FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

そば源・神居店

道道219号線を道なりに右手にサイパル、次に左手に旭川天満宮、そして237号線の富良野線を交差しても道なりに進みます。
すると、右には住宅街、左は畑という郊外に出て、間もなく交差点右に「そば源・神居店」が見えます。

旭川市内に何店舗かあるうちの一つで、伊ノ沢市民スキー場が近いといえばわかりやすいでしょうか。
何度かこの店の前を通ってはいましたが、入店は初めてです。
旭川市内ではあまりにも馴染みの店ということもあり、他のお店は入ったこともありますが、この日は近くで昼食をと探していたのでした。


さて中に入ると、店内は良く言うと広々としていて、反対に言えば無駄に広い印象です。
メニューは豊富で、蕎麦屋のファミリーレストランっぽいですね。

せいろがないので天ぷらそばのKさんです。

img2014-8-sobagen01.jpg

そばは白く、細くも太くもない丁度いい感じ。

もう少しコシが強いほうが好みですが、出し汁は癖のない万人向けの美味しさです。
天ぷらはサクサク美味しいです。

私が注文したのは、そば定食だったか日替わり定食だったか定かではありません。

img2014-8-sobagen02.jpg

普通のそばとごまそば、そしてご飯と天ぷらがセットになっています。

ごまそばは久しぶりですが、これまではあまり意識せずに食べていたせいか、意外に美味しいものだと気付きました。
たくさんだと飽きそうですが、これくらいの量のごまそばはいいですね。
ごまの風味がほんのり香り、のど越しもつるりとさわやかでした。




 
 

道の駅もち米の里なよろのソフトクリーム

名寄の道の駅は、名寄市内から40号線沿いに旭川方面に走って風連町の外れにあります。
ここの名物人気商品は「ふうれん大福」です。
今回は暑かったので、いつも食べるソフトクリームを紹介しましょう。

道の駅 『もち米の里なよろ』のソフトクリームです。

img2014-7-nayoroaisu.jpg

なぜにこんなに溶けているのか?

それには二つの訳があります。
一つは牛乳の量が他よりも多いので、粘りが弱くて溶けやすいのです。
もう一つは、気温が高かっただけでも溶けやすいのに、外に連れ出して撮ったためでした。

でも、ソフトクリームと青空は最高に合うと思った訳で・・・。
まあまあ美味しかったのですが、見た通り思いっきり溶けてますから早く食べないとだらだら零れ落ちます。
焦って食べてしまったので味の記憶は今一つでしたが、そんなに牛乳臭くはなかったですよ。

ワッフルコーンは既製品だと思います。




 
 

五味温泉・お食事処りんどう

下川町と言えば、スキージャンプの葛西選手ですね。
あとは木材の町のイメージが強く、ミニ万里の長城もあります。

そしてもう一つが、気になっていた「五味温泉」なのです。
五味温泉は、下川町立病院から南へ7.7kmですから10分ほどですね。
雰囲気は名寄温泉のような山奥です。

着いてみると、日曜のせいかたくさんの車が停まっていました。
建物の端に車を停めて入口に向かいます。

img2014-7-goshiki01.jpg

新しくて、意外に大きかったのが予想外でした。

中に入り、吹き抜けの広くて新しい館内に再び驚きます。

img2014-7-goshiki02.jpg

はじめに自動販売機で入浴券を購入します。
入浴料は安く、400円でした。銭湯よりも安いのです。

昼時だったので、食事処りんどうに向かいます。

img2014-7-goshiki03.jpg

店内からは公園が見えて、実に静かです。

この日は全道的に気温が上がっていたのですが、ここは北の山奥です。
それほど気温は上がっていないようです。

醤油ラーメンがやってきました。

img2014-7-goshiki04.jpg

馴染みの味に少し似ていて、味に深みがあって美味しいです。
チャーシューもとろけますし、久しぶりに好みのラーメンに巡り会いました。
ほかのラーメンの味も試してみたいですね。

もう一品はこちらです。

img2014-7-goshiki05.jpg

天丼です。
特に変わったものは入っていませんが、カリッと揚げられていて、味もちょうどいいです。

ここは宿泊施設もあるので、その料理長が作っているのでしょうか。
しっかりした味でした。
食堂の定番メニューしかありませんが、他の料理も食べてみたくなる味でした。


次は温泉です。
明治38年に発見した五味勘三郎さんの苗字だったんですね。
その後、五味さんの長男が周辺一帯を買い受け農業の傍ら温泉宿を経営していました。
昭和28年には三菱下川工業所が保養所を開設しましたが、閉鎖や増改築が繰り返され、今はふるさと開発公社営業しているそうです。

事前に調べていた泉質は、国内では珍しい良質な「含二酸化炭酸水素塩泉」です。
実際に入ってみると無色透明ですから、良いのかどうかは分かりませんでした。

img2014-7-goshiki06.jpg

ただ、飲泉コーナーがあったので飲んでみると、癖がなくて、私的には初めて飲めた温泉でした。

どのお湯もぬるめで、ゆっくりゆったり入る方にはいいです。




 
 

岩尾内湖白樺キャンプ場2

トイレに行きたくてじっとがまんしていましたが、ついにたまらず外に出ました。
気温は低くはなく、朝の張りつめたような空気が気持ちいいです。

img2014-7-iwaonai12.jpg

いったん起きてしまうと簡単には寝付けないので、そのまま起きてしまったのが4時過ぎでした。
ちょっと早すぎだと後悔しながらも、そのうち仲間も起きてきましたね。

駐車場の前がすぐ湖なので、ロケーションは最高です。

img2014-7-iwaonai13.jpg

右奥がダムです。

停まっている車は釣り人のものです。
朝の散歩がてら湖を見に行きました。

img2014-7-iwaonai14.jpg

時々ライズもあり、何かしら魚はいるようです。
水位が下がっているらしく、急な駆け上がりなのでこの下には下りられません。

私たちが見ている間には釣れませんでしたが、サクラマスやアメマスが釣れます。

img2014-7-iwaonai15.jpg

最近は釣りから遠ざかっているので、この日もロッドを持ってきていませんでした。
釣り人を見ても、なぜか燃えない今日この頃でした。

サイトに朝日が射すようになってから朝食を済ませ、その後はだらだらとおしゃべりを楽しみました。

img2014-7-iwaonai16.jpg

この日は暑くなる予報でしたが、ここはさほど気温も上がることなくテントの撤収を済ませることができました。


今回、本当は行きたいキャンプ場があったのです。
機会があれば、次回はそこを目指します。
でも、このキャンプ場には大満足です。


キャンプ場を後にして、途中にある展望台に寄りました。
駐車場から20mほどの、すぐ近くにそれはあります。

img2014-7-iwaonai17.jpg

この中に、らせん階段があります。

中段と一番上と、2ヶ所に湖に向かって展望所が設けられています。

一番上から湖を展望します。

img2014-7-iwaonai18.jpg

中央付近がキャンプ場です。
いい眺めでした。

次はダム付近です。

img2014-7-iwaonai19.jpg

写っていませんが、写真の右側には見学自由の展示室もありました。

次にダムの上を渡って対岸に下ります。

img2014-7-iwaonai20.jpg

すると、こんな景色が見えます。
ここまで来る人は少ないらしく、雑草が伸びていました。

ダムの上からも一枚!

img2014-7-iwaonai21.jpg

やはり水位が低いですね。

では最後にダムの下を・・・。

img2014-7-iwaonai22.jpg

大雪ダムの下に似ていますが、違いは畑がある平地であることです。

ダムの下に住むのって、なんか恐ろしい感じがしました。




 
<-   08 2014  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS