FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

ワカサギ新年初釣行

昨年は正月2日から阿寒湖に出かけていましたが、今年は2日は仕事が入っていたので遠征はありませんでした。
以前は楽しみにしていた秀岳荘の初売りですが、年々並ぶ人が多くなってきたので買わないことにしました。
モンベルの福袋も、在庫調整が上手になっているのか、通信版売品の福袋はないようです。

初釣行は遠くには出かけず、近場で道具の使い勝手を確認するのが目的でした。
それと、友人とのおしゃべりが一番だったかもしれません。

少しだけ早めに起きてみました。
この日は雪は全く積もっておらず、その分気温は低かったですね。
大雪湖付近でマイナス16℃ほどなので、前回よりはかなり下がっていました。

大雪湖を過ぎた付近から積雪や吹き溜まりもあり、さすがは極寒地帯です。

三国峠を越える頃には、東の空が明るくなり始めていました。
待ち合わせの時間まではまだ早かったので、除雪ステーションで朝食を食べます。

img2018-1-4-01.jpg

高い山ほど明るくなっていて、出発する頃にはライトが必要ないくらいに明けていました。

除雪ステーションからは5分ほどで、糠平湖の方から朝焼けが見え始めます。

img2018-1-4-02.jpg

早起きをしたものだけが観ることのできる、刻々と変化する最高の景色です。

やがて五の沢に向かう直線に入ると、遠く五の沢駐車帯にはたくさんの車が見えてきます。

img2018-1-4-03.jpg

明けてまだ4日目なので、車の数は多かったですね。
前日は雪が降ったのか林道は圧雪状態で、踏み固められた道がとても歩きやすかったです。

林を抜けて凍った湖面が見渡せる場所では、すでにたくさんのテントが見えていました。

img2018-1-4-04.jpg

流れ込み際なので、この部分は表面がスケートリンク状態でした。
その流れ込みに目を移すと、キノコ氷の写真を撮っている人がいました。

img2018-1-4-05.jpg

前回、この上の場所で長靴に水が入っていた人がいた近くです。

振り返って、来た道の方に目を移します。

img2018-1-4-06.jpg

丸い月が、太陽と入れ替わるところでした。
この月は大雪湖付近から見えていて、雪は降っているのに月だけは見えていたのでした。

氷上にはフロストフラワーって言うんでしたっけ、霜の花が咲いていました。
日が昇ると、キラキラ輝いて奇麗だと思います。

今回は昼前までということで、ポイントは対岸の方が良さそうでしたが、湖の中央付近にしました。
いくつか調査をして決めます。
結果的にはいいラインだったそうですが、なかなか苦戦を強いられることになりました。

img2018-1-4-07.jpg

今回は友人のテントにお邪魔します。
新兵器の魚探は知っていましたが、電動リールは気付きませんでした。
アピールされて初めて知ったのですが、意外と人の道具って見ないものなんですね。

img2018-1-4-08.jpg

始めようとすると、いきなりトラブル発生!
どういう訳か突然にゼロセットされてしまい、巻き上げができなくなってしまいました。
止む無く、19mを手で巻き上げました。
スプールが小さいので大変でした。
出遅れてしまいまして、早くも10匹以上の差がついてしまいます。

魚の反応はありましたが、針掛かりしません。
今回は小さい針は使わず2号で大きいワカサギをと思っていたのが良くなかったか、竿先にも頻繁に反応がでていたのに掛かりません。
仕掛けを交換すれば良かったのですが、結局短時間なのでおしゃべりの方に楽しみを移しました。

こんな外道も顔を見せてくれました。

img2018-1-4-12.jpg

サクラマスですね。
釣ったのは友人でした。
最後は仕掛けを切って逃げてしまいましたが・・・。

img2018-1-4-09.jpg

外に出ると最高の天気でした。
風はほとんどなく、気温は低めでしたが寒くはありません。
しかし、朝のうち近くにあったテントはどこかへ移動してしまったようです。

img2018-1-4-10.jpg

共同募金の羽のような形をした雲もありました。
朝方は飛行機雲もみられ、毎回違う糠平らしい大自然の下での釣りは気分がいいです。

午前中には納竿し、まだまだ賑やかな釣り場を後にしました。


帰り道、前回紹介できなかった原始林の倒木の動画から切り出しました。

img2018-1-4-11.jpg

ガイドセンターの河田さんに聞いた話では、昨年4回の強風で倒されたそうです。
風の力って凄まじいですね。
国道から見える範囲だけでも数百本は倒れているので、その数は計り知れません。


ワカサギ釣りの記事なのに、ワカサギの写真が一枚もありませんでした。





関連記事
スポンサーサイト

 
 
Comments

 
<-   12 2018  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・アキアジ(鮭)・ワカサギ・カレイ・チカ釣りの他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS