初のポイントはいつもより15分ほど近いけれど、深さは30mという初めてのポイントでした。
深くて潮の流れが速く、釣れるのはカジカばかり・・・。
早々にこのポイントは諦めるとのことで、最後に上げた仕掛けに唯一のマガレイが付いていました。

その後はいつもの8mほどのポイントを流しますが、これが結構厳しくてなかなか入れ食いとはいきません。
それでも、たまに釣れるのは型の好いマガレイが多く、カジカはほとんど釣れないのが唯一の救いです。

img2014-6-monbe2.jpg

船長曰く、全く一枚も釣れないことが一度だけあったけど、その次に釣れない日。

そして、もう一度場所を移動してからは少しづつ釣れ出します。
激しく動くカレイはカワガレイが多いのですが、重量感があって暴れるのは大きなマガレイが多く、こんなのが釣れると船上に活気があふれます。

img2014-6-monbe5.jpg

外道はカワガレイとイシガレイ、そしてカジカです。
他にはソウハチとクロガシラが少しだけ釣れていました。

海はうねりが少しあったので、沖に出るとすぐに嫌な予感はしましたが気分は変わらず、その後も船酔いはしませんでした。
ただ、残り2時間くらいのところでいなり寿司を食べたところ、食道に引っ掛かったような感じになりました。
お茶で流し込んで事なきを得ましたが、船酔いしなかったのは少し自信になりました。

img2014-6-monbe3.jpg

天気は概ね曇りでしたが気温は10℃程度の寒さで、少し風もあったので厳しい釣りになりました。
終盤に雨が混じってきましたが、雨はさほど気になりませんでした。

予定通り正午まで釣りをすることができ、枚数は釣れませんでしたが大きさには満足です。

img2014-6-monbe4.jpg

30Lのクーラーに二人で3分の2程でした。

チャンスがあれば、もう一度くらいは沖に出たいですね。




 
 

マガレイは船釣りで

連日30℃の気温が一気に襲ってきて、20年故障知らずのエアコンも不調気味です。

ところが、オホーツク沿岸の気温は10℃も低いと知り、船カレイを急に思い立ちました。
急なことなので仲間を誘おうと思っていたことも叶わず、二人だけなら乗れますとのこと・・・。
程ほどに釣れるけど型が小さいらしいですが、唐揚げで食べるからいいんです。


前日から現地入りしてその場で塩イソメを作りましたが、温度管理の失敗作になりました。
目覚めた時は靄がかかっていましたが、4時頃には朝日が昇ります。



燃えるような朝焼けを見るのは久しぶりです。

準備を整えて乗船し、出発したのは5時でした。



鏡のような港内とは違い、沖は若干うねりがありました。
霧も出ていましたが、釣り場に着くとすっかり晴れていました。


20Lバケツにランドリーケースを組み合わせた魚入れです。



これを使うと、カレイは水を切ってクーラーに入れられます。

深さは10mほどで、昨年よりも港から遠くなります。
その日の最初の一投って複雑な気持ちですよね。
期待一杯で仕掛けを投下すると、すぐにブルブルとアタリがあります。
すぐには巻き上げないで次のアタリを待って巻き上げます。
確かに型は小さいようですが、次第に良型のマガレイも釣れはじめます。



こちらは御愛嬌です。

メインの外道であるカジカは大小様々で、他にはイシガレイとスナガレイ、ソウハチは型の好いものも釣れます。
カワガレイも少しだけ釣れました。
このくらいの深さが釣りを楽しむにはちょうどいいかもしれません。



リリースは3割くらいでしょうか。
大きいもので30cm弱でした。

あまり移動はせずに同じポイントを流しています。
朝方は異常に暑く感じましたが、そのうち少し涼しくなりました。



一度だけ前年のポイントに行きましたが、10分程で中止してしまいます。

船内は和気あいあいと、皆さんの笑顔が絶えないいい雰囲気でした。



気がつくと、次のクーラーにも魚が入りはじめます。
それでも、10時頃からは若干ですが反応は悪くなってきました。

さらに風も波も全くなくなると、急に暑くなってきました。



暑さと疲れから気分が悪くなってきましたが、船首で5分休憩しただけで復帰です。

最後はカワガレイとカジカを釣り上げて、もういいやと納竿としました。
二人で180枚ほどでしたが、昨年よりは型が小さいせいかクーラーに余裕がありました。



帰りはほぼべた凪になっていて、心地好い風が涼しくて気持ち良かったです。

この日同乗していた女性名人は、一人で150枚位釣っていましたね。
すごいおばちゃん?でした。




 
 

この時期のカレイ釣り

9月22日 アキアジ釣りばかりしてるとバカになっちゃうよ!って、昔、友人が言ってた。
俺はバカにならんぞ!ってことで・・・今回はカレイ釣り・・・。


んで、イシガレイ釣ってやった。
しかも、堂々の35cmくらい。位ってのはイシガレイ様にちょっと失礼かな?
ちゃんと測ってないのは、カレイなめてた訳ではないんです。

ホントは少しなめてました・・。リリースしたし。


隣でアキアジ釣りしていた釣り人、絶好調らしく5本も釣ってました(この時点で4本)。


周囲は全体的に釣れていなくて、ボウズの人多数という中での快挙!

でも、夜は酔っ払ってうるさかったんです。
二日酔いで釣った記憶あんまりないって言うから、実はこの人、大人物かもしれませんよ!


すごいといえば、こんな車見ました。



普通の家庭用のテレビアンテナが立った車です。

こんな車走ってるの見たら・・・イヤーホントビックリしますよ!





 
 

ニシンの次はカレイだ!

7月1日 前夜はニシンに気を好くして、みんなに見せびらかして宴会に突入しました。

その後色々ありましたが、詳しい話はホームページで紹介するとして、夢に見ていたべた凪の海に出航です。

今期は荒れ気味の海でしか釣ったことがなかったので、揺れない海にあこがれていました。
どーですか、このまっ平らな海は。


しかも、釣れるんです!
10mほどの海底にはカレイがわんさかいるようです。


朝焼けがこの日の良い天気を象徴しているように、朝から全く寒くありませんでした。
事実、この日はすっかり日焼けしてしまいました。

友人たちも楽しんでいるようです。


大きなイシガレイもいます。
カレイの反応はとってもいいです。

もちろん本命のマガレイが一番釣れますが、型の良いのが上がるとうれしいですね。


今回の外道は、スナガレイ、イシガレイ、ソウハチ、カワガレイ、カジカです。
そうそう、ホッケも釣れましたねー。

最後の方は風が波を生み、揺れる船に体力を奪われてしまいました。


少しだけ早上がりになりましたが、もう充分満足でした。

30L満タンになったクーラーは、さすがに重かったです。
たぶんこれが今期最後になるとは思いますが、べた凪はいいですねえ。




 
<-   03 2024  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS