FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

海サクラは咲かず

この日の気温が33℃になっていた十勝地方の電器店などでのんびりして、高規格道路も一区間延伸された快適な道を走ります。
確かこの日は何かの車の祭典があったはずですが、それが何だったかは思い出せません。
ただ、とある街のガソリンスタンドの横で信号待ちをしているとき、ポルシェやフェラーリなどのスーパーカーが給油していました。
すれ違う車もスーパーカーです。

いつもなら海が近づくと急に気温が下がりますが、この日は少ししか下がりません。

現地に着いても気温は29℃もあります。
迷わず釣りは諦めて、キャンプ場の木陰に避難・・。



蚊取線香ってほんとに効きますよね。

夕食を食べて、寝る頃には何とか気温も下がりはじめ、網戸を締めるほどに涼しくなったのでした。



翌朝は、早寝のせいかとんでもない時間から行動開始!
釣り場で朝焼けを見るべく、ジモジイさんたちと談笑。
そして・・・。



釣りをはじめて1時間後くらいだったでしょうか。


しばらくして、何かヒット!
でもはっきり言えることはサクラではない。



チビアメでした。
写真撮ってたら、ジモジイさんに写真なんか撮ってるよって笑われました。
だって、これがこの日の唯一の魚かもしれないでしょ!
って言ったら大笑いでした・・・。

火が高くなると霧が発生して、海面近くに自分の姿が浮かび上がります。



ちょっとわかりにくいかもしれませんが、肉眼では立体的で神秘的でした。
ブロッケン現象といいます。

今日はダメかーと諦めかけていた時でした。
ググッとアタリがやってきました。
ロッドが曲がりますがさほど大きくはなく、海アメを確信して魚体が見えたので一気に引っこ抜きます。



30cmほどのアメマスでした。
少しだけ好い感覚を味わったところでタイムアップ。

海サクラ釣りをはじめて5年くらいになりますが、今年ははじめて釣れない可能性が高くなりました。
ちなみにジモジイさんの話では、昨日はこの釣り場全体26人でゼロだったそう。



帰りはやっぱり暑くて、自宅に帰ると室温が30℃になっていました。
エアコンは壊れちゃっているし、辛抱の日はもう少し続きます。

翌日は全身が筋肉痛で、運動不足がたたっています。




 
 

ひがし大雪自然館

雪どけが遅れたので今が見ごろかな?
そう思ってルピナスの群生地に立ち寄ってみました。

ところが、花はまばらです。
早かったのかなと思いましたが、花を見てみると・・・。



すでに豆のような種が実っていました。
今年は意外に早かった、というよりも普通に咲いたようです。


前回見ることが出来なかった「ひがし大雪自然館」に行ってきました。



正面から見ると横長にみえましたが、奥にも長く、L字型の建物でした。

入口近くにパンフレット類が置かれ、案内所と売店もあります。
その奥には昆虫関係の展示スペースがありました。



中央に見えるのが昆虫や水の生き物の展示スペースで、水の生き物は水槽に生きたまま展示されています。
左側はシカやクマなどのはく製や骨格標本が並ぶ倉庫のようなスペースですが、ガラス越しに見ることができます。

中央の展示スペースに入ると・・・。



こんな感じです。

昆虫類は以前の博物館の展示物を移設したのでしょう。



相変わらず綺麗な蝶などがたくさんいます。

外側にはこんな覗き窓もあります。



覗いてみると。



こんなのが見えます。

こんなのもあります。



カブトムシですね。



なるほど。


次は動物たちです。



絶滅したオオカミとニホンカワウソが出迎えてくれます。

こんなに近くで見ることができます。



ニホンカワウソは、大正から昭和にかけての乱獲と河川開発による環境の悪化により絶滅したそうです。
残念です。

他にもたくさんの動物たちが展示されていて、手を伸ばせば触れられるほど近いです。



エゾ鹿もこんなにアップで見ることができます。

次は、もう少しゆっくり見にこようと思いました。
入場料は無料ですが、私は100円でもいいから徴収した方がいいと思います。




 
 

サクランボの季節

我が家では、この時期になるとサクランボが大量に届きます。

主に佐藤錦で、その味、香り、歯ごたえはサクランボの王様でしょう。



北海道のサクランボは「水門」が多いですね。
水分たっぷりで甘くて赤はより濃いのが特徴ですが、すぐに柔らかく傷んでしまうのが欠点です。

以前はナポレオンなども大粒なので人気はありましたが、酸味が強いので今では栽培量も少なくなっているそうです。
高級品種では「南陽」があります。
大粒で味が良く、一度食べると病みつきになりますが、高価なのでなかなか手が出ません。
写真の1パック500gで2千円位します。




 
<-   07 2013  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS