FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

ぶらり奈良気まま旅~奈良・最終日3

入口に向かって左に二棟の校倉(あぜくら)が並んでいました。



これが、それぞれ国宝の「宝蔵」と「経蔵」です。



特にこの経蔵は、正倉院の校倉よりも古いことで知られており、唐招提寺の天平の雰囲気を構成する貴重な存在となっています。



振り返ると「礼堂東室」があり、この建物が唐招提寺の中では一番敷地面積が広くみえます。



中央の通路から講堂が見えます。



次に宝蔵の横を通って新宝蔵へ向かうと、色付き始めた木々の僅かな紅葉にも目を奪われ歩調はゆったりしていました。



新宝蔵の入口に着きましたが受付には人がおらず係員を探していたところ、庭掃除をしていた女性が係員らしく中へ案内してくれました。
何度か見たことのある仏像や出土品が多く、国宝の「鴟尾」はテレビで何度も放送されていただけに一際味わい深いものでした。



校倉と新宝蔵の間には池がありました。



最後にもう一度伽藍を見渡します。
左から金堂、中央奥が講堂、そして右には国宝「舎利殿」があり、鑑真和上が将来した三千粒の仏舎利を奉安した由緒を持つ、伽藍の中で唯一の重層建築物でした。



解体修理された金堂の天平と平成の甍(いらか)です。
井上靖の小説「天平の甍」を、また読んでみたくなりました。



出口の近くには茶屋風の売店兼休憩所があります。
ここでひと休みしてから、長い砂利道を歩き南大門から外に出ました。



予定よりも随分と長くみて歩いたので薬師寺拝観は行けなくなりましたが、金堂を見ることができただけで充分でした。




関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   10 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS