FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

サクラマスに熱中人

1月24日 長くて待ち遠しい一週間でした。
今回は、イノケンさんと3人での釣行ですが、出発時間を30分早めて薄暗い中を出発しました。



湖上にはランタンの灯りを頼りに釣りをしている人も見られ、雪で作った壁だけでの野天釣りの人もいます。
先週とは違って、20cmほどの積雪があったので除雪作業から始めました。



しかし前日の雨の影響か、雪の下は水をたっぷり含んでいて、これがなかなか厄介でした。
今回はイノケンさんのテントにお邪魔しますので、設営の様子を見守ります。



ワンタッチで適度な広さの3人分のスペースが出来上がりました。
出入口が3箇所あるのは、とても使いやすくて便利ですね。
イノケンさんと私は、まず始めにサクラマスの穴を4箇所ずつ開け始めましたが、これが想像よりも大変な作業でした・・・。
雪の上は移動が大変で、氷は先週よりも厚くて腕がだるくなってきます。



ようやくテントに戻ってワカサギを釣りはじめると、すでにKさんはたくさんのワカサギを釣り上げていました。



先週よりも、ワカサギはたくさんいるようです。
テントの中から竿先を見張っていたところ、この日の最初のアタリがようやく8時半過ぎにきました。



うれしい一匹目のサクラマスです。
喜んでいたところ、すぐにイノケンさんの竿にもサクラマスがやってきました。



幸先好く、二人ともにサクラマスを手にして安心しました。
気温も糠平湖にしては高く、時々日が射していましたが風が冷たくて、体感気温はぐっと低く感じられました。



それでもたくさんの釣り人がワカサギ釣りを楽しんでいて、私達の周りでは関西のテレビ局が野天で取材をしていました。
イノケンさんはサクラマス釣りが絶好調で、テントの中でもワカサギの仕掛けにもサクラマスがヒットして、難なく釣り上げていました。



私が2本目のサクラマスを釣り上げたのは、お昼近い時間でした。
簡単に釣れる予定が、この日は意外と苦戦していた私です・・・・・。



余裕が出てきたので、穴から出てくる魚の写真も撮ってみました。



イノケンさんのバケツには、たくさんのサクラマスが光っています。
サクラマスって本当に美しい魚ですよね。



私にもサクラマスのアタリが多くなってきました。



しかし、イノケンさんもKさんも、先週と違ってワカサギが順調に釣れているのに私にはアタリがきません・・・。
こうなったら、テントの中でもサクラマスを狙ってみることにしました。



しばらくすると・・・釣れました。
この後、テント内でももう一匹追加しました。



あっちでも、こっちでもとサクラマスが釣れ続けました。



結局、薄暗くなるまで遊んでしまい、気がついた時には雪の貯蔵庫に8本、イノケンさんは12本と予想以上の好結果でした。



限界まで遊んでしまったので、駐車場に戻った時にはすっかり暗くなってしまいました。
帰り道は、この日から始った層雲峡の氷爆祭りを横目で見ながら、次回の作戦を考えながらニヤニヤしていた私でした。
ワカサギの釣果は、Kさんが三桁、私はサクラマスのエサにたくさん使ったこともあり、数えられる程しか釣っていませんでした。





関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments
すごいですね。 
とっちさん、はじめまして。TKDNと申します。
いつも楽しく拝見しておりました。

淡水でもこんなに釣れるんですね。驚きです。

ところで、淡水のマスってどんな仕掛けなんでしょうか?
また、海のように、棚ってあるのでしょうか?
極秘であれば結構です。厚かましい質問で申し訳ありません。

今年は無理ですが、来シーズンは是非行ってみたいと思いまして・・・。

貴重な情報ありがとうございました。
これからも、楽しい釣行記、期待しています。
TKDN さんへ 
TKDN さん、こんばんは。
ご覧いただきましてありがとうございます。

私も、今年の糠平には驚いています。こんなに釣れていいものなのか?
管理人さんの話では、今年はワカサギが多くてサクラマスが増えたと聞きました。
これまで各地でサクラマス釣りに挑戦しては挫折していましたので、たまにはこんなことがあってもいいのだ!と、勝手に解釈して喜んでいる次第です。

さて、仕掛けですが、簡単なものです。
ワカサギが動き回らないような重さのオモリの下に魚に合った針を結んでいるだけです。
棚ですが、適当にやってます。
今年の場合は、どの棚でも釣れてしまいます。

すっかりはまってしまっていますので、釣れなくなるときが怖いなあと恐れております。
ありがとうございました。 
針を小さくした海サクラの毛針を小さいバケで振ってみるとか、
小さいマスシャクリ(又はジグやジグミノー)を振ってみるとか、
いろいろ研究したくなっちゃいますね。
次の釣行記楽しみにしています。

 
<-   10 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS