FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

ブリは諦めホッケ狙い・・

天気は晴れの予報でしたが、朝のうちは曇っていました。
しかし波の心配はなく、予定通り出港しました。

img2018-9-15-20.jpg

沖に出てみると多少の波はありましたが、これくらいなら私でも酔わない程度です。

ポイントに着いて期待してジグを振りますが、反応はフグばかりです。
周りの船を見ても、タモが動く姿は確認できません。

何カ所かポイントを変えて船長さん頑張りましたが、早々に諦めることになりました。

img2018-9-15-21.jpg

次はやや深場のホッケポイントを目指します。

しかし、船の動きに合わせるようにイルカの大群があちらこちらに見えます。
船長さんはガッカリしつつも、とりあえず仕掛けを下ろすことにしました。

そして・・・予想通り全く反応がないばかりか、いないはずのフグが釣れてきました。

ホッケは諦めて、次のもう少し深いポイントに向かうことになりました。

ポイントに着いて重めのジグを下ろしますが、底を取れるのは一回きりでどんどん流されてしまいます。
潮が複雑で速く、止む無く船長さんから重いジグを貸していただきました。
深さは120mほどなので、なんとか手巻きで対応できそうでした。

着底して、底をキープするようにジグを泳がせると、何度目かにグッと重くなりました。
グイグイと引く魚の手ごたえが、ずっしりと伝わってきました。
ジグだけでも重いのに魚がプラスされるので、思った以上にロッドが曲がって心配でした。
スピニングリールなので、ゴリ巻きはなるべくしないように気を使います。

海底から上がってきた白いお腹の魚は、やはりタラでした。

img2018-9-15-22.jpg

5kgちょっとの美味しそうなタラにホッと一息でした。

夏のタラは真ダチやタラコが入っていない分、身に美味しさがあります。
肝に味噌を合えて鍋で食べましたが、これは絶品でした。

ということで、マダラ釣りを楽しみます。

img2018-9-15-23.jpg

小さいのはリリースして、型の好いものをキープといっても、マダラを大量に持ち帰っても大変です。
程ほどに釣れたところで、いい時間になりました。

遠いので、帰りは横になって過ごしました。

img2018-9-15-24.jpg

すっかり青空になって暑いくらいでしたが、風は冷たく感じました。
秋ですね。


もうアキアジ釣りをしていた方が良さそうです。
今年は、ブリの引きを味わえずに終了ですね。





関連記事
スポンサーサイト

 
 
Comments

 
<-   12 2018  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・アキアジ(鮭)・ワカサギ・カレイ・チカ釣りの他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS