FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

阿寒湖のワカサギ

阿寒湖のワカサギ釣りは、情報が少なくても適度に釣れるだろうと安心の釣り場となっています。
だたし、今回は土曜日なので駐車場も混雑が予想されました。

阿寒湖畔が近づいても明るくならず、コンビニで朝食を食べながら待ちました。

少しだけ明るくなったところで、阿寒湖上にある駐車場に移動しました。
すでに30台以上は停まっていて、湖上のテントには明かりが点いてカラフルです。

img2019-01-Akanko-10.jpg

更にここでも車内で待機しました。
というのも、キャップライトなどの照明器具を待ってきていなかったので、湖上に行っても何もできなかったからでした。

ようやく明るくなったところで、準備を始めます。

img2019-01-Akanko-11.jpg

先日降った大雪は30cmほどでしょうか?
お陰で、幅広くて歩きやすい重機による道がついていました。
ソリにワックスを塗ったばかりだったので、楽に移動できました。

やや奥の適当な場所で魚探サーチして、湖底に反応があったので即決です。

img2019-01-Akanko-12.jpg

しかし、準備が済んだ後の魚探にはワカサギの影はありません・・・。
まあ、いつもの阿寒湖マジックだろうから気にしません。

それでも、微かなアタリを拾うように一匹づつ釣り上げて行きました。

img2019-01-Akanko-13.jpg

型の好いワカサギも釣れるので、引き味は十分楽しめました。
それにしてもワカサギが少ないですね。

隣りで釣っていた4人組は、全員で一匹しか釣れていないから一匹4400円だぞ!などと言って移動を決めていました。

img2019-01-Akanko-14.jpg

釣れないときはおやつタイムです。
今回は奮発して「あまおう」を食べましたが、酸味が強くてイマイチでした。
それほど厳密な品質管理をしている訳ではないようです。

しばらくすると、魚探に撒き餌をたっぷり撒いたような映像が見られました。

img2019-01-Akanko-15.jpg

その直後には、初めてのダブルでワカサギが釣れます。
しかし長くは続かず、反応は消えました。

この魚探の濃い反応は何度かありました。

img2019-01-Akanko-16.jpg

Kさんはトリプルで釣れました。

集金係のいつもの方がやってきて、まだ40匹くらいしか釣れていないと言うと、それでも一番釣っているよと教えてくれました。
今シーズンは何か変で、釣れない日が多いとのことです。
喜んでいいのか悲しんでいいのかわからない情報ですが、せめて我が家のおかず位は釣らねばと思います。

img2019-01-Akanko-17.jpg

この日は曇り空だったので、雄阿寒岳は奇麗に見えませんでした。

img2019-01-Akanko-18.jpg

子連れの家族が多く賑わっていましたが、移動する人たちや帰ってしまう人も多く見られました。
釣れなければ、子供たちは飽きてしまいますからね。

img2019-01-Akanko-19.jpg

氷の厚さはすでに40cm以上はあり、手動ドリルではなかなか大変そうでした。

その後はさらに釣れなくなってしまい、お昼には片付けを始めました。

img2019-01-Akanko-20.jpg

片づけているときに、再び管理人の方がやって来て聞かれました。
全体的には私たちの周辺が一番釣れていて、他の場所は惨憺たる結果だと頭を悩ませていました。
釣れないから金返せと言われても困りますよね。

帰りも楽に駐車場に戻りました。

img2019-01-Akanko-21.jpg

スノーモービル乗り場も、この時間は暇そうでした。
でも、レンタル常設テントの駐車場は、かなり混雑していました。









スポンサーサイト



 
 

塩別温泉の食事セット

連休がとれたので、阿寒湖でワカサギ釣りをしてから川湯観光ホテルに宿泊をと予約していました。

しかし、その日に限って猛烈な低気圧が来る予報で敢無くキャンセルしました。
阿寒湖で釣りをするなら阿寒湖温泉に宿泊すればとお思いの方もいらっしゃると思いますが、川湯温泉の中でも川湯観光ホテルのお湯が一番好きなのです。
強い硫黄の香りと成分は、皮膚の角質をも溶かすほどといいます。
自宅に帰ってからも、二日くらいは硫黄の匂いが残っているほど強烈なのです。

と言うことで宿泊はなくなってしまいましたが、日を改めて出かけました。

img2019-01-Akanko-01.jpg

毎度おなじみの「塩別つるつる温泉」ですね。

そしてつるつる温泉と言えば、温泉と食事のセットで千円!
昼食時間だったので、食事から行きました。

img2019-01-Akanko-02.jpg

富士山を逆さまにした形のどんぶりに入った醤油ラーメンです。
このスープが実に平均的と言うか、・・・美味しいのです。

もう一品は、迷いに迷ってこちら・・。

img2019-01-Akanko-03.jpg

ロースジンギスカン定食です。
牛カルビ陶板焼き定食が何故か品切れだったので、我ながら突然に食べたくなったのでした。
こちらも陶板焼きではありますが、陶板なので野菜の水分がしみだしてしまい少し薄味になっていました。
でも、美味しかったですよ。

さらに今回は、スタンプが一杯になりまして・・・。

img2019-01-Akanko-06.jpg

千円分の利用券をいただきました。
忘れないうちに使おうと、留辺蘂の地酒「馬喰一代」の中瓶を買おうと試みましたが、残念ながら小瓶しかありませんでした。

食後に温泉に向かいました。

img2019-01-Akanko-04.jpg

いつも利用している100円を入れて使うロッカーですが、次回からは使う必要がなくなりました。
というのも、以前は脱衣かごだけだったのですが、脱衣所内に鍵付きのロッカーが新設されていたからです。

浴場に入ってみると、ほぼ貸し切り状態でした。
先客が二人いましたがほとんど動かなかったので、いないに等しかった訳なのです。

露天風呂に入っているとき、温度の測定をしに来た係の方に聞くと41.5℃とのことです。
意外にぬるく感じていましたが、そうでもないようですね。

img2019-01-Akanko-05.jpg

湯上りの休憩所も新しくなっていて、スリッパを脱いでくつろぐことができます。


この後通過する北見市内の清月に寄ってみようか、事前に電話で聞いてみました。
清月と言えば、カーリング女子のオリンピックで有名になった「赤いサイロ」です。
39号線沿いの支店は、何度か電話しましたが出ていただけません。
次いで本店ですが、本店では午前中には売り切れてしまうそうです。
そして、電話がつながらなかった支店の情報も教えていただきました。
支店では整理券を配布しているらしく、こちらは早い者勝ち。

うーん、赤いサイロはまだ食べることはできそうにないです。








 
 

つるや

旭川市、ラーメンの専門店「つるや」です。
この店の前を通るたびにいつも車が一杯なので、チャンスがあれば食べてみたかったラーメン店でした。

この日は土曜日でしたが、思い切って入ってみることにしました。

img2019-01-Tsuruya-01.jpg

店舗の道路を挟んで向かい側にある駐車場は、11時半過ぎでもすでに10台以上の車で、少し遅れていたら満車だったかもしれません。
左に見えている建物が、4条通りにある進藤病院です。

待つことを覚悟して、車を停めました。

img2019-01-Tsuruya-02.jpg

お店の前に車がなかったのは、歩道だったためでした。
外見からして、古い歴史のありそうな店です。

入口は2重引き戸になっていて、内側は自動ドアでした。
中に入ると、思ったほどは広くない店内に客がひしめいていました。

img2019-01-Tsuruya-05.jpg

私たちは待つことなく、小上がりの狭いテーブル席に案内されました。
狭いと言っても、テーブルが小さいだけで座る広さには余裕があります。

初めてなので人気のラーメンを聞くと、味噌野菜とのことです。
注文した後に、少し辛いですと教えてくれました。

img2019-01-Tsuruya-03.jpg

そして運ばれてきたのが、この見た目ベーシックな味噌野菜ラーメンです。
ピリッと少しだけ辛い、あのよし乃のような味でした。
野菜と言っても、もやしと玉ねぎですので実にシンプルでした。
チャーシューは柔らかくはありませんが、味がしっかりしみていて肉の臭みは全くありません。
うれしいことに、肉の厚さが一般的なラーメン店の倍くらいありました。

もう一品は醤油ラーメンです。

img2019-01-Tsuruya-04.jpg

この色と香り、そして一口スープを飲んで、懐かしい醤油ラーメンを想い出しました。
この味を求めて、再訪間違いなしですね。


ラーメンは好みの味に出会うのが難しく、だからこそこういう出会いがあって楽しいのです。








 
 

SAMA旭川店

旭川市南永山のウエスタン近くにある、このカレー屋さんが気になっていました。
場所がパチンコ店の駐車場にあり、20年以上もパチンコはしたことがない私には何故か敷居が高く感じていました。

数日前にこの店の口コミを見ていた時の一つに「スープカレーの基準としている・・・」そんな文が気になっていました。
最近は自分好みのスープカレーに会えないことから、そんな書き込みに惹かれてしまったのかもしれません。


この日は祝日だったので、混雑を覚悟して正午前に着きました。

img2019-01-SAMA-01.jpg

このオレンジ色に引き寄せられて来ましたが、外からは中は見えません。

右の入口から入ります。

img2019-01-SAMA-02.jpg

行列を意識した通路ですね。
ここなら、冬でも夏でも快適に待つことが出来そうです。

混雑はしていましたが、すぐに席に案内されました。

img2019-01-SAMA-03.jpg

この写真は、客が引いた時のものです。

メニューを見ると、好みのカレーを選び辛さを選択しご飯の量を決めるなど、自分好みのオーダーができます。
そうそう、「SAMA」とはインドネシア語で「~と一緒」という意味があるそうです。

テーブルはやや狭く、隣が近い感じでした。
混雑しているせいか注文取りもやや遅れ、水を持って来るのも時間を要していました。


30分以上待って、ようやくカレーが運ばれてきました。

img2019-01-SAMA-04.jpg

私が迷うことなく注文したのは、ココナッツスープのチキンベジタブルカレーです。
スープに深い味わいがあり、さらっとしていないのがいいです。
鶏足はほろほろと崩れる煮込んだものではなく、肉感しっかりのレッグというものです。
私は、柔らかく煮込んだものがいいですね。

もう一品はトマトソースのベジタブルカレーです。

img2019-01-SAMA-05.jpg

すでに食べ始めていたものを撮ったので、スプーンとフォークが写ってしまいました。
どちらも、ウズラの卵が2個ずつ入っていますね。
トマトとココナッツ、私はココナッツが好みでしたが、Kさんはトマトスープだそうです。

ライスの分量が選べて、具材がしっかり奇麗に配されていました。
久しぶりに好みのスープカレーでした。








 
 

初釣行は糠平湖

今年は湖の氷が薄く、解禁が遅れている釣り場が多くありました。
その一つが、今年の初釣行の糠平湖です。
5日に調査をしたところ氷の厚さが1cm足りなかったらしく、解禁日は8日に決まりました。


解禁日初日と言うことなので、湖岸迄は距離のある林間コースの足元が踏み固められてからの方が安心と読んでの遅い出発でした。

img2019-01-08-01.jpg

峠の頂上では、すっかり明るくなってきていました。
久しぶりのいい天気で、風も雪もなく穏やかでした。

いつも通り除雪ステーションでトイレ休憩して、ここを出る時にはライトは必要なくなっていました。
除雪ステーションの建物内に自販機が設置されていましたね。

正月休みから随分経った平日のせいか、駐車場も混雑はしていませんでした。
車内で朝ごはんを食べているうちに友人が到着したところで外に出ましたが、気温はマイナス20℃ほどと結構な寒さです。

img2019-01-08-02.jpg

今年は雪が少ないらしく、笹が見えていました。
朝日が顔を出し始めていたので、もう少しすると暖かくなることを期待しました。

img2019-01-08-03.jpg

倒木も多く、倒れやすい白樺が塞いだ道に切り落とされていました。
ソリの底が傷付くことを恐れながらも、初釣行のワクワク感を抑えきれずに進みました。

湖面が見えると、いつもと違う状態に驚きました。

img2019-01-08-04.jpg

テント村は形成されておらず、テントは散らばっていました。

img2019-01-08-05.jpg

しかも、湖面に雪がほとんどなく、スケートリンク状態です。
以前にも何度か雪が少ないことがありましたが、ここまで少ないのは初めてでした。

湖面には極寒の地らしく、フロストフラワーも見られました。

img2019-01-08-06.jpg

指差している小さいものが、周りのフロストフラワーのようにどんどん成長していきます。
もう少し接写すればよかったのでしょうが、顔が痛いくらいに寒くて余裕がありませんでした。

毎度おなじみの、湖底から浮き上がってきたガスが氷に閉じ込められていました。

img2019-01-08-07.jpg

このガスが大量に発生すると、氷が薄い危険な場所になります。
あちこちに入るな危険の目印に柵が立てられていますが、今年はそれが多いようでした。

最初の杭が立ててあるポイントを調べてみましたが、ワカサギは居なさそうです。
もう少し奥のいつも賑わうポイントまで行き再調査すると、微かな反応があるだけでした。
他のテントの方に伺ってみると、いくらか釣れているそうです。

img2019-01-08-08.jpg

寒かったし面倒だったせいもあり、この付近に設営を決めました。

氷の厚さは20cm程でしょうか?

img2019-01-08-09.jpg

実に不思議な色をしていました。
雪がほとんどないツルツルの氷上なので全てが安定していなくて、イスもテーブルも何となく落ち着きません。

それでもテントの中は幾分温かくて、3人の熱気とストーブで温まります。

img2019-01-08-10.jpg

ガソリンストーブ3台の強力な暖房が、やがてテント内を快適な空間へと誘います。
私の苦労をよそに、二人はささっとツ抜けしていましたが、なかなか私は苦戦しました。
老眼厳しく餌付けに苦労し、やっと来たアタリに上げるもワカサギはいなかったり、ガイドもラインも凍り付いてしまうなど大変でした。

糠平湖らしく、18mほどの湖底にべったりといった底釣りです。

img2019-01-08-11.jpg

ワカサギのサイズは爪楊枝ほどから15cmほどの大型までいましたが、10cmくらいがアベレージサイズでした。
反応の割にはなかなか乗せられない場面も多く、針を小さくして対応しました。

久しぶりのおしゃべりに花が咲き、ワカサギはイマイチでしたが楽しいひと時でした。

img2019-01-08-12.jpg

私の釣り座はこんな感じです。
ダイワのリールの電源が入らず、旧型シマノを使いました。
こちらは水が付きやすいラインで、初めのうちはガイドに凍り付いて扱いにくかったですね。

友人は新型の高級感あるシステムで、軽やかに釣っていましたね。

img2019-01-08-13.jpg

このリールは、大手メーカーの中では一番軽いそうです。

そしてKさんですが、こちらも旧型シマノです。

img2019-01-08-14.jpg

新しい方のリールは、底に着く前にラインが出きってしまったそうです。
昨年後半は、深くても阿寒湖だったので、ラインが短くなっていたことを忘れていました。

ひと段落したところで、Kさんに強い引きが・・・。
私のラインを巻き込みながら穴から引き上げました。

img2019-01-08-15.jpg

20cmちょっとのアメマスです。
写真を撮ってから、すぐにお帰りいただきました。

帰りがけに、同じようなアメマスが捨てられていましたが、アメマスだって生きています。
無駄に殺す必要など全くないはずで、帰してあげればいいのに・・・。

崩壊が進んでいると聞いたタウシュベツ橋梁を見てみました。

img2019-01-08-16.jpg

まだ、何とか形を保ててはいますが、いつまで見られるかはわかりません。
見渡す限り青空だった天気も、次第に山の方から曇ってきていました。

お昼前には、友人や近くで釣っていた知り合いが帰ってしまいました。

img2019-01-08-17.jpg

氷上のあちこちにひびが走り、どこからともなく割れる音が聞こえてきます。
慣れると気にならなくなりますが、時々近くで大きな音がする時はさすがに驚きます。

お昼前から魚影が消えてしまいましたが、移動するのも大変なのでそのままです。
近くにテントがなくなり、少し離れてミニテント村が形成されていました。

img2019-01-08-18.jpg

釣れる場所がはっきりせず、まだまだ手探り状態なのでしょう。

ワカサギは時々やって来ては釣れましたが、こうすれば釣れるという方法ははっきりしていました。
ただ、面倒なので時々しかしませんでした。
13時半には満足して納竿です。

img2019-01-08-19.jpg

重い荷物も、スケートリンク状態なので軽く牽くことができました。
ただし足元がつるつるなので、注意して歩かなければ簡単に転倒します。
靴底にセットするスパイクを持ってきていれば、ずいぶん楽だったでしょう。
湖上を歩くのがこんなに厳しいのも久しぶりでした。
お陰で、翌日は筋肉痛気味でした。

img2019-01-08-20.jpg

ここからはほとんどが上り坂です。
結構な運動になりました。


昨年よりは順調に回復した糠平湖でしたが、友人に頂いた分と二人分でも3桁釣れませんでした。
今後に期待ですね。











 
<-   01 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS