FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

2013年の夏休ー5日目(3)

彦根城の入場券と博物館のセット券を購入したので、フリーパスです。
表門山道という広くて緩やかな石段が目の前に立ちはだかります。

img2013-10-05t.jpg

石段の奥行きが長いので上りにくく、なかなか大変です。

少し上ると櫓の一部が見えてきます。
これが天秤櫓です。

img2013-10-05u.jpg

右が天秤櫓で、廊下橋が突きぬけるように架かっています。
この橋は非常時には落としてしまうそうです。

橋の下を通って反対側から見ます。

img2013-10-05v.jpg

左に天秤櫓が見えます。

天秤櫓はその名の通り左右対象の形をした櫓です。
日本の城郭で、このような形の櫓はこの彦根城だけです。

天秤櫓の中に入ってみました。

img2013-10-05w.jpg

下を見ると、廊下橋は意外と広くみえます。
左奥には売店もありました。

櫓の中はこんな感じです。

img2013-10-05x.jpg

床の張り替え工事中だったので、何もなくあっさりしていました。

ここからすぐに石段が続き、太鼓門櫓です。

img2013-10-05y.jpg

本丸への最後の関門となる櫓で、登城合図の太鼓がある櫓です。

ここを抜けると天主が見えてきました。

img2013-10-05z.jpg

すぐそこに姫路城天主があると思うとワクワクして石段を上りました。

天主のある場所は広場になっていて、全体を本丸といいます。

img2013-10-05za.jpg

天主は思っていたよりも小さく感じましたが、空の青さがその美しさを引きたてています。
いくつもの屋根様式を巧みに組み合わせた、美しい曲線の調和をみせています。
どっしりとした牛蒡積と呼ばれる石垣の上に、3階3重の天主がそびえていました。

天主の下に人だかりができていたのでそちらに向かいます。
人だかりはもちろん「ひこにゃんショー」でした。

img2013-10-05zb.jpg

ゆるキャラの代表といえるほど、その名を知られたひこにゃんです。

ひこにゃんは、彦根藩の2代藩主・井伊直孝にゆかりのある一匹の白ネコをモデルとしています。

img2013-10-05zc.jpg

このショーはラスト数分だったので、体力を使いきったひこにゃんが最後の力を振り絞って動いていました。
最後は中央から観客の間を通って退場しました。

ショーが終わって、次は天主内部へ進みます。


スポンサーサイト



 
<-   11 2013  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS