FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

紋別港のチカ釣り

大型連休は激混みだろうからと釣りの予定はなく、その後は釣りのことも忘れていました。
ただ、サロマ湖のニシンやカレイ釣りは少しだけ頭にありました。

とあるつぶやきサイトに、紋別港でチカが爆釣!なんて記事を見てしまい、その中にはニシンも釣れていると書かれていました。
そこで色々調べた結果、まだ釣れていることがわかったので重い腰を上げることになりました。


さて、現地の海岸線4時過ぎです。

img2016-5-MonTika01.jpg

好天が約束されていましたが、気温は少し低めです。
心躍らせながら港へと向かいます。

こんな早朝から混雑はしていないだろうと思っていましたが、意外に空きスペースは見つかりません・・・。
それでも、巡視船の近くまで来るとそこからはずうっと空いています。

img2016-5-MonTika02.jpg

おびただしい竿の数ですね。
しかし、見る限り爆釣というほど釣れている様子はありませんね。
ポツポツ程度ですが、場所によっては針数かかっている人もいますね。

早速準備を始め、アミピュアに通して仕掛けを下ろします。

img2016-5-MonTika03.jpg

すぐに反応があり、勢いよく竿先が海面に向かって刺さり込みます。
チカのサイズは15~18cmくらいですが、ワカサギに慣れた私たちには1匹でも結構な引きです。

img2016-5-MonTika04.jpg

近くで25cmほどのニシンも数匹釣れていたようですが、私たちの竿にはチカサイズのニシンばかりでした。
翌日にニシンを狙った方が、キャストサビキで結構釣っていたようです・・・少し後悔・・。

晴れてはいましたが、背中からの風が向かい風になることもあり寒く感じました。
周囲の桜は満開ですが、海は特に寒いものです。
後から隣に小さい子連れの親子が入ってきましたが、子供は走りまわっているので海に落ちないか冷や冷やしました。
子供には、ライフジャケットを必ず着用させてほしいものです。
ただし、子供は着用を嫌がるかもしれなので、親が見本を示す必要はあるでしょう。

チカ釣りは、朝よりも8時過ぎてからの方が食いが良くなったかもしれません。

img2016-5-MonTika05.jpg

空を見上げると、太陽の周りに輪ができていました。

そして、あんなに混雑していた釣り人たちも9時を過ぎた頃から帰り始め、私たちも9時半には納竿とします。
片付けの時、100匹までは数えていましたが、その後は面倒になってやめてしまいました。
チカは抱卵物がほとんどで、お腹にはたっぷりの卵が入っていました。




スポンサーサイト



 
<-   05 2016  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS