FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

毎回違う釣り場へ

3月も半ばになると、特に暖冬の今年は釣り場が限られてきます。
3月一杯釣りが可能な場所はあとにとっておいて、その前に閉鎖される釣り場を目指します。

道路はほとんど舗装路面がでているので、冬道の心配はなくなっています。
現地に着くとすでに明るくなっていて、氷上には3張のテントがありました。

img2015-3-Meman01.jpg

心配していた氷上の硬さですが、ぬかることはなくソリは軽く引くことができます。

広い釣り場に、テントの間隔が20mくらいでしょうか。贅沢ですね。

img2015-3-Meman02.jpg

隣のテントから20mほど離れた場所に向かいます。
こんな日は、音楽やラジオを聴きながらのんびりと釣りができます。

適当に場所を決め、魚群探知をすることなくいきなりテントを立てました。
気温はマイナス一桁なので寒くはないのですが、毎回行き当たりばったりなのです。
3月に入ると氷の状態が不安定なせいなのか?シャーベット層を通過した最後の氷になるとドリルが止まってしまいます。
何度か逆回転して何とか貫通させますが、手回しだと大変です。
電動化して、本当に好かったと思いました。
深さも90cmくらいありそうですね。

まずはじめにアイスアンカーの穴をあけて、その穴の下を魚探で探ります。

img2015-3-Meman03a.jpg

いい反応が見えて安心しました。

耳を済ませると、林の中から色々な鳥の声が聞こえてきます。
青鷺やオジロワシ、とんびなどがいるのは知っていますが、白鳥の声も聞こえますね。
気にすると、うるさいくらい聞こえました。

仕掛けを下ろすと・・・入れ食いです。
ワカサギは、底に落としてすぐに食ってきます。

img2015-3-Meman04.jpg

楽しいひと時です。

実は問題を抱えていまして、エサのサシがほとんど黒くなってしまっていたのです。
良さそうなものを探して使っていましたが、このままだと間もなくエサが無くなってしまいそうです。

その後、友人に管理棟にエサがあると教えていただき、実際には釣れなくなってからですが買いに行きました。
サシは白サシのみで200円ですが、とても品質が好くて、こんなに元気なのかと驚いたほどです。

朝から好く晴れていたので、テント内は暖房が要らないくらいに暖かくなりました。
ワカサギも適度に釣れますが、この湖特有の外道に悩まされます。

img2015-3-Meman05.jpg

アメマスです。

この日は3匹釣れましたが、幸い仕掛けは荒らされずに済みました。
大きさは20~27cmほどでした。
ただ、一度だけ強い引きとともに、あっと言う間にラインを切られたことがありました。
今のは何だったんだろう?そう思うほどの圧倒的な強さでした。

8時半には100匹釣り、なんとなく安心しました。

img2015-3-Meman06.jpg

それにしても、ここのワカサギの大きいこと。
15cmを超えるようなビッグワカサギも釣れました。
前回の釣り場も大きかったですが、やはりここが一番です。

外に出てみても・・・。

img2015-3-Meman07.jpg

釣り人は少ないですね。

あちこちに穴の跡が残っています。
表面に氷の層があり、暖かくなってもぬかるむことはありませんでした。
でも、岸に近い場所では油断できません。

外道といえば、ここで一番釣れる厄介な平物がいますね。
カワガレイです。

img2015-3-Meman08.jpg

ワカサギ咥えちゃってますよ。
仕掛けはぐちゃぐちゃにするし、本当に迷惑な奴です。
私一人で7枚も釣れました・・・。

気晴らしに外に出てみます。

img2015-3-Meman09.jpg

本当に静かですよ。
お隣さんはラジオを聴いていたようですが、この距離では全く聴こえません、

年に一度くらいはこんな釣れ方しますよね。

img2015-3-Meman010.jpg

一本の針で2匹ゲット!

10時過ぎには反応が悪くなり、厳しい釣りになります。
集中力がすぐに切れてしまい、外に出てみます。

img2015-3-Meman011.jpg

野天でも暖かいので気持ちよさそうですね。

13時半頃まで楽しんで、荷物をまとめて移動を始めると大きな鳥がやってきます。
オジロワシをはじめとする、この地でこの時期に必ず見ることができる野生です。

氷上から車に戻りますが、暖気は路面を泥沼のように変えてしまっていました。

img2015-3-Meman012.jpg

朝は凍っていたので気になりませんでしたが、完全に泥沼状態です。

少しづつ荷物を車に運び入れ、最後に運転席の乗り口に雪を敷きます。
この雪で長靴の汚れを落として、ようやく運転が可能になります。
そのまま乗り込むと大変なことになってしまいます。


この日の釣果は二人で380匹ほどですが、ワカサギが大きいので重量感はすごいです。
残念ですが、ワカサギ釣りの季節は終わりに近づいているようです。

あと何回行けるかなあ・・・。




スポンサーサイト



 
<-   03 2015  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS