FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

Asian Bar RAMAI旭川春光店

以前から気になっていたアジアンカレーの店です。
本当は東光店に行こうと思っていましたが、何故かいつも閉店していました。

この旭川春光店というのは、メガドンキホーテ旭川店の2階にあります。
ゲームコーナーの横に目立たず存在していました。
以前は洋食店があった位置ですね。

今回は土曜日の正午過ぎだったし、どうかなと思いつつも入ってみました。

img2020-02-21-01.jpg

一人だったのですが、他の席が空いていないのかボックス席に案内されました。
やや薄暗くて、メニューの文字が見えません。
細かい文字は、接客のお姉さんがいなくなった隙にスマホのライトで照らして確認しました(笑)。
写真では明るく写っていますが、結構薄暗かったのでした。

img2020-02-21-02.jpg

隣の席は幾分明るそうです。
私としては、窓際の外が見える席がいいと思います。

さて、カレーが運ばれてきました。

img2020-02-21-03.jpg

なかなかボリュームがあります。
野菜もたっぷり入っていますが、これはポークカレーです。
この中に、たっぷりの柔らかく煮込まれた分厚い肉が隠れていました。

ただ残念なことに、レンコンが冷凍なのかもっさりしていました。
3番の中辛にしてみましたが、思ったよりも辛くはありませんでした。


特筆すべきは、口コミでも評判の接客で噂に違わず素晴らしいものでした。






スポンサーサイト



 
 

味処あづま

流氷祭りを楽しみお腹も空いてきたので、今回はいつもとは違うお店に向かいました。
グルメ情報では何度も見たことのある有名店ではありますが、今一つ行ってみたい気持ちが起きなかったのでした。

食わず嫌いではありませんが、何事も試してみなければわかりません。

紋別市の中心部で、港にも近い国道の近くにありました。
駐車場は広く、15台くらいは楽に停められそうでした。

暖簾をくぐるとこじんまりとした店内で、カウンターに座るように促されました。
やや気難しそうな店主と、白い布を被った女性店員さんが忙しそうに動いていました。
注文をしてから待つ間にも、数組の客が入ってきて名物らしきふぐ料理を注文しますが「ねぇ」とか「ない」と、雑に答えていました。
こんな言葉遣いをするからには、常連客でしょうか?

そうこうしているうちに海鮮丼がやってきました。

img2020-02-10-31.jpg

ご飯を少なめにと注文したのでボリューム感は欠けますが、価格的には充分な量です。

img2020-02-10-30.jpg

付け醤油はなく、最初からネタにかかっていました。
正直に言いますと、600円の価格通りの海鮮丼ですね。
ネタは小さく、新鮮さも豪華さもありません。

もう一品は少し豪華な刺身定食です。

img2020-02-10-32.jpg

刺身のクオリティは海鮮丼と同じで、マグロと牡蠣に至っては半分凍っていました。
こちらは1100円ですが、イワシの煮魚と野菜サラダにコロッケのような揚げ物が付いていました。
ご飯を少なくと頼んでいましたが、もしかするとこれでも少ないのかもしれません。


もうお邪魔することはないかと思いますが、女性従業員の方々は愛想が良かったので、何とか救われました。






 
 

紋別流氷まつり2020

今シーズン初のワカサギ釣りですが、気付いた時には2月です。
なかなかチャンスにも恵まれず、ようやくやってきた釣り休暇を楽しめそうでした。

ここのところ評判の良かった網走湖の女満別会場に決めていましたが、予報では強風+雪という低気圧の接近です。
他にないかと思いついたのが阿寒湖ですが、ここは昨年から釣果が思わしくないようでした。
しかし、絶景と釣りの雰囲気、更には観光なども楽しめるということで、つるつる温泉を出る頃までにはほぼ阿寒を目指そうと考えていました。
北見の手前で最終判断をすると、阿寒も網走も強風は大きく違わなかったので、釣れている網走にしました。



翌朝になっても昨夜からの強風が止むことはなく、脳裏をかすめたのは金山湖が釣れていたことでした。
しかし、ここから行くにはあまりにも遠すぎました。
そこで、目的を釣りから観光へとスイッチしました。

網走では流氷は接岸していなかったので、紋別方面へ向かいました。
能取湖を過ぎると右手に流氷が見えていて、遥か沖まで真っ白になっていました。

img2020-02-10-01.jpg

常呂漁港に寄り道しました。
港内は海面すべてが凍り付いていて、全ての漁船が陸揚げされていました。

img2020-02-10-02.jpg

漁港の建物が工事中で、強風の中でも作業をしている方々が見えました。
しばらく来ないうちに、漁協の施設が増えていました。

img2020-02-10-03.jpg

以前は海だった場所にも漁協の建物です。
海には流氷が流れ着いていて晴れ間も見えましたが、風速10mほどもあるので車外に出ることすら憚られます。

オホーツク海から離れ、サロマ湖の湖岸を走ります。

ポツンとある、道の駅サロマ湖です。

img2020-02-10-04.jpg

トイレタイムに寄ってみると、客が私たちだけでした。
それでもすぐに一般客が数人入ってきて、私たちも落ち着いて店内を見て歩けました。

img2020-02-10-05.jpg

マスクをしていなかったと思いましたが、客は少ないので大丈夫でしょう。

img2020-02-10-06.jpg

外は寒いですが、店内は温かいのでソフトクリームを食べました。
良心的な250円です。
一人では多いので、二人で丁度良い量です。

サロマを過ぎて湧別町のチューリップ公園付近を通過して、オホーツク海を右手に走ります。
風はまだまだ強かったので、ここで完全にワカサギ釣りは諦めることになりました。
目指すは紋別市の流氷まつりです。

平日なので空いているだろうと会場横の駐車場に行きましたが、空きはなくて広い公園側の駐車場に停めました。

img2020-02-10-10.jpg

平日でもそれなりに観光客がいるので、人気がある祭りなのでしょう。
外国人観光客も大型バスで到着していました。
会場は、写真中央のガリンコステーション奥の駐車場です。

メイン氷像が沖縄の首里城でした。

img2020-02-10-11.jpg

氷だけで造ったとは思えない大きさで、随分前に近くの池に張った氷を切り出して造っているというニュースを見たことがありました。

img2020-02-10-12.jpg

よーく見ると、木の枝も一緒に切り出されて入っている氷もありました。
氷を削った間に雪を埋めて表現された、欄間風の彫刻もいい味出していました。

会場内には数基の滑り台があり、その中でも一番大きな滑り台を滑ってみました。

img2020-02-10-13.jpg

すべて氷なので、足元に気を付けながら階段を上り、上に立ってみると滑り出すには勇気が必要でした。
お尻が痛くならないように靴底で滑ろうかと思っていましたが、ツルツルの表面だったのでそれは不可能でした。
手袋を忘れたのでポケットに手を入れて滑ります・・・・・結構なスピードでした。
最後に雪があるのでそこで止まりますが、靴底で舞い上がった雪が顔面を襲います。
童心に返って楽しんでしまい、2回滑ってしまいます。

img2020-02-10-14.jpg

滑り台の上からは港内がよく見えます。
港内も凍っていましたが、ガリンコ号が動き回るせいか海側は海面が見えていました。

img2020-02-10-15.jpg

寒いので長い時間はいられませんが、十分楽しむことができました。

隣りには暖房があるプレハブの休憩所もあり、そこで一休みしました。

img2020-02-10-16.jpg

オレンジ色のテントの露店が立っていて、平日のせいか5分の3くらいの店は閉じていました。

img2020-02-10-17.jpg

海産物からお土産品、飲食店がありました。
お祭りの出店のようなおもちゃの店も出店しています。

img2020-02-10-18.jpg

魚が新鮮で安かったので買ってきました。

img2020-02-10-19.jpg

どの魚も臭味がなくて美味しかったですね。
箱で買っている人がいましたが、なるほど納得でした。





 
 

旭川冬まつり2020

ラーメンを食べてから、ロータリーに向かって市立図書館の横を通って石狩川河川敷へ向かいます。

会場が近づくと露天商が立ち並ぶ一角を通り、その先にはメイン雪像が見えてきました。

img2020-02-08-10.jpg

時間は正午少し前で、公開ラジオ放送の収録時間が近づいていました。

正面のステージを中心に、取り囲むように人混みが増えてきていました。

img2020-02-08-11.jpg

大雪像の中心は、旭川市のメインキャラクターあさっぴーですね。
前夜のテレビ放送で、この雪像を作った自衛隊の指揮者とその後継者が出演していたので、その思いを強く感じながら見ることができました。

少しすると、大音量の音楽とともにHBCのアナウンサーが登場しました。

img2020-02-08-12.jpg

これから始まる放送についての説明が始まり、その後長いコマーシャルの後に旭川出身という女性シンガーが登場しました。
持ち歌が少ないのか、他の歌手の曲も歌っていました。

まだまだ見たい芸能人は先のようなので、会場を見て歩くことにしました。

img2020-02-08-13.jpg

こんな、初めて見るゆるキャラもいました。
猫でしょうか?そしてどこの何なのか不明でした?

滑り台付きの雪像が5基ほどありました。

img2020-02-08-14.jpg

その中の一つ、昔話風のチコちゃんと言ったらいいでしょうか?
子供は滑り台が好きですね。
まあ、大人でも好きですが・・・。

メイン雪像と一体の大きな滑り台の方に向かうと・・。

img2020-02-08-15.jpg

旭橋の方向には、スノーモービルで牽かれるソリのアクティビティもあるようです。

例年はステージの近くまで上ることができたのですが、今回は滑り台の人のみのようです。

img2020-02-08-16.jpg

この滑り台は結構な速度が楽しめそうです。

次に、メイン雪像を少し高い位置から見られる遊歩道を歩きました。

img2020-02-08-17.jpg

花を透明な氷漬けにしたオブジェが5基ほどあり、これはどれもきれいでした。

イスラム教の礼拝所も用意されていたり、雪壁に笹屋根のかまくらもありました。
メインステージでは歌謡ショーが続いていましたが、次にその奥の体験イベントや飲食店のコーナーがある方に向かいます。

働く機械を体験操縦したり、10人ほども載せて15mくらいの高さまで上昇する高所作業車など無料体験できます。
飲食店街を歩いていると、Kさんがアップルパイの店を見つけました。

img2020-02-08-19.jpg

美味しそうだったので、普通のアップルパイとカスタードのアップルパイを買いました。
後で知ったことですが、このパイは増毛のフルーツラボという一度食べたことのあるお店でした。
カスタードは、リンゴがジャム状のペーストなのが少し残念でした。

そろそろどうかなと、再びステージに向かいました。

img2020-02-08-20.jpg

出演者たちが集合して、まだまだ続いていました。

次の出演者になりましたが、アイドルグループのような5人組の若い男性たちが歌い始めたところで、この日はマイナス10℃近くもあった寒さのため、最後の出演者であろう「りんごちゃん」までは待てずに帰ることを決断しました。

img2020-02-08-21.jpg

後でニュースで聞いたところ、5曲も歌ったらしく大盛況だったそうです。
風邪ひいたら大変だし、まあ仕方がないでしょう。





                      2020/02/08


 
 

ラーメンの蜂屋5条創業店

旭川冬まつりは昨年も来ていましたが、お昼過ぎになると一斉に混雑してしまうので、今回は先に食事を済ませてから見に行くことにしました。

何十年も前に、旭川駅地下のステーションデパートにあった頃に一度だけ食べたことのあるラーメンの蜂屋です。

img2020-02-08-01.jpg

買物公園のすぐ隣、5条の飲食店街の中にその店はありました。
旭川と言えば新子焼きで、有名店の「ぎんねこ」も見えていました。

そのもう少し奥に「ラーメンの蜂屋5条創業店」入口がありました。

img2020-02-08-02.jpg

入口は2カ所あり、こちらは5条通り側の入口の外観です。

店に入ると空いていて、まだまだ余裕がありました。

img2020-02-08-03.jpg

壁には、これまで見たことがないほどたくさんの色紙が貼られています。
注文をして待っている間に客は増えはじめ、あっという間に半分ほどの席が埋まってしまいました。

駅地下の店舗の印象は「臭い」だったのですが、このお店はそんなことはありませんでした。

img2020-02-08-04.jpg

そうこうしているうちに、白ネギ醤油ラーメンが運ばれてきました。
チャーシューは超薄切りですが、味はいいです。
超薄切りが2枚なので、すぐになくなってしまいます。
お味の方はと言うと・・・・・うーん、不味いです。
スープに浮いている、ざらっとした干し魚の粉が臭くて不味さを増幅させていました。
久しぶりに大外れの、私には合わないラーメンに出会ってしまいました。
白ネギというだけで900円もしますが、こんな少なくて?
しかも、普通の輪切りのねぎも入っているのが不釣り合いでした。

img2020-02-08-05.jpg

こちらのメンマラーメンはいくらかマイルドではありましたが、ベースが同じなので美味しいはずはありませんね。

壁に貼られた有名人たちの色紙を見て、皆さん本当に食べてみてどうだったのか?知りたい気持ちでした。
グルメレポートであれば、2~3口食べて残りはスタッフがというパターンなのでいいでしょうが、全部食べるのはきついですよね。
もちろん、美味しく感じる人も沢山いるはずです。

臭味が強い系ラーメンなら、ぜひ深川の身欠きにしんラーメンを食べ比べてほしいですね。


これはあくまでも個人の感じ方ですので、蜂屋ファンの方は聞き流してくださいね。
ラーメンって難しいですね。









 
<-   02 2020  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS