FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

ぶらり奈良気まま旅~5日目、奈良中心部2

奈良国立博物館を出て奈良公園を東大寺方面へ歩くと、奈良名物の鹿がそこらじゅうにいます。



どこでも鹿せんべいが売られていて、せんべいを近づけると何度かお辞儀をします。
鹿は、せんべいが欲しくてお辞儀をしながら近づいてきます。



客待ちの人力車がいましたが、この日はあまり乗っている人を見かけませんでした。
東大寺の南大門が近づいてくると土産物店が軒を連ねていて、ここから急に人通りが多くなってきました。



托鉢の僧がお経を唱えていて、馬の耳に念仏ではありませんが鹿の目にはせんべいしか見えていないようです。
100m先には、巨大な東大寺南大門が見えています。



国宝「東大寺南大門」は、平安末期に伽藍全体が消失した後1199年に再建されたものです。
門の中心に立って見上げると、より一層その大きさが感じられます。



左右には国宝「金剛力士立像」があり、門に向かって左に「阿形」が立っています。



右に「吽形」があり、人の大きさと比べていただければ大きさがわかると思います。
日本最大の仁王像であるこの金剛力士立像は、わずか69日で完成したことでも有名です。



先へ進むと中門、その奥に大仏殿が見えていて、まるで一つの建物のようにも見えました。



中門からは直接入れず、回廊に沿って左に進むと拝観受付があります。



広い中庭の奥にある一際大きな大仏殿が、世界最大の木造建築物で国宝の「東大寺金堂」です。



鴟尾(しび)の大きさはわかりませんが、2m以上あるのでしょう。
国宝の「金銅八角灯篭」も近づくにしたがって大きくなってきます。



大仏殿の八角灯篭は、そのスケールも大仏殿らしく高さが4.62mもあり、金堂が消失・再建を繰り返したのに対して奈良時代の8世紀のままに残されています。



大仏殿の前に立って見上げると、大仏さんの顔の高さに小窓があります。
当時、中に入ることが許されなかった一般の人たちは、遥か遠くからこの窓から見える大仏さんに手を合わせたそうです。



関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments
No title 
鹿はお経をシカトしていたんですね
名前は秘密さんへ 
名前は秘密さん、こんばんは。
このお坊さんは、目の前にいた子供がすっころんだので笑っていて、お経は中断中でした。
物事に動じるお坊さんでした。

 
<-   11 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS