FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

オホーツクへ

例年であれば釣れ始めているはずのオホーツクでしたが、今年は少し違っていました。
今回は昨日の夕方にほとんど釣れていない状況の中、見事に銀ピカアキアジを釣ったと言うメガ弟さんが同行します。
駐車場は最盛期と比べると少ないですが、それでも早い時間帯から次々と釣り場に向かう人たちがいました。
私達も釣り場へ向かうと、予想どおり暗い中でもルミカを光らせて釣りをしていました。



今回はその中には入らず、少し離れた場所で待機して夜明けを待ちました。
隣の人にヒットしたので私達もキャストを始めますが、全くアタリはありませんし他の人にも釣れる様子はほとんどありません。



ルミカ軍団は次第に河口近くの群に近づいて行って、気がつくと砂浜から15m以上進み腰まで水に浸かって釣りをしています。
朝日が昇り完全に明るくなっても釣れていたのは数本で、ようやく私達の左でも釣れたと思ったら・・・マスでした。



イスに座ってのんびりして時々キャスト、程度の釣る気なしと言うよりも釣れる気配なし、の砂浜でおしゃべりをしていたところにレガオさんが現れました。
別の場所には師匠が入釣していたのですが、レガオさんもそこで釣っていたものの釣れなくなったので私達の様子を見に来たそうです。
師匠は浜一で一本釣っていたのですが、その後が続かず全体のアタリも止まったそうで、私達の釣り場よりは少しだけ釣れていたようです。
しばらくは久しぶりにおしゃべりを楽しみ、レガオさんが帰ってから納竿しました。



朝食を一緒に食べた後は埠頭で仮眠して、別の釣り場にいた師匠と一緒に昼食を食べてから、午後の部の始まりです。
気温は24℃程度ですが日差しが強く、釣り場も釣れていなかったので全体でも5人程度しかいません。



16時まで続けましたが、近くで一本だけバラシを見ただけでアキアジはいませんでした。
釣り人はどんどん増えて賑わってきていましたが海は静かで、その後も厳しい状況だったようです。



汗ばんだ体を洗い流し温泉に浸かって、夕暮れの網走湖を見ながら帰ってきました。
久しぶりのオホーツクはタイミングが悪く2回もボウズ食らった気分ですが、慣れた場所で釣りをすることができてひとまず満足でした。





関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   08 2021  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS