FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

2016年 ワカサギ最終戦

ワカサギ釣りが開幕して、もう3か月も経ってしまった。
そんな印象の今シーズンも、早くも最終戦となってしまいました。
ここのところ暖気が入って、各地で雨が降ったり氷が融けたりしていると聞きます。
昨年のラストは、3月末に阿寒湖に行ってドロドロになった経験もあるので、もう少し冷え込んでほしいと勝手に願うのでした。


さて今回のラストは・・・・・、やっぱり阿寒湖がいいということに・・。
というのも、釣果がいいのが阿寒湖くらいなので選びようがないのです。
マニアックな釣り師ではないので、たくさん釣れるところで楽~に楽しみたいのであります。

駐車場の心配もあったので、今回は早めに到着。

img2016-3-LasAkan01.jpg

荷物が運びやすく、日中駐車場の氷が融けてぬかるんでもいいような場所が空いていました。
氷上が光っているのはすべて雨や暖気のせいで、スケートリンク状になっているのです。
これがツルツルで歩きにくいこと。
油断すると転びますが、油断しなくても転びます。
早かったかなと思いましたが、いえいえ、あっという間に日が昇ってしまいます。

今回は、友人たちといつもの賑やかなワカサギ釣りです。
春先といえど、湖上はかなり冷え込んでいて風が冷たいですね。
テントにお邪魔して、穴まで開けてもらって殿様フィッシングです。
餌は?さすがに自分でつけましたよ。

img2016-3-LasAkan02.jpg

アンダーガイド、すっかり定着しました。

仕掛けの投下がほったらかしの、楽な底から始めます。
さっそくアタリがあって、小型のワカサギが顔を見せてくれます。
しかし、今一つ活性が低く入れ食いという訳ではありません。
ということで、誘って合わせて・・・あれいない?再び合わせて、確認して巻き上げて・・・ゲット!
ワカサギ釣りらしい、渋い釣りを楽しみます。
これだけだとかなり孤独で苛酷なのですが、みんなでおしゃべりしながらなのが楽しいのです。

外に出てみると・・。

img2016-3-LasAkan03.jpg

今回は雌阿寒岳がくっきり見えています。

img2016-3-LasAkan04.jpg

それにしても、駐車場はすでに満車でしょうか。
天気はいいし、太陽が顔を出すと暖かいし最高のワカサギ日和です。
釣り場も混むはずですね。

昨年から使い始めた電動アイスドリルですが、使っている人が多くなりましたね。
確かに、この時期になると1m近い氷の厚さですから、1個開けるだけで体力の消耗は激しいです。
もっと早く使えばよかったなあと、今更ながら思っています。

魚探の反応は悪くはなく、時々全層に反応が現れることもありました。
それでもアタリの割には針掛かりしないのは、ワカサギが小さすぎるのでしょうか?

img2016-3-LasAkan08.jpg

時々こんな反応も現れ一瞬絶望しますが、それでもアタリはあるので機械任せはいけません。

おやつにおしゃべりに釣り、長く集中力が持続できない私ですが、それはそれでいいんです。
ワカサギ釣りは、長い時間みんなでおしゃべりしながらできる冬の最高の楽しみですね。

img2016-3-LasAkan06.jpg

この観光船が動き出すのは大型連休後だったでしょうか?
水に浸かったまま凍りついているのでしょうが、大丈夫なのかな?

img2016-3-LasAkan05.jpg

いつの間にかテントの数も増えていて、私がこれまで見た中では一番の盛況です。
ただ、氷上は歩くのが大変なほど、朝よりも更にツルツルなんです。

img2016-3-LasAkan07.jpg

相変わらず美しい雄阿寒岳です。
富士山のようにも見えます。

たまに釣れる大きなワカサギを楽しみに、誘って合わせてを繰り返します。

img2016-3-LasAkan08a.jpg

これでも4匹付いているんですが、小さくてわかりにくいですね。
この日はオモリを2.5号まで軽くして中層で釣ってみたり、底から50cmほど上の層に屯している群れを狙ったりしていました。
みんなで、今は何メートルの層にいるとか教え合って探ります。

同じようなアタリが続く時は、大抵こんな小さなワカサギが掛かっています。

img2016-3-LasAkan09.jpg

最近の竿先は、実に繊細なアタリも伝えてくれますね。
どんなに浅くても電動リールを使うので、ワカサギが餌を啄ばむ指先の感触によるアタリは感じ取れなくなりました。
電動リールでも軽いものだと可能ですが、深度表示がないので使う気がしないんですよね。

車に戻るのも、駐車場が近くていい釣り場です。

img2016-3-LasAkan010.jpg

河口付近は氷が薄いので、立入禁止になっています。
杭とネットで入れなくなっています。

img2016-3-LasAkan010a.jpg

温泉街や観光船の位置関係です。
いつもうるさいスノーモービルは、この日はあまり走っていませんでした。

魚探にびっしりと映っている魚影が、時々クモの子を散らしたように消えてしまうのは大型魚が近づいたときでしょうか?
しかし、すぐに復活します。

img2016-3-LasAkan011.jpg

250匹釣ったところで、もう十分楽しんだので13時半納竿とします。
2016年のワカサギ釣りが終了です。

天気が良かったので駐車場が水浸しかと心配しましたが、意外に氷は融けていなくて撤収は朝通りにできました。

img2016-3-LasAkan0112.jpg

帰り道も快晴に近い青空の下、睡魔に襲われながらも無事帰ってくることができました。


今シーズンの釣行回数は10回と、予想よりは多かったと思います。
網走湖もやや好調、糠平湖は後半好調、意外に楽しむことができたのが阿寒湖でした。
一度くらい行こうかと考えていた朱鞠内湖は、釣果がおもわしくなくて結局行けずじまいでした。
そうそう、フィールドとしては軽くみられがちな砂川ですが、純粋にワカサギ釣りを楽しむなら面白いかもしれません。

ワカサギ釣りは終了しましたが、もう少しの間ソリ作りで余韻を楽しみたいと思っています。
そうです、以前少しだけ書いた「糠平湖対策のソリの引き手」が完成に近づいているのです。


関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   10 2019  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS