FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

2007年4月29日 連休の小旅行(2日目)

早く寝てしまったせいか5時前に目覚めてしまい、外へ出てみると丁度朝日が昇るところでした。
洞爺湖中島から顔を少し出した朝日は幻想的で美しく、夢中になってシャッターを切るうちにすっかり冷えてしまうほどでした。



キャンプ場を出発して、小高いキャンプ場が見下ろせる場所で写真を撮ろうとしたところ、近所のおばあさんが畑仕事をしていました。
野菜の他にサクランボやプラムなどの栽培もしているそうで、しばらくお話をしながら山頂のウインザーホテル(サミットの会場)や湖を眺めていました。
暖かくて気候の良いこの地は、北海道のなかで人気の住んでみたい場所のひとつらしいです。



次の目的地は森町になりますので、開通したばかりの道を走って噴火湾側に出て、国道と高速道路を利用しました。
森町赤井川にある「ケルン」は知る人ぞ知るステーキの人気店ですので、昼食時でも2時間待ちは当たり前なので、今回は開店の11時半前に受付を済ませようと思っていました。
しかし、すでに駐車場は満車!33番目の受付となってしまいました・・・。


                            駒ケ岳

車内で待っていると、次々に入ってくる車のほとんどがすぐに出て行きます。たぶん待ち時間を聞いて諦めてしまうのでしょう。
予定時間の12時半過ぎに店内へ入りましたが、待合所は立って待っている人でごった返しています。ようやく席に着いたのは13時過ぎでしたが、予めメニューを知らせてありますのでさほど時間はかからずに飲物とスープが運ばれてきました。
ここのコーンスープは、一度飲むと病みつきになるほど濃厚で美味しいのです。
ステーキは普通の塩コショウベースと味噌味を注文していて二人で両方を楽しみましたが、黒毛和牛の味や歯ごたえが他では味わえない絶妙な食感でした。
結局、店を出たのは14時過ぎとなってしまいました。



函館市内に入る前に七飯町のスーパー「魚長」でキャンプの食材を買い、函館市内を抜けて戸井町へ向かいました。
函館オートキャンプ場は混雑が予想されますし、温泉はありませんので、ここから10分ほど先のキャンプ場にしました。


                         七飯町の松並木

トーパスビレッジムーイは、隣に温泉施設がある静かなキャンプ場ですが、この日は連休にもかかわらずキャンプ場の利用者が私達のほかには一組だけでした。
テントの設営時には強い風が吹いていましたが、意外に暖かく感じました。でも、この日の夕食は鍋です。
キャンプに不釣合いな鍋料理でしたが、ワインを片手に静かなサイトでの夕食を楽しむことができました。

夕食の後は、温泉が待っています。地元の人ばかりの中にお邪魔して館内へ入ってみると、お湯の温度が熱すぎて入るのは勇気が必要な位でした。
少々塩素臭い湯でしたが、芯から暖まることができました。
近くを流れる原木川は秋にはサケが遡上する清流で、キャンプサイトにはつり橋を渡って行きます。



月夜のサイトは薄明るくて懐中電灯も必要ないほどで、原木川の流れるせせらぎを聞きながら一杯やって少々飲みすぎたせいもあり、21時には床につきました。


                         炊事棟とトイレ


                         本当に静かでした


関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   11 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS