FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

ぶらり奈良気まま旅~3日目・明日香編2

飛鳥寺を出ると、来た道を引き返して数分で「飛鳥坐あすかにいます)神社」の鳥居が見えました。
小山のような場所に石段が続き、その上に本殿があるようです。



石段を上ると右に続く砂利道があり、更に石段を上るといくつもの大きくはない社殿がありました。



誰も歩いていないし、建物の中にも人の気配がなくてシーンとしていました。
そして、ようやく本殿が見えてきました。



正面から見ると大きくはありませんが、奥に長く続く建物は謎が多い古社らしい雰囲気が漂い不気味でもありました。



道がいくつにも分かれていて、大小さまざまな建物などが点在していました。
石段を下りて自転車に乗ると、狭い道が続く住宅街を抜けて「飛鳥資料館」へ向かいます。



坂の中腹の、広い敷地の中に飛鳥資料館がありました。
中には高松塚古墳出土品をはじめ、飛鳥の発掘で出土した遺物などが展示されていました。



倒壊した状態で見つかった山田寺の回廊が、出土部材を使って館内に復元されていました。
キトラ古墳石室の原寸大模型なども展示されていましたが、こちらは見てもさっぱり何がなんだか分りません。



資料館を出て、畑や果樹園がある曲がりくねった狭いアップダウンのある道を自転車で行くのは大変でした。
時々、みかんや柿の木の実がたくさん実っているのが見えて、滅多に見られないこんな風景にも感激していました。



下り坂の麓には「奈良県立万葉文化館」がありましたが、その前に昼食に向かいます。



敷地内にある四季創作料理「酒船亭」です。



一番人気の「酒船御膳」と「とろろうどん」を注文しました。
二段重の豪華そうな容器に入って出されましたが、味はさほどでもありませんでした。



食後は万葉文化館ですので、万葉集に関する色々な勉強ができるだろうと、大きな建物に期待しての入館です。



期待はハズレでした・・・。
万葉文化館の主な展示品は万葉をイメージした近代絵画展だったので、中には入らずに図書室に入って専門書を少しだけ読んでみるもチンプンカンプンだったので、売店を覗いてから万葉文化館を後にしました。




関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   11 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS