FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

2007年5月5日 更別カントリーパークキャンプ(初日)

連休の最後は、道東のキャンプ場です。


                          まさに層雲峡

途中、幌加の除雪ステーションを過ぎた辺りで、幌加駅跡を妻が発見したので行って見ることにしました。
レールやコンクリートのホームは当時のままですが、駅名を表示する標識は新しく作られたものでした。



国鉄士幌線・糠平~十勝三股間は昭和53年に廃線になっていますので、おそらく30年近くも経っていますから当時のことは想像するしかありませんでした。
雪が解けたばかりのこの時期にしか、簡単には見ることはできないと思いますので、不思議な発見をした気分でした。



天気はめまぐるしく晴れたり曇ったりと落ち着かない空でしたが、待ち合わせ予定の1時間も早い時間に音更町内に入ってしまいます。
時間も早いのでスポーツショップでも見ようかと、待ち合わせ場所を通り過ぎたところで、バックミラーにキッシーさんの車が映っているではありませんか・・・。
結局、メガ弟さんも早く到着してしまったので、待ち合わせ場所に集合することなく、食材の買物をしてから出発です。


                      トレーラーハウスサイト

高速道路を利用して目的地を目指しましたが、私の勘違いによって随分と遠回りをしてしまったうえに、食事を予定していたお店は食材なくなり閉店していました。
仕方がないので、中札内の道の駅でカレーを食べてからキャンプ場に向かいました。



三度目となる更別カントリーパーク・オートキャンプ場は、今回はトレーラーハウスを予約していました。
大型のトレーラーハウスなので、エアコン以外フル装備の本格的なアメリカンスタイルであります。シーツや布団・台所用品なども用意されていて、食材以外は何も必要がないほどです。


                      リビングの奥はベッドルーム

到着時間が遅かったのでスクリーンタープを設営することもなく、ビールを飲みながら食事の用意をするだけです。
「これってキャンプ?」などと疑問を抱きつつも、これまたキャンプに似合わない鍋を食べながら、トレーラーハウスに用意してある電子ジャーで炊いたご飯を食べました。
まあ、この時期はテントでの厳しくて辛いキャンプを、2年も体験していますからいいでしょう。無理する必要はありませんからね。


                 ダイニングキッチンの奥はトイレシャワーと2段ベッド



                    トイレ&炊事棟、中央奥は管理棟




キャンプ場の隣は十勝スピードウェイというサーキットがありますので、日が落ちるまで騒々しいエンジン音が聞こえてきていましたが、静かになると鳥の声しか聞こえないアウトドアな夜になりました。
メガ弟さんと妻は早くに寝てしまったので、キッシーさんと二人でおしゃべりをしているうちに、気付いたときには1時過ぎでした・・・。




スポンサーサイト



 
<-   05 2007  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS