FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

2007年4月30日 連休の小旅行(最終日)

最終日の朝はもちろん早起きして、6時過ぎには近くを散策、原木川にも降り立ちました。
釣り道具は持ってきていましたがライズが全く見られず、ドライフライしか持ち合わせはなかったので釣りはしませんでした。



場内のコテージは円形の中心に池があって、近代的な美術館のようです。
宿泊客が5組ほどいるようですが、早朝のせいか静かでした。


                         管理棟横の温泉

温泉も管理棟もすでに10年近く経っている割には、近代的な建物のせいか前回ここに来た時のままでした。
管理棟は、24時間態勢でキャンパーに対応してくれるのは安心ですね。


                         管理棟

この日は長距離を自宅まで走らなければならないので、朝食を早めに済ませて出発しました。


                         海岸線の風景

途中にあった、海岸沿いの鉄道跡は見応えがありました。かつては函館からの列車が頭上を走っていたんですね。



函館市内の石川啄木の記念館近くの釣具店に寄ってから、函館山に向かいました。
函館山は日中はマイカーで山頂に降り立つことができるのです。
ロープウェイ乗り場付近から入って行くと、すぐに松並木の細い曲がりくねった登山道路です。
3合目付近から下を見下ろすと、怖いくらいに高い所にいることに気付くほど絶景が広がってきて、道はどんどん上へと続いていきます。
急カーブが連続して、その間にも右に左に函館市内や津軽海峡が見えて驚きの連続でした。
僅か10分ほどだったでしょうか、山頂に着きました。



山頂のやや斜めになった駐車場に車を停めて、広いテレビ各局の中継所の下にある広場から函館山のパノラマ絶景が広がっていました。
何度見ても、素晴らしい!の一言ですね。
夜景も美しいですが、日中に来ると函館港や立待岬、遠くは湯の川温泉から恵山、津軽海峡から青森まで見渡せるのです。
10分間隔で運行しているロープウエイが眼下に見下ろせる展望台は、風が強くて長い時間留まることはできませんでしたが、館内の函館案内の映画館で10分ほどの映画を見て、上演が終ったスクリーンが開いたガラス越しの函館市内の景色もなかなかのものでした。


                         立待岬方面

函館山を降りてから、市内の電車通りの港近くにある「北島三郎記念館」に行ってみました。
ここは前回函館を訪れた時に、駐車場が一杯で入れなかったほどでしたが、今回は大丈夫でした。
ガイドさんの案内付きで、生い立ちから現在までの苦労話などを、再現された駅・列車内・船上・流しの酒場街などのセットで情感豊かに解説してました。


                         函館西高時代



                         当時の歓楽街

その後は、これまでの全てのレコードやCDジャケットが展示されていて、レコード大賞や道民栄誉賞などの賞状や盾の展示もされていました。



最後は、代表曲の「祭」のステージで、写真のような派手な演出とともにロボットの北島三郎が登場して、ちょっと顔が怖かったですが、音楽に身振り手振りがバッチリ合っていまいたね。実に精巧にできていました。
会場を出るとブロンズの等身大の北島三郎がお別れの挨拶をしてくれて、売店には永谷園のサケ茶漬けなどのグッズが盛りだくさんでした。


                         駒ケ岳

函館自動車道で七飯町の市外まで抜けて、昼食は「そばん花」のざるそばとおしるこで軽く済ませました。
これから500km近い距離を走り切らなければなりませんから大変です。
恐れていた渋滞にも遭わず、大沼や駒ケ岳を右に見ながら快調に走ることができました。残雪が多いこの時期の山が一番美しいかもしれませんが、ゆっくり眺めている暇はありません・・・走り続けます。



しばらくすると右前方に羊蹄山が真っ白い姿を見せてくれました。蝦夷富士といわれる、北海道の中でも容が整った山の一つです。
ゴールデンウィークにしては全く渋滞もなく、快適に走ることができて、高速道路を利用したのは長万部(おしゃまんべ)からでした。
自宅には21時半に到着して、連休前半の長い小旅行が終りました。



関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   11 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS