FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

夫婦岩・二見興玉神社

パールファルコを出ると、予定では伊勢神宮でしたが、渋滞による遅れのために予定が変更されました。
効率的に回る為の変更で、予定していた行先に行けなくなる訳ではありません。
特に、この時期は日没が早いので、暗くなってしまうと観光ができません。

ということで、海の近くに着きました。
大きな土産物店のような建物でした。

img2017-11-23-12.jpg

全員が添乗員さんに続いてついて歩きます。

建物の中はショッピングモールのようで、そのほとんどが土産物店や飲食店でした。

img2017-11-23-13.jpg

意外に長い道で、店員さんが声を掛けてきますがひたすらみんなに続いて歩きます。

直進した道は左に曲がり、少し行くと出口でした。
外に出ると、車一台分くらいの細長い道が海岸線に続いていました。

img2017-11-23-14.jpg

歩いてきた道を振り返って見ました。

外は風がかなり強く、海の波は高そうです。

img2017-11-23-15.jpg

気が付くと、先頭の添乗員さんはずいぶん先に進んでいました。
何だか不思議な場所でした。

まだまだ先は見えず、どこまで続いているのかわかりませんでした。

img2017-11-23-16.jpg

夫婦岩というくらいですから、二つの岩が見えるはずです。

松の木の先に出ると、急に風が倍増した強さに変わりました。
海の波も嵐の中にいるようです。

img2017-11-23-17.jpg

そして、やっと見えた夫婦岩だったのです。

img2017-11-23-18.jpg

この鳥居からお参りするようです。
皆さん、風に飛ばされないように必死でした。

夫婦岩の沖合には猿田彦大神の興玉神石があり、神が寄りつく神聖な処と言われてきました。
夫婦岩は、この興玉神石と日の出を遥拝する鳥居とみなされています。
5~7月には夫婦岩の間から日の出を見ることができ、秋~冬には夫婦岩の間から満月を見ることができるそうです。

さらに奥に続いていました。
ここには二見興玉神社があり、猿田彦大神と宇迦御魂大神を祭神としています。

ここまで来ると風は弱くなり、さらに進むと別の出入り口がありました。

img2017-11-23-19.jpg

すでに団体はバラバラに分散されていて、集合時間までに戻るべく来た道を引き返します。


館内に入って、寒さから解放され一安心します。
ふと見ると、赤福がありました。

img2017-11-23-20.jpg

赤福餅は、日持ちしないのでお土産には不向きです。
以前京都で12~15個入りだったか?を購入して、横浜の結婚式に行く前に食べきってしまおうと胸焼けした記憶があります。

お店に寄ると、2個入りという丁度いい量のものもありました。

img2017-11-23-21.jpg

車内で頂こうと2個入りを購入しました。
こしあん好きな私には、最高の味でした。

ここにはシーパラダイスという水族館もあって、屯している水槽内にはトドがいるそうです。

img2017-11-23-22.jpg

曇っていた天気も、ようやく青空が見えてきました。

いよいよ伊勢神宮へとバスは向かうのでした。








スポンサーサイト



 
<-   12 2017  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS