FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

ふらっと函館へ その3

ロープウェイもいいですが、面倒なので車で専用道を上ります。
ちらっと見える函館市内が大迫力ですが、なるべく運転に集中しましょう。

山頂の展望台から眺めると、先ほど寄った青函連絡船が見えました。


少し靄がかかっていますが、なんとか見られる範囲内でした。


薄暗くなるまで待って明りの点いた夜景をと考えてはいたんですが、この状態ではきれいに見えないと暗くなる前に帰ることにしました。

何度も来ていると、来るたびに感動は小さくなっていきますね。
でもやっぱり函館山からの景色は最高です!


ロールウェイの待合室からだと、寒さを気にすることなくゆっくりできます。

帰り道の途中で、タイミング好くゴンドラがやってきました。


近いので迫力がありました。

山を下りた頃には暗くなってきていたので、駅近くに予約していた格安ホテルにチェックインします。


最近は格安ホテルに宿泊するのが楽しくなってきていますが、ここは何と!
二人で4480円!
しかも、朝食付き+天然温泉+女性には肌のお手入れグッズのサービス!


お部屋はダブルベッド+2段ベッドで、もちろんウォッシュレット付トイレです。
広くはありませんが、この値段なら「お客様満足度№1」というのもうなずけます。
もちろん、土日に関係なくこの価格というのがうれしいですね。


さて、どこで飲もうか色々考えてきてはいたのですが、結局は前回美味しかった函館地ビールということに・・・。


今回は、前回見落としていた飲み放題です。


オリジナルビールが飲み放題のコースで、五稜の星から北の夜景まで4種類あります。
味の説明は苦手なので詳しく書けませんが、地ビール独特の癖である味や香りが強くて新鮮です。

まずは鮮魚のマリネを合せてみました。


思ったよりも量が少なくて不満が残りましたが、上品に次の料理を待ちます。


ソーセージの盛り合わせです。
ビールのつまみとしては王道ですね。

そして、函館の食材の王道です。


イカ焼きです。
もちろん美味しくない訳がありません。

しかし、ビールをひと通り飲んだ意外にKさんの分も手伝ったので、お腹がパンパンになってしまいました。


ひと通り味見したから満足して、電車通りをぶらつきながらホテルに戻りました。

帰りに寄ろうかなと思っていた居酒屋には寄らず、長距離を走った疲れか飲み過ぎかわかりませんが、早々に眠ってしまいました。


関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   10 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS