FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

7月20日 カレイ釣り大会

毎年恒例となりつつある海の日釣り大会に、昨年もご一緒したシーバスさんは奥様連れで、キッシーさんは初参加となります。
能取湖は波が全くなかったのですが、昨日から降り続いていた霧雨が時々降っていました。


                           漁港方面
集合場所は能取港。
乗船する船の近くに車を停めて、乗船して準備万端整ったところで出航を待ちます。



全員揃ったところで港を離れ、幅20mほどの船道をゆっくりと進みはじめると釣りへの期待が膨らんできます。



10分程度でしょうか釣り場に着くと、生憎の天気のために好い景色とはいえませんがやる気が出てきました。
パラシュートアンカーを流し終えると、船頭さんから釣り開始の声がかかります。
深さは12mほどで、昨年の3mとは違って釣りには丁度良い深さです。



始めはアタリがなかったのですが、やがて心地好いブルブルっとくるカレイ独特のアタリにアワセを入れると、身の厚いクロガシラが釣れてきました。
今回は24cm以上をキープと決めてスケールを用意していましたので初めの数枚はリリースでしたが、すぐに型の良いクロガシラやマガレイが釣れ始めました。
30cmほどの大物が釣れると船内に歓声が上がり、船釣り独特の雰囲気が漂います。



開始早々、キッシーさんに大物の手ごたえ・・・カメラを片手に待っていると、30cmを超えるクロガシラが2枚とマガレイのトリプルヒットでした。
キッシーさんの幸先の良いスタートはうらやましくもありましたが、この日はみんなが大物を釣ることができて良い船頭さんに恵まれたようです。
身の厚いクロガシラが30cmを超えると手ごたえがまるで違い、みなさん満面の笑顔で釣りを楽しんでいました。



もちろん外道も色々釣れました。
多い順にスナガレイ、コマイ、カジカ、ホッケ、ウグイ、ヒトデ、アブラコ、カワガレイを私達5人で手分けして釣り上げました。
私はアブラコ、ウグイ、ヒトデ以外は釣っていますので、うれしくはありませんが7種類達成です。



パラシュートアンカーを使っていましたので、ポイントを数回流して釣れなくなったところで場所移動すると、再び釣果が上がるといった繰り返しでした。
エサは新鮮なホタテのミミが無料で箱一杯に用意してありましたのでこれだけを使いました。
エサ持ちが良く、昨年はイソメと比べても変わらない釣果がありましたので、今年はイソメを持ってきていませんでした。



湖上は全くといってよいほど揺れはなく、酔い止めは必要なかったのではと思ってしまったほどでした。
しかし気温は低くて16℃程度だったし、時々霧雨も降っていましたので夏とは思えない天気でした。



楽しい時間はあっという間に過ぎて、11時に納竿となりました。
漁港に戻り、各自クーラーボックスから重そうなカレイを5枚選んで、その重さを量ってもらいエントリーします。
30cm以上を10枚以上揃えたKさんは別として、私とキッシーさんの小さな対決になりましたが、200gほどの差で私の負けでした。
Kさんは私達よりも1kg以上は重かったのですが、更に数人がその上を行っていましたので最後まで結果を聞かずに会場を後にしました。

今回は昨年と違ってマガレイも多く、サイズは明らかに大きなものが多かったのは、やはり船釣りは船頭さん次第ということでしょうね。
来年も良い船頭さんに当って、入賞を狙ってみたいものだと釣り大会の余韻に浸っています。






関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   10 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS