FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

賀老の滝って意外と大変・・4

遊歩道を昇り切ってから、この奥hじゃどうなっているのだろうと少し歩いてみました。
しかし、案内図の写真を確認すると次の目的地までは車で行けることが判明しました。
引き返す途中、二組のカップル(若くはない)とすれ違いました。
そのうちの一組で、北見から来たという方が滝への遊歩道を通り越して先へ進もうとしていました。
話をすると遊歩道を見落としていたらしく、すぐに滝の方に下りて行きました。

賀老の滝駐車場に戻り、そこから車で1分程のところに駐車場がありました。



ドラゴンウォーターの入口です。
ドラゴンウォーターって、凄い名前ですよね。

とりあえず、車を停めてクマ避けの鈴を鳴らしながら入って行きます。
すぐに草ボウボウの広場に出て、なにやら鳥居が川に向かって立っていました。

案内に従って先へ進むと、川に階段がありました。



私の想像とは少し違っていたので混乱しましたが、とりあえず案内通りに行きます。

川の岩の上を上流に3mほどのところにこんな案内板が・・・。



写真の赤線のところがドラゴンウォーターです。

ドラゴンウォーターとは、岩の間から湧き出している水が珍しい炭酸水なのであります。
賀老の滝を飛龍の滝とも言いまして、その川に湧出する水からこの名がついたそうです。
飛龍の滝の所以は島牧村のホームページ等で紹介されていますので、ここでは省略させていただきます。

ここにはコップも用意されています。
さっそくコップですくって飲んでみました。



写真の赤線の部分から湧き出ています。
・・・・・マズい。
ご覧の通り、赤茶けた色からもおわかりでしょう。
鉄臭くてなかなか呑み込めませんでしたが、確かに炭酸水です。
それも、やや強めの炭酸です。

実はさほど調べもせずに、炭酸水ならポットボトルに持ち帰ろうと持参していました。
天然の炭酸水でハイボールを作ったら、どんなにかうまかろうと思っていましたが。
もちろん持ち帰りませんでした。
でも、慢性消化器病・便秘・貧血に効果があるそうです。

駐車場に戻り、ここから奥に少し走ると昇龍の橋・第2展望台の駐車場がありました。



もちろんヒグマに注意です。

すぐに急階段になっていて、その先には吊り橋が見えました。



第2展望台へ行く気はなかったので、橋を見に行くだけのつもりでした。

下りてみると、そこは深い谷になっています。



高所恐怖症ではないので、吊り橋を渡ってみます。

この川は千早川で、この下流に賀老の滝があります。



川底は岩で、荒々しいなかにも自然の美しさのある流れです。

橋を渡ってしばらく歩くと第2展望台があるらしいです。
しかし、誰かのブログに第2展望台は木が邪魔で全く見えないと書かれていたので、最初から行く気はなかったのでした。


念願の賀老の滝に感激し満足して、国道に戻った頃にはお昼近くなっていました。
昼食は決めていた人気のお店「賀老食堂」でしたが、この日は村民運動会の為にお休みでした。

仕方がないので黒松内町まで行くことにします。
途中、霧で視界が数メートルなんてところもありましたが、雨に変わってなんとか黒松内温泉に到着。



黒松内温泉ブナの森で昼食を食べてから温泉に入りました。

午前中に掻いた汗を流し、雨になってしまいましたが体が楽になっています。
温まったので、そんな時には冷たいものが食べたくなります。



お洒落な道の駅「toitvertⅡ(トワ・ヴェールⅡ)」に入ります。

以前紹介したような気がするので詳しい説明はしませんが、中には焼き立てパンやレストラン、地元製品を扱う売店などがあります。
買ったのはもちろん・・・。



ソフトクリームです。
見た目にもおしゃれでして、驚くのは見た目以上に重いことです。
味は濃厚タイプなので好みです。

帰りは札幌市内に夕食で寄ったのみで、さっさと帰ってきました。




関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 
<-   10 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS