FC2ブログ
Jyosetsu Gaiden

Jyosetsu Gaiden

拙きが如し。 そんな私ですが、北海道の色々な釣りを楽しんでいます。

 

サーモン科学館と福住本店

冬眠から目覚めたヒグマが出没中ですね。
標津町へ向かう途中にも「〇月◇日クマ出没」という看板がありました。
この時期、道路脇にも水芭蕉がたくさん咲いています。
そして水芭蕉は、熊の食べ物なのです。

久しぶりに、標津サーモン科学館へ寄ってみました。

img2017-05-Salmon22.jpg

10月か11月くらいがベストなのでしょうが、その頃はアキアジやブリ釣りの時期なので厳しいですね。

img2017-05-Salmon23.jpg

入場券を購入すると、先着100名様にというプレゼント券をいただきました。
隣にある飲食施設でお菓子を頂けるようです。

入館して最初に出迎えてくれたのは、ドクターフィッシュの体験コーナーです。
小さな水槽がいくつも用意されているので、団体さんが入ってもそれほど待たずに体験できるでしょう。
水槽に手を入れると、すぐに魚が寄ってきます。
3cmくらいでしょうか、ツンツンつつかれるような僅かな刺激がくすぐったいです。
指の角質を食べてくれるらしく、怖くはありませんよ。

ドクターフィッシュから、下に大型水槽が見えます。

img2017-05-Salmon24.jpg

img2017-05-Salmon26.jpg

中には、カレイ、アブラコ、ニシン、カスベなど、近くの海にいる魚たちが泳いでいました。

img2017-05-Salmon27.jpg

この水槽は川とつながっていて、秋鮭の遡上時期にはここから観察ができるようになっています。

次は、サッポロファクトリーのセンター広場のミニチュアのような内部に、川魚の水槽が並んでいます。

img2017-05-Salmon28.jpg

はじめの展示はイトウです。
生きたイトウは大きくはありませんが、はく製や魚拓は大きいです。

img2017-05-Salmon29.jpg

イトウ釣りは、他の魚と違ってやたらと重いだけの印象で、ニジマスやアキアジのようなファイトはあまりないです。
大きさの魅力はありますが、釣りとしての楽しさは他の魚の方が面白いですね。
希少故の魅力はあるかもしれませんが、絶滅危惧という呼ばれ方をする魚を釣るのは、私個人的には罪悪感が否めません。
しかし、朱鞠内湖のような管理されたフィールドなら、興味がある人にはいいでしょうね。

色々な川魚を見ながら階段を上り、ドクターフィッシュに続いて、ここでも魚とのふれあいコーナーがありました。
チョウザメに指を咥えさせるものです。
チョウザメの水槽に指を入れて待つと、歯のないチョウザメが指を吸い込みます。
グロテスクな顔なので少し怖いですが、全く痛くもかゆくもありません。

img2017-05-Salmon30.jpg

指をかまれると、証明書が頂けます。

img2017-05-Salmon31.jpg

上から見た館内で、階段を上りながら一回りしてここまで来ました。

その先には、川の小魚の飼育水槽があります。

img2017-05-Salmon31a.jpg

その奥には面白いものが見えます。

img2017-05-Salmon32.jpg

水槽を上から見たところです。
ポンプや配管などがむき出しになっていて、水槽の上には照明設備も見えます。

最後に、エレベーターで展望台へ上りました。

img2017-05-Salmon33.jpg

丸い筒を半分に切ったような明り取りが見えました。
その向こうのコンクリートで造られた水槽のようなものは、アキアジの飼育用でしょうか?

天気がいいので、眺めもいいですね。

img2017-05-Salmon34.jpg

右の川にある端の部分に、鮭を捕獲する装置があります。

img2017-05-Salmon35.jpg

標津川が海に注がれていました。
下の池には、大きくてカラフルな鯉がゆったり泳いでいます。

サーモン館を出て、隣の飲食施設を覗きます。

img2017-05-Salmon36.jpg

日曜なので、結構な数の観光客で賑わっていました。

ここで、サーモン館の受付で頂いた交換券とお菓子を引き換えます。

img2017-05-Salmon36a.jpg

中身は、イカリングのような細いドーナツでした。

11時半前でしたが、混む前にと昼食にします。

img2017-05-Salmon37.jpg

標津町といえば福住本店です。
今回はカレーノチカラ本店、弟子屈ラーメン総本店、花まる本店と、4店舗もの本店巡りですね。

店の横にある駐車場が一杯になっていて、道路を挟んで向かい側の駐車場に停めました。
しかし、中に入ってみると客はいません??

img2017-05-Salmon38.jpg

注文を取りに来た女性も「出勤したら駐車場が一杯だったんですが、2階の団体さんでした」とのこと。

今回は初めてのメニューを注文。

img2017-05-Salmon39.jpg

とじカレーそばです。
そば屋らしい出汁の利いたカレーでした。
福住って量が多いの忘れていました。

img2017-05-Salmon40.jpg

そば鮭親子丼です。
ごはん少な目って言うの忘れていました。
イクラ丼と迷いましたが、イクラだらけだと飽きてしまっていたかもしれません。

店を出る頃には、並んでいるお客さんも多くいました。


陽射しが強いので、昨日とは違って暑いくらいでした。

img2017-05-Salmon41.jpg

img2017-05-Salmon42.jpg

前方の残雪の山々が美しく、平坦な畑との北海道らしい道を走ります。

斜里岳の横を通る国道を走り、斜里町に抜けます。

img2017-05-Salmon43.jpg

春らしい畑の緑と茶色、山の白と空の青が何とも言えない美しさでした。

しかし、良かったのはここまででして、急に風が強くなり始めました。

img2017-05-Salmon44.jpg

小清水~端野に向かう道は、風に巻き上げられた土埃が視界にも影響するほどでした。

端野を過ぎると風は弱まり、その後はドライブを楽しむことができました。
高規格道路は思ったよりは車が少なくて、ゆったりと帰ってくることができました。







関連記事
スポンサーサイト




 
 
Comments

 
<-   08 2020  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

如拙(じょせつ)=とっち

Author:如拙(じょせつ)=とっち
北海道の釣り・キャンプ・旅行など、夫婦で各地を飛び回っています。
ブリジギング・ワカサギ・カレイ・ニシンやチカなどのサビキ釣り・アキアジ(鮭)の他に、ルアーやフライなどジャンルを問わず、面白そうなことは何でもチャレンジしています。

訪問者数
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS