FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

2007年11月10日 マイナス気温のアキアジ釣り

凍えるほどの寒さでも、アキアジ釣りはやめられない!
私ばかりではなく、師匠夫妻をはじめイノケンさん、そして寒さに弱いキッシーさんまでも釣行を決めていたのでした。
朝の気温はマイナス2℃で、イノケンさんとともに釣り場へ向かう途中雪が舞っていました。
これまでにマイナス10℃ほどの寒さの屋外で釣りをした経験がありますので、比べれば暖かいくらいと思ったのは強がりで、この日は風が弱くて天気も良くなるとの予報に勇気付けられていただけだったかもしれません。
メンバーが揃ってキャスティングし始めましたが、全体的にも全く誰も釣れません。
ようやく周囲でヒットしますが、相変わらずバラシが多いようでした。



そんな中で師匠がやってくれました。
イノケンさんが駆けつけてタモ入れを担当して銀ピカのオスがネットインしたので、私達もホッとしてから周囲で数本釣れましたが私にはアタリは全くありませんでした。
そして、今回はボウズどころかアタリもないかと諦めていた頃に・・・アタリです。
じっくり待って合わせて、やっと巡り来た夢のようなヒットでした。
しかしこのアキアジは重くて充分な引きだったので、この時期のアキアジとは思えないほどでした。
見知らぬお隣さんがタモ入れをしてくれて無事ゲットしたのは、前回銀ピカアキアジで作ったトバが脂っぽかったので次はブナだと考えていた、理想どおりのブナオスです。
しかし釣り人は贅沢なもので、やっぱり銀ピカがいいなあと思ったほど強面のオスは重量5.1kgもありました。



この日のアタリはこの一回だけで、向かい風が冷たくなった頃には釣り人は数えるほどとなり、お昼前には納竿となりました。

その後、チカ釣りがしたくて、キッシーさんとイノケンさんで網走港に向かいました。
第五埠頭はアキアジ釣りの人もいましたが、ほとんどの人がチカ釣りをしていました。
しかし、あまり釣れていないようなので近くの人に聞いてみたところ、先ほどまで大量に釣れていたらしいのですが、私達が始めた頃には滅多に釣れない状態になっていました。



それでも、撒き餌を利用してなんとか夕食分は釣り上げ、日が沈む前の15時に納竿したのは寒さに耐えられなくなってしまっていたからでした。
あと一ヶ月と少しでワカサギ釣りが解禁されますが、寒い中でサビキ釣りをしていると無性にテントの中でするワカサギ釣りが楽しみになってきます。
早く冬にならないかなあ!






スポンサーサイト



 
<-   11 2007  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS