FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

はこだて明治館

■5月23日の4

赤レンガ倉庫群の海とは反対側に「はこだて明治館」があったのですが、探しているときは見つからず、偶然寄ってみようかと入った建物が明治館だったのでした。

img2019-05-23-61.jpg

中に入ると、赤レンガ館と大きな違いはなく、並んでいるものはガラス製品やオルゴールが主な商品でした。

中央に古いオルゴールがあり、それを囲むように売店や飲食のスペースがありました。

img2019-05-23-62.jpg

中央は吹き抜けになっていて、2階にもオルゴールを囲むようにお店や展示コーナーがありました。
その規模には少し拍子抜けしましたが、気になっていた明治館を知ることができたので満足でした。
展示スペースの中には、著名人のテディベアの展示コーナーがあり、写真撮影が禁止だったので誰だったか忘れましたが、たくさんの著名人の名前がありました。

拍子抜けしたと書きましたが、実はこの後貴重な体験をすることになります。
館内放送が流れ、14時からクラシックオルゴールの視聴会があることを知りました。
せっかくなので、この機会に最前列で聴いてみることにしました。

img2019-05-23-64.jpg

係の女性が詳しく解説しながら中央の大型のオルゴールの円盤を見せて鳴らします。
柱時計のようにも見えますが、複雑で美しい音色が響きました。
このオルゴールは、製造国(ドイツ?)の博物館に展示されているレベルのもので、その国の人が演奏をここで聴いて感激していたそうです。
現地では、博物館にあるほどの貴重品なので演奏されることはないそうです。

何曲か演奏した後、次は目の前にあった移動式の2台も聴くことができました。

img2019-05-23-63.jpg

ハンドルを手回しすることで空気を送って鳴らすオルガンです。

img2019-05-23-63a.jpg

もちろん自動演奏なので、穴の開いた紙のようなものが入っていて、これによって音の長さと高さの調整がされていました。
最後に、希望者はハンドルを回していいとのことで、さっそく挑戦させていただきました。
意外にピッチが速く、サクラマスのジグのリーリング位でしょうか?
重さがあるので、結構疲れます。

この女性は流暢なドイツ語を操り、一見するとただのおばちゃんでしたが、なかなか人は見かけによりません。
とてもいい音楽を聴き、面白い歴史を聞くことができました。

最後に、一番奥にあったオルゴール店に入ってみました。
そして気になったのが福袋でした。

img2019-05-23-65.jpg

最近は福袋熱がすっかり冷めていましたが、気になってしまったので買ってしまいました。

帰宅してから中身を確認しました。

img2019-05-23-66.jpg

白いピエロは本体が回転するオルゴールでした。
多分これが一番高価でしょうね。
左のライムグリーンぽい四角い箱もオルゴールで、ムーミンのスナフキンでした。
その後方の棒状のものは万華鏡で、写すものをそのまま万華に変えます。
一番前のキーリングのようなものは、ダッフィーを象っているのか定かではありませんが、キラキラきれいです。
右のハートのスケルトンはオルゴールで、小さくてもきれいな音色でよく響きます。
最後に、福袋に付いていた赤いキャラクター人形は、明治館のポストマンというそうです。

この福袋、私たちには当たりでした。





関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   10 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS