FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

ワカサギ釣行-第3回

すでに北の豪雪地帯の氷上イトウ釣りは始まっています。
・・・が、今年はいまひとつ燃えません・・・。
確かに、あの引きを味わうと病みつきになる人もいるでしょう。
私もそうです。

私が興ざめしたのは、遊魚料の価格設定に疑問を感じたからです。
魚や自然の保護など理由づけはいろいろあるでしょうが、1100円は高すぎです。
さらに、駐車料金まで払わなくてはならないうえにゴミは持ち帰り。
北海道でもここまで高い料金設定をするのであれば、ゴミの処理から始まって、さまざまなサービスを充実させてもいいかなと考えてしまいます。

じゃあ、回数を減らすか違う釣り場にいけばいいではないか。
そうなんです。
そうしましょう!
行かないというわけではありませんので誤解のないよう・・。



img2015-01-Nukabira30.jpg

いつもの時間に出発しても、峠の頂上まで来ると夜明けが近付いているのが確認できます。

そして、駐車場に着くと完全に明るくなっています。
時間はまだ7時前でしたが、夜明けは確実に早くなってきています。

img2015-01-Nukabira31.jpg

ここが釣り場への入口です。
相変わらず雪が少なくて、林につけられた道は自転車でも走れそうなくらいにカチカチです。

林を抜けて湖上に出ると東の空がオレンジ色になっていて、来た道を振り返ると高い山々に陽が射していました。

img2015-01-Nukabira33.jpg

湖上は風が強いので、所々で氷がむき出しになっています。
この上はスケートリンクのようにツルツルです。

この日の気温はマイナス20℃ほどあったので、顔面が硬直して表情を作れないほど・・。
そして、暖かい手袋なのに指が痛くなってきます。
人気ポイントに着いて、適当に場所を決めると、すぐにソリごとテントで覆います。
こんな寒い時に、魚探で魚探しなんて無理無理。

テントの設営と穴あけ、そして釣り座の準備が済むと、もう8時近くなっていました。
今回の新兵器はこちら・・。

img2015-01-Nukabira34.jpg

プロックスのアイアンクローに交換しました。
これまでのプラスチックだと、針が刺さってしまうんですよね。
これだと、ステンレスなので針が刺さることもなく、手返しが早くなります。

魚探では反応が薄いのですが、15m下の底にはワカサギがいるようです。

img2015-01-Nukabira34a.jpg

ほとんどが1尾ずつですが、たまにダブルやトリプルもあります。
そして、型がいいのも今年の特徴でしょう。
10cmを超えるものがよく釣れました。

朝ごはんは、コンビニの冷凍銀鍋うどんです。

img2015-01-Nukabira35.jpg

水も何もいらず、ストーブに乗せて温めるだけでコシのある麺の鍋焼きうどんが出来上がります。
でも、前回の冷凍銀鍋ちゃんぽんの方が美味しいかなあ。

テント内は、ゆとりのソリも入る広さです。

img2015-01-Nukabira37.jpg

この日は風がほとんどなく、中央のアイスアンカーだけでもいいほどでした。

外に出てみると、意外とたくさんテントがありました。

img2015-01-Nukabira36.jpg

最近注目のプロックス製パオプラスがありました。
一際大きく、風に強そうですね。
中間のサイズがあれば欲しいくらいです。

11時少し前のことです。
ペリコプターの爆音が聞こえてきました。
外に出て写真を撮ってみました。

img2015-01-Nukabira39.jpg

北海道新聞社のヘリコプターですね。
手を振ってみると、ヘリの中で手を振ってくれているのが見えました。
ただし、肉眼では見えないので、自宅に戻って動画の再生をしてはじめて気付きました。
ヘリコプターは周囲を5周ほど回って、やがて音が聞こえなくなりました。

午後からもワカサギの反応は悪くなく、相変わらず底だけの反応でしたが釣れました。

img2015-01-Nukabira43.jpg

二人で300匹ほど釣ったので、納竿するのが惜しいほどでした。

外道はウグイが1匹だけだったので問題はありませんでしたが、ワカサギが元気すぎてKさんと何度か仕掛けが絡んでしまいました。
湖上には、毎年必ずある常設テントです。

img2015-01-Nukabira45.jpg

垂木でガッチリ固定されていて、これなら強風にも耐えられそうです。



関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   12 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS