FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

ぶらり奈良気まま旅~4日目、佐保・佐紀路編4

興福院の次は、最後に予定していた寺院があったが遠いので中止にして、近鉄奈良駅へ続く「やすらぎの道」を走りました。



次第に交通量が多くなると佐保橋がありました。
この辺りはまだ住宅街なので、川の流れにもいくらか風情が残っているようです。



奈良駅自転車センターに着いたのが16時前で、ここで自転車を返却しました。
冷えた体を温めるために「CAFE Rococo」という商店街にある喫茶店に入ってみました。



ケーキもコーヒーも美味しくて、人気があるのか店内は客で一杯になっていましたが、トイレから臭ってくるので入口近くに席替えしたほどでした。
休憩後は駅前商店街を買物をしながらぶらつき、気付いた時には暗くなっていました。
この日の夕食は創作居酒屋「KI・CHI・RI」です。



夕食には早い時間帯だったので先客はなく、店内は近代的な雰囲気で、小上がりに案内されました。
初日に食べ過ぎて胸やけに苦しんだので、品数の少ない「花コース」を注文しました。



前菜は、とろ鮭・いくら・ホタテ貝柱の北海カルパッチョで、大好きなカルパッチョだけに目にも鮮やかな一品でした。



次は、京とうふ藤野 牛蒡・蓮根・お豆冨の金胡麻サラダで、自分で擂った胡麻の香ばしさが好いですね。



そして、総料理長自慢の特製ローストビーフが運ばれてきて、柔らかくて肉汁が噛むほどに染み出すこの味はどこかで・・・そう、札幌のハーフダイムのローストビーフのような柔らかさがありました。
次は、若鶏せせり身の塩唐揚げがきて、細身の鶏肉がからっと揚がっていて、塩加減も丁度好かったです。
ここまでくるとお腹も膨れてきましが、まだご飯物が残っていて、北海蟹甲羅寿司が運ばれてきました。



甲羅に入った酢メシの上に蟹身とイクラが適度な量でお腹を満たしてくれて、椛が添えてあるのが心憎い。



最後は、季節のデザートで、ラ・フランスのシャーベットが日本茶とともに出されました。



ホテルに帰る途中には営業中の老舗も多く、立ち寄りたい衝動に駆られながらも真っ直ぐに帰ってきました。



千枚漬や柿の葉寿司などをおつまみにして早めに寝ましたが、夜中に目が覚めてしまいなかなか寝付かれませんでした。





関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   11 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS