fc2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

5月24日 日本海のカレイ

オホーツクに行くと確実に数釣りできるにもかかわらず、あえて日本海のカレイに挑むことにしたのは大型のカレイが岸から釣れると聞いたからです。
前日から留萌入りしてみると町中が霧に包まれていて、翌朝の釣り場を確かめることもできませんでした。



少々出遅れて4時過ぎに目的の釣り場に着きましたが、すでに場所はなさそうでした。
それでも様子を聞きに行くと、まだ誰も釣れていないらしく毎日この場所で釣っていると言う地元ベテランさんは「ここでは一日ねばってもカレイが2~3枚と、ホッケが多くて2匹だよ」と教えてくれました。
すっかり気落ちしてしまいましたが、他の釣り場も似たような状況だからここでやってみたら?と聞いて、隣で釣らせていただくことになりました。



準備中にベテランさんにホッケが釣れてきて、この時ばかりはやる気モード全開になります。
その後、再びベテランさんにヒットしましたが、10cmにも満たないスナガレイです。
周りの人たちも全く釣れず、アタリは時々ありますが小さいスナガレイらしく針がかりしませんでした。



・・・・・あまりに釣れないので、私達とベテランさん以外の人は5時にはいなくなってしまいました。
それでも雲ひとつない青空の好天は、のんびりとここで過ごそうと思わせるほど気持ちが好く、ベテランさんから色々な釣りの話を聞くことができました。
そして、7時少し前のことです。
Kさんが「すっごく重たい!」と言ってリールを巻いていたので、海草でも掛かったのかと思っていたところ、見えてきた仕掛けに白いひらひらのお腹が見えました。
しかもそれはずいぶんと大きくて、すぐにクロガシラだとわかりました。



こんなに重たいカレイは初めてだと言うとおり、釣りあがったカレイは真近で見ると本当に大きかった・・・。
この頃から釣り場には、再び釣り人が増え始めました。



しかし釣果は全くよくならず、ブラーで狙った根魚も釣れそうにありません。
これが留萌の釣りだと教えてくれるベテランさんは、それでも気にせず横になって自分の竿の鈴の音を待ち続けていましたが、私達は10時過ぎに納竿しました。



昼食には少々早かったのですが、留萌市内の「いちばんかん」という以前入ったことのある食事処に行ってみました。



メニューは豊富で、私はトロマグロずけ丼、Kさんがチキンとホタテのカツ定食を注文。



千円とは思えないほどたくさんのマグロがのっていて、醤油に丁度よく漬かっていて美味しかったです。



チキンとホタテカツは量的には多すぎず、女性にはおすすめかもしれません。



帰りも高規格道路を利用し、沼田町付近では菜の花畑が満開に咲いていて、空の青と濃い緑、そして菜の花の黄色がとてもきれいでした。
久しぶりの日本海は想像通りの厳しい釣果にガッカリしたものの、価値ある一枚を釣り上げることができたのは幸運でした。







スポンサーサイト



 
<-   05 2008  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS